Thinkpad Edge 11”のレビューの続きです。
(前記事:Thinkpad Edge 11” のスペックと実際のパフォーマンスは?

Edge 11”のBIOS起動画面

デザインやインターフェース等についての解説時にも述べたのですが、
Edge 11”のキーボード上段のFキーには、初期状態で輝度の調整や無線オンオフなどの機能が設定されています。

通常、ファンクションキーを押すと、ページの更新や文字の全角・半角切替等の機能が作動しますが、
Edge 11”では、より操作性を向上させる為に、頻繁に使う機能をファンクションキーに割り当てています。
(ファンクションキー本来の機能は、一般的には余り使用されないだろうという前提で)

本来の機能を使用するためにはFnキーと組み合わせて(Fn+F10など)押す必要があり、
私も含め、本来の機能を頻繁に使用する方にとっては、この仕様は結構不便です。

というわけで、ファンクションキーの設定をBIOSから変更してみました。


Edge 11”起動

まずEdge 11”を起動させ、上記の画面が表示されているうちに「F1」キーを押します。



Edge 11”のBIOS起動画面

Edge 11”のBIOSが表示されました。
このBIOSのメニュー項目はメーカーによって異なる事が多いのですが、内容は大体同じです。



Edge 11”のBIOS

BIOSメニューの「Config」にカーソルを合わせ、Enter。



Config画面

Config画面に変わりました。



Keyboard/Mouse

さらにConfig 左メニューの「Keyboard/Mouse」に移動してEnter。



Keyboard/Mouse設定画面

Keyboard/Mouseの設定画面に変わりました。



Edge 11”のFキーの設定変更

Keyboard/Mouse画面の左メニューより、「Change to ”F1-F12 keys”」にカーソルを移動。



Legacyを選択

Legacyに変更

値を「Default」から「Legacy」に変更します。



Edge 11”のBIOS 保存して終了

変更を保存し、BIOS設定を終了。
後は普通にOSが起動します。



Edge 11”のファンクションキー

Thinkpad Edge 11”のファンクションキーです。



Edge 11” ファンクションキーで全角・半角切替

初期設定では、単独でFキーを押すと輝度調整などの機能が動作していましたが、
BIOSでFキーの機能を変更した後は、Fキー本来の機能(写真では全角/半角の切替)に変わりました。



Edge 11” Fn+ファンクションキーで音量変更

デフォルトでFキーに割り当てられていた、音量や輝度の調整、無線のオンオフ等の機能は、
Fnキーとファンクションキーを組みあわせて使用します。

単に、両者の操作が逆になっただけの事です。




ちなみに・・

FnキーとCtrlキーの入れ替え

写真のように、Thinkpad の Fn キーや Ctrl キーは、
一般的なキーボードの配列とは逆に配置されており、慣れない方には使い難いかもしれません。
(多くのキーボードでは、Ctrlが左、Fnが右)


その配列も

Edge 11” BIOSのキーボード設定

BIOSのキーボード設定「Fn and Ctrl key swap」より、変更が可能です。
(Ctrlの機能を左に、Fnの機能を右に変更)


自分もThinkpadを使い始めたばかりの頃は、
この逆配置の Ctrl Fn でよく操作ミスをしました。

操作性などで定評のある、Thinkpadキーボードのキー配列がなぜこのようになっているのか、
全然理解できなかったのですが、毎日毎日使っているうちに慣れてしまい・・

現在では、一般的なキー配列(Ctrlが左、Fnが右)のキーボードを使うと、
なぜこんなに使い難い配列になっているんだと思っている自分に気が付いたのですが、
まあ今後もThinkpadを使い続けるでしょうから、特に問題はないかと思われます。


というわけで、Thinkpad Edge 11”のファンクションキーの機能変更については以上です。
Edge 11”の記事は、まだ続きます。

ツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote