T510で各種ベンチマークテストを行ってみました。

FF XIのベンチマーク

前の記事(T510の構成と そのEインデックスのスコアは)にも書いた通り、
今回掲載しているT510は、少し前に掲載したT410と構成が殆ど変わりません。

ですのでベンチマークのスコアもT410と殆ど変わらなく、ちょっと自分的にはつまらないのですが、
せっかく計測したので、一応主要なものだけいくつか掲載してみました。

いつもと同様、他のモデルのスコアも同時に比較データとして掲載しています。
(T510以外の他のモデルとは、Thinkpad T410Thinkpad X200sThinkpad Edge 13”




【CrystalMark 2004R3】

CrystalMark 2004R3

T510で「CrystalMark 2004R3」を行ってみました。

Mark = 105553
ALU = 33041
FPU = 33382
MEM = 18671
HDD = 7495
GDI = 8917
D2D = 1765
OGL = 2282

T410ではこのベンチマークを最後まで進める事が出来なかったのですが、T510では出来ました。
T410と性能はほぼ同じ位だと思っていたのですが、ほんの少しだけT510の方がスコアが高いようです。

ちなみにMarkは全てのスコアの合計値です。
T410では全てのベンチマークテストを行えていないので、T510よりも低い値となっています。
ですのでMark以下のスコアを見比べてみてください。

なお、各項目の意味は以下の画像の通りです。

CrystalMark 2004R3 項目の意味

そして他のモデルとのスコア比較。

CrystalMark 2004R3 ThinkPad T510 ThinkPad T410 Thinkpad X200s ThinkPad Edge 13”
Mark 105553 90896 61402 53932
ALU 33041 32825 15797 11945
FPU 33382 32558 16866 11997
MEM 18671 18729 10961 8928
HDD 7495 6784 7879 8227
GDI 8917 4736 4655
D2D 1765 3364 1792
OGL 2282 1439 6388

少し前にベンチマークを行った、X201のデータもここに掲載しようかどうか迷ったのですが、
そのX201も、今回のT510と構成が非常に似ているんです。

消費電力の違いなどはあるでしょうけれど、やはりスコアはT510と非常に似ており・・
同じものをいくつも掲載してもしょうがないという事で、ここには載せませんでした。
Thinkpad X201の実機レビューはこちら

で、T510のデータについてですが、やはりプロセッサの値は少し高めでしょうか。
特に気にかかるような部分はありません。


【3DMark06】

3DMark06

T5103DMark06のベンチマーク結果。
T510のスコアは1576 3DMarks

3DMark06は、主に3D性能を測るベンチマークです。

3DMark06 ThinkPad T510 ThinkPad T410 Thinkpad X200s ThinkPad Edge 13”
3DMark score 1576 1576 N/A 958
SM 2.0 Score 466 465 N/A 307
SM 3.0 Score 642 644 N/A 379
CPU Score 2808 2767 N/A 1156

T510T410のスコアはほぼ同じ。


【大航海時代 Online】

大航海時代 Online

大航海時代 Online
T510のスコアは314~319です。

一応目安としては、300以上のスコアがあれば十分快適にプレイできるとの事ですが、
このゲームは多少3D性能が低くても(300以下でも)それなりに動きます。

大航海時代 Online ThinkPad T510 ThinkPad T410 Thinkpad X200s ThinkPad Edge 13”
平均 314~319 315 180 500

Edge 13”のスコアが他よりも高いなあと毎回思っていたのですが、
上に掲載した「CrystalMark 2004R3」でも、3D性能(OGL)のベンチマークのスコアをみると
Edge 13”=6388」「T510=2282」という数値が出ていますので、相応のスコアだと納得。


【モンスターハンターフロンティア】

モンスターハンターフロンティア

モンスターハンターフロンティアのベンチマークです。

そういえばかなり前の事になりますが、
モンハン」と呼ばれているものが「モンスターハンターフロンティア」を指すものだとは思わず、
モンハンって一体何やねん(私は元関西人)って思ってた記憶が・・・

話し戻り、T510のスコアは1098~1114
快適にゲームで遊べる、というレベルには満たないスコアです。

というか、スコア云々よりもデモ映像がたまにコマ落ちしているので、ストレスになるだろうなと・・

モンスターハンターフロンティア ThinkPad T510 ThinkPad T410 Thinkpad X200s ThinkPad Edge 13”
平均 1098~1114 1093~1111 450~470 400

特にコメントはありません。
T410T510が似すぎていて、ちょっと面白みに欠けます・・


【FF XI】

FF XIのベンチマーク

最後はFINAL FANTASY XI
ThinkPad T510のスコアは、LOW3804HIGH2426

ちなみにこのLOWとかHIGHって言うのは、映像の質の事です。
HIGHだと表示は美しいですが、それだけマシンの処理性能を必要とします。

FINAL FANTASY XI ThinkPad T510 ThinkPad T410 Thinkpad X200s ThinkPad Edge 13”
LOW 3804 3760 3456 4000
HIGH 2426 2392 2331 2114

非常に似たり寄ったりのスコアとなりました。


一応主要なベンチマークのスコアを掲載しましたが、性能自体はある程度まではカスタマイズでどうにでもなります。

掲載している各種ベンチマークの結果は、
このモデルにこのパーツだとこの位・・・と言う感じで、目安にしていただければと思います。

なお、上のベンチマークテスト上ではそれ程性能が良くなさそうに見えるモデルでも、
実際の作業では特にストレスを感じる事なく使えるものも多いです。

プロセッサの性能が良くても、グラフィックスが統合型のものだったりすると映像の処理能力がどうしても落ちるので、
普段の作業では快適に使えていても、行うベンチマークの種類によっては余り良い結果がでない事もあります。

ですので必ずしも、

ベンチマークの結果が悪い = PCの性能が悪い

というわけではないので、もしもベンチマークなどをされる場合は、
いろいろなタイプのテストを行ってみると、よりはっきりとした性能がわかりやすいかと思います。

で、最後にT510とT410について簡単に書こうと思っていたのですが、ちょっと疲れてきました

そういうわけで、T510とT410については後日簡単にまとめてみたいと思います。



ちなみにですね、現在手元にThinkpad X201 TabletThinkpad SL510Thinkpad W510Ideapad U450pがあるので、
これらのマシンについても後日、ベンチマークや写真の掲載などを行く予定にしています。

で、そんな感じの予定ですので、家の中がThinkpadだらけです。(一台はIdeapadです)
こんな風に↓

ThinkpadとIdeapad

ThinkpadとIdeapad2

ちょっと写真を撮ってみたらいい感じだったので、調子乗って写真載せてみましたが、
以前、これよりももっとすごい状態のときがありました。
さすがに、その時は仕事部屋が箱だらけで、落ち着かなかったです。

なお、上に書いたモデルにもし興味がありましたら、また後日の記事を見ていただければと思います。
仕事の都合もありますが、出来るだけ早くアップする予定です。