更新日: 2017/01/30

当サイトの記事をお読みいただき、ありがとうございます。
以前より、当ブログの一部内容をコピー、またはリライトし、Webに公開している例が見られます。

運営者自身が発見したもの、また読者様の通報により発見したものもあります。

当サイトに掲載されている文章、文章を加筆しての転載(改編を加え、文章の最初と最後だけ変えるといったケースなど)、および写真や画像等の無断転載は許可しておりません。絶対リンクでの写真使用もサーバに負荷を掛けるため、許諾しません。

無断転載をされた場合、しかるべきところに通報、または原稿料を請求させていただく可能性もあります。



引用について

引用に関しましては、以下の条件で承諾いたします。

・引用部分を「blockquoteタグ」で囲む
タグで囲む際、引用されている文章の範囲がどこからどこまでという点が、読者に明確にわかるようにお願いいたします。

・引用元が確実にわかるように
記事のタイトルを併記してのリンクをお願いいたします。

・その掲載記事において、引用文が主体ではないこと
引用部分が従であり、全体の2~3割程度に抑えるようお願いいたします。(文化庁の見解より)



一部の非常識な方のために、このような注意書きをしなければならず、いつもお読みいただいているユーザー様に不快な思いをさせてしまい申しわけございません。

今後とも、当サイトを宜しくお願い申し上げます。

prototype