HPが販売するノートPC、HP ENVY x360 13-ar0000のレビューです。

HP ENVY x360 13-ar0000は、13.3型フルHDのタッチパネルを搭載するモバイルノート。

CPUにRyzen 3、Ryzen 5、Ryzen 7を採用するマシンで、メモリは8GBもしくは16GB、またストレージには最大512GBものNVMe SSDを搭載する構成を提供しています。

モバイルノートとしては比較的高い性能を持ちあわせていることに加えて、ENVYブランドならではの洗練された美しい外観が目を惹きます。

性能、デザインともに高いクオリティを備えているのにもかかわらず、キャンペーンの実施で価格が非常に安くなっているところが魅力的です。

快適に作業が行え、かつデザイン性に優れたノートPCをできるだけ安く買いたいというユーザーにおすすめの製品だといえるでしょう。

今回は、Ryzen 5を搭載するスタンダードモデルを使用してみましたので、その特徴や実際の使用感、性能について詳しくご紹介いたします。

個人向けPC 割引クーポンはこちら
※当サイト経由で、12万円(税抜)以上の個人向けPCを購入時に「7%Off」となるクーポンを提供中です。

【HP ENVY x360 13-ar0000 レビュー記事目次】

HP ENVY x360 13-ar0000 筺体外観や操作性をチェック
 ・筺体外観・インターフェース
 ・キーボードの操作性
 ・重さ

構成と特徴・ベンチマークテストの結果
 ・構成と特徴
 ・ベンチマークテストの結果
 ・消費電力・温度
 ・バッテリ駆動時間

製品のまとめ
 ・HP ENVY x360 13-ar0000 まとめ

※掲載製品は Linkshare様よりお貸出しいただいたものとなります。


HP ENVY x360 13-ar0000 筺体外観・インターフェース

今回掲載している HP ENVY x360 13-ar0000は、以前販売されていた「HP ENVY x360 13」シリーズの新モデルとなります。

新モデルとはいっても、旧モデルと比較して筐体デザインに大きな変更点はないのですが、わずかに筐体が小さくなって軽量化され、よりモバイルノートとして利用しやすくなりました。

カラーも旧モデルでは「アッシュブラック」でしたが、新モデルでは「ナイトフォールブラック」へと変更されています。といってもカラー名が変わっただけで、見た目の色味に変わりはありません。

旧モデルと同様、シックで洗練された高級感あるデザインに仕上げられています。




天板の様子です。
「ナイトフォールブラック」1色の天板の中央に、プレミアムシリーズならではのHPスラッシュロゴを配置するデザインを採用しています。

ブラックといってもいかにも黒といった感じの色味が使われているのではなく、ややくすみがかった黒が使われており、全体としてあか抜けた印象がありますね。

表面にさらさらとした梨地処理がほどこされていて、とても質感良く見えます。

見た目が良いだけではなく、アルミ合金をCNC削り出しで削り出したボディを使用しているため、耐久性の面でも期待できます。



筐体の厚みは14.5~16mm。
実際には数字以上に薄くみえます。




背面、正面側から見た筐体全体の様子。
スリムなだけではなく、見るからに質感の良さがうかがえます。



なお、HP ENVY x360 13-ar0000には360度回転が可能なディスプレイが採用されており、筐体をさまざまな姿に変形させることができます。


テントモード


スタンドモード


タブレットモード

モードが変えられるのは、動画鑑賞のような「閲覧がメインの作業」が多い人や、ペンを使って資料に書き込んだり、絵を描いたりする人にはとても便利な仕様です、

本製品には標準ではペンは付属しませんが、カスタマイズにてアクティブペンを追加できるようになっていますので、必要な方は追加しておきましょう。




ディスプレイです。


13.3型フルHD(1920×1080)のIPSタッチディスプレイを採用しています。
外光が入る明るい場所だと光沢感が気になることはありますが、鮮やかできれいです。

明るさはそこそこという感じですが、作業はしやすいです。





IPS方式の液晶であるため、視野角は広いです。
左右上下から画面を閲覧した場合でも、内容をはっきりと読み取ることができます。

見る角度によって色が大きく変化しないため、テントやタブレットなどへモードを変えた場合でも利用しやすいです。



液晶上部にはHP Wide Vision HD Webcamと呼ばれる約92万画素のWebカメラを、その左右にマイクを内蔵しています。

また液晶下部には、スラッシュロゴと呼ばれるHPのプレミアムロゴを配置しています。

なお、旧モデルで採用されていたIRカメラは廃止されたため、本製品でWindows Helloを利用した顔認証機能は利用できません。

その代わり、指紋認証センサーを利用できます。





筺体側面にあるインターフェースの内容を確認します。

筐体左側面です。
USB3.1、ヘッドフォン出力とマイク入力のコンボポート、電源ボタンが並びます。


右側面にはプライバシースイッチ、MicroSDカードスロット、USB3.1 Type-C、USB3.1 Type-A、電源コネクターが並んでいます。

なおプライバシースイッチとは、Webカメラの機能をオンオフするためのスイッチです。

オフにすることで、Webカメラの機能自体を切ることができます。
カメラを悪用したハッキング対策に活用できる機能です。




筺体正面、背面側には何もありません。


背面のヒンジの部分にENVYのロゴが配置されています。

旧モデルでは、背面部分に「ダマスカス鋼」と呼ばれる柄が採用されていましたが、新モデルではその柄が廃止されてよりシンプルなデザインとなりました。




筺体底面の様子です。
写真は上が筐体背面、下が正面側となります。

最近のノートではよく見かける、一枚板の底面カバーによるシンプルなデザインを採用しています。バッテリは完全に内蔵されており、外部からは着脱できません。


通気口の形状がやや凝っています。
シンプルではあっても、細かい部分のデザインに工夫があるところはHP製品ならではだと思います。


筐体底面側から見た側面の傾斜部分に、Bang & Olufsen対応のスピーカーが内蔵されています。

底面の通気口と同様、スピーカーのデザインもさりげなく凝っていますね。
あまり目に付かない部分ですが、お洒落です。

ちなみにスピーカーは、筐体側面だけではなくキーボードの上部にも配置されています。全4基のクアッドスピーカーです。



なお、本製品には「Bang & Olufsen Audio Control」と呼ばれるサウンドユーティリティが標準搭載されており、サウンドの細かなチューニングを行うことが可能です。


標準搭載されている「Bang & Olufsen Audio Control」

さすがに4基ものスピーカーを搭載しているだけあって、13.3型サイズのノートにしては音が良いように思います。

本製品のサウンドだけを聴いているとわかりづらいのですが、一般的な仕様のスピーカーを搭載していると思われる他のノートPCのサウンドと比較した場合、あきらかにHP ENVY x360 13-ar0000の方が音の広がりが良いのですよね。


HP ENVY x360 13-ar0000本体と、付属の電源アダプターやケーブル、ウォールマウントプラグです。



19.5V、3.33Aで、65Wの電源アダプターが付属していました。
本製品には複数の構成が提供されていますが、提供されている電源アダプターの種類はこれのみです。


ウォールマウントプラグは、電源ケーブルの代わりに利用するためのものです。

電源ケーブルを電源アダプターに接続して利用するよりも、ウォールマウントプラグを使った方が電源のケーブルを短くすることができます。

あくまでもウォールマウントプラグが使えるのは、PCの利用場所からコンセントの場所が近い場合に限りますが、使えるのなら利用した方が便利です。



キーボードの操作性

HP ENVY x360 13-ar0000に搭載されている、キーボードの操作性をチェックします。



日本語配列のキーボードです。
バックライトを標準で内蔵しています。

本製品で提供されているキーボードは、これのみです。

主要なキーのピッチは約19.0×19.0mmと、ノートにしてはやや余裕があります。一方でキーストロークは約1.3mmと、標準的なノートのキーボードとしてはやや浅目でしょうか。

確かに、キーを打った感触ではやや底が浅いように感じられますが、適度なクリック感が得られる打ち心地で使いづらくはありません。

右端一列にhomeやpgupなどのキーが並んでおり、その付近のキー配列が慣れるまでは使いづらいですが、全体としては打ちやすいキーボードだと思います。



キートップの様子。
平坦な形状のキーです。

ややストロークは浅めですが、打鍵感は悪くありません。


白色のバックライトを内蔵しています。
2段階の明るさ調整が可能です。


右側のパームレスト上に、指紋認証センサ―を搭載。
あらかじめ指紋を登録しておくことにより、Windows Helloによる指紋認証機能が利用できます。

この指紋認証センサ―は標準搭載の機能です。


キーボード上部には、Bang & Olufsen対応のスピーカーが内蔵されています。

先に述べたことの繰り返しとなりますが、筺体側面(底面に近い部分)にあるスピーカーとあわせて全4基のスピーカーを内蔵しています。


ボタン一体型のタッチパッドを搭載しています。

やや形状が横長であるため、タイピング時に右の手のひらが触れやすくはありますが、サイズが大きいぶんタッチパッドでの操作がしやすいです。

またクリック感も悪くありません。
適度な硬さで、クリック時の指へのストレスが小さいです。

特別使いやすいといえるほどではありませんが、概ね快適に操作が行えます。



重さ

HP ENVY x360 13-ar0000の重さをはかってみました。

PC本体の重さは1268g。
公称の1.28kgとほぼ同じ数値です。

最近の13.3型サイズのモバイルノートとしては、標準的な重さです。この程度の重さなら、無理なく持ち歩くことができるでしょう。


付属の電源アダプターとケーブルをあわせた重さは、281g。


電源アダプターとウォールマウントプラグをあわせた重さは、217g。



HP ENVY x360 13-ar0000 構成内容とその特徴について

掲載しているHP ENVY x360 13-ar0000の構成内容と、その特徴について解説します。

【CPU-Z】


【GPU-Z】

【搭載されているストレージ】

LITEON製の「CA3-8D256-HP」という256GB SSD(NVMe)が搭載されていました

【HP ENVY x360 13-ar0000 の主な構成】

OS   Windows 10 Home 64bit
プロセッサ   AMD Ryzen 5 3500U(2.10GHz~3.70GHz)
ディスプレイ   13.3型ワイドフルHD(1920×1080)IPSタッチディスプレイ
グラフィックス   AMD Radeon Vega 8 グラフィックス
メモリ   8GB(4GB×2/DDR4-2400MHz SDRAM オンボード)
ストレージ   256GB SSD(PCIe NVMe M.2/LITEON製)
無線機能   IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2
バッテリ   4セルバッテリ
サイズ   306×212×14.5~16(幅×奥行き×高さ/mm)
重量   約1.28kg
カラー   ナイトフォールブラック
標準保証   1年間 (引き取り修理サービス、パーツ保証)、使い方サポート

※記事に記載の仕様や解説等は、記事を作成した2019年08月26日時点の情報に基付く内容となります。

Windows 10 Home、13.3型フルHD IPSタッチパネル、Ryzen 5 3500U、8GBメモリ、256GB SSD(PCIe NVMe)という構成内容のモデルです。

本製品にはRyzen 3 3300Uを搭載するベーシックモデル、Ryzen 5 3500Uを搭載するスタンダードモデル、Ryzen 7 3700Uを搭載するパフォーマンスモデルの3種がラインアップされており、掲載モデルはスタンダードモデルにあたります。

メモリは8GBもしくは16GB、ストレージは256GB SSD もしくは512GB SSD(いずれもNVMe規格)が提供されていますが、それぞれのモデルで搭載されるメモリやストレージの内容が決まっているため、自由に選択することはできません。

あくまでも、決められた構成の中から選ぶというかたちになります。

【HP ENVY x360 13-ar0000で提供されている構成の組み合わせ】
・Ryzen 3 3300U/8GB/256GB SSD
・Ryzen 5 3500U/8GB/256GB or 512GB SSD
・Ryzen 7 3700U/16GB/512GB SSD

外部グラフィックスを搭載する構成はありませんが、Ryzenは内蔵グラフィックスの性能がインテルの内蔵グラフィックスに比べると高めであるため、高いグラフィック性能が期待できます。

その割に価格が安いため、コストパフォーマンス重視の方には魅力が大きいといえるでしょう。



以下、HP ENVY x360 13-ar0000で提供されている構成のバリエーションです。

あくまでも製品で提供されている構成内容を書き出しているだけであり、以下を自由に組み合わせられるわけではないため、参考にされる方はご注意ください。

OS
・Windows 10 Home 64bit

液晶
・13.3型ワイドフルHD(1920×1080)IPSタッチディスプレイ

CPU
・AMD Ryzen 3 3300U(2.10GHz~3.50GHz)
・AMD Ryzen 5 3500U(2.10GHz~3.70GHz)
・AMD Ryzen 7 3700U(2.30GHz~4.00GHz)

グラフィックス
・AMD Radeon Vega 6 グラフィックス
・AMD Radeon Vega 8 グラフィックス
・AMD Radeon RX Vega 10 グラフィックス

メモリ
・8GB(4GB×2/DDR4-2400MHz SDRAM オンボード)
・16GB(8GB×2/DDR4-2400MHz SDRAM オンボード)

ストレージ
・256GB SSD(PCIe NVMe M.2)
・512GB SSD(PCIe NVMe M.2)



ベンチマークテストの結果

以下、掲載しているHP ENVY x360 13-ar0000で実施したベンチマークテストの結果です。


【CrystalDiskMark】


【3DMark】




上からSky Diver、Night Raid、Fire Strikeの実行結果


【ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族】


1280×720、1920×1080/標準品質、ウィンドウモードで実行


【FINAL FANTASY XIV 紅蓮のリベレーター】


1280×720(DirectX 11/標準品質(ノートPC))


【CINEBENCH R15】


軽めのゲームタイトルで、なおかつ画質や解像度を調整すれば快適にゲームプレイできるという結果です。

グラフィック性能は高めですが、ゲームに向くほどのパワーがあるわけではありません。

とはいえ、複雑ではない写真や動画の編集など、やや負荷がかかる作業にも利用できる性能を持ちあわせているようです。

ネットや動画視聴、ビジネスアプリの利用など、日常的に行うことが多いと思われる用途は余裕でこなせるでしょう。

ストレージも非常に高速であり、常に快適に作業ができます。

ライトな作業しか行わない場合は、下位のRyzen 3搭載モデルでも十分だと思われます。一方でパワーが必要な場合は、Ryzen 7搭載のモデルをおすすめします。

Ryzen 7搭載の最上位モデルでもスペックの割にはお手頃な価格であるため、選びやすいと思います。



消費電力・温度

HP ENVY x360 13-ar0000のアイドル時、およびベンチマーク実行時(FF XIV)の消費電力を測定してみました。

画面の輝度は50%に設定、バックライトキーボードはオフに設定した上で測定しています。(以降、全てこの設定を使用)

アイドル時 ・・・ 5W
ベンチマーク実行時 ・・・ 40W

※実際の値は若干上下します

アイドル時、ベンチマーク実行時ともに消費電力は低めです。

特にアイドル時の消費電力が低いです。
最近のノートとしては珍しい数字ではありませんが、省電力であるのはバッテリの持ちがよくなるという点でよいことだと思います。




以下、アイドル時、高負荷時(FF XIVを20分以上実行)のパーツ温度と、高負荷時のキーボード表面温度です。


パーツ温度


キーボードの表面温度

高負荷な状態が続くとCPU温度は上がるものの、標準的な温度です。

またキーボード面の温度については、キーボードの中央付近がやや温かくなりやすいものの、全体的には低温です。

タイピングやタッチパッドを使った操作が快適に行えます。



バッテリ駆動時間

バッテリベンチマークソフト「bbench」を利用し、HP ENVY x360 13-ar0000のバッテリ駆動時間を測定。

ソフトの設定はストロークの実行が10秒毎、ワイヤレスLANによるネットへのアクセス(ブラウザで新規ページを開く)が60秒毎に実行されるという内容です。

なお今回のモデル、バッテリの持ちがかなり良さそうであったため、バッテリ電力残量が50%になるまでの時間を測定しました。




バッテリの電力が100%から50%に減少するまでの時間は34947秒。
約9.7(9.7075…)時間ものバッテリ駆動が可能という結果です。

あくまでもかなり軽い使い方をした場合の数字ですが、バッテリの電力残量が50%までの時点で9~10時間近く使えるのはすごいです。

多少負荷がかかる使い方をした場合でも、バッテリのみで長時間利用できるはずです。
モバイルノートとしてはとても使いやすいモデルだといえるでしょう。



HP ENVY x360 13-ar0000 まとめ

HP ENVY x360 13-ar0000のレビューは以上となります。
最後にまとめます。

・13.3型フルHDのIPSタッチパネルを採用
・ノートPCのほか、テントやタブレットなど様々なモードで利用できる
・ Ryzen 3、Ryzen 5、Ryzen 7搭載でグラフィック性能が高め
・メモリは最大16GB、ストレージは最大512GB NVMe SSDを搭載
・標準で指紋センサーやキーボードバックライト内蔵
・アルミ素材を使った高級感ある筺体を採用
・価格が安め

ENVYブランドらしい高級感ある外観を採用した、13.3型の2in1ノートです。Ryzen 3、Ryzen 5、Ryzen 7やNVMe SSDの搭載で、比較的高い性能を実現しています。

加えて標準で指紋センサーやキーボードバックライトを内蔵するなど、内容的には高級系のノートPCだといっても違和感がないくらいなのに、お値段がお手頃なところが大きな魅力。

価格以上の満足感を得られる製品だといえるでしょう。

特に記事作成時点(2019年08月26日時点/実施期間は不明)で実施されているキャンペーンを利用すれば、非常にリーズナブルな価格でHP ENVY x360 13-ar0000が手に入ります。

コスパの良いモバイルノートを探している人には、これ以上にない製品だといっても過言ではありません。

モバイルノートの購入を検討されている人は、HP ENVY x360 13-ar0000を是非チェックしてみてください。

個人向けPC 割引クーポンはこちら
※当サイト経由で、12万円(税抜)以上の個人向けPCを購入時に「7%Off」となるクーポンを提供中です。