T510の記事の続きです。
(前は、T510のメモリやHDDの配置と、着脱式のDVDドライブ

今回は掲載しているT510のスペック構成を見てみました。

T510

ちなみに、タイトルの「Eインデックス」とは、Windows Vista以降のOSに標準で付属している、
マシンの性能評価ツール「エクスペリエンス・インデックス」の事です。 長いので略しました

はじめにT510の構成です。
マシンの型番は「43143VJ」。

多分、手元にあるT510の構成は仕様通りのものだと思いますが、一応調べてみました。



【OS・ディスプレイ・プロセッサ】
搭載OSは、Windows 7 Professional 32bit版。
オプションとしてWindows 7の各種バージョン、そしてXPなども用意されています。

そしてディスプレイは、LEDバックライト搭載の15.6型HD+(1600×900ドット)
もう一つ、HD(1366×768)を選択する事も可能です。アンチグレアタイプ

プロセッサにはCore i5-520Mを搭載。(動作周波数:2.40GHz、TB時最大で2.93GHz、L3キャッシュが3MB)
他にCore i3、Core i5-540MやCore i7などもオプションで選択する事ができます。

Core i3を選択すると製品に刻印される製品名が「T510i」となるようで、これは他のモデルと同じですね。
Core i3だという以外に違いはないので、性能もそう大差はないと思うのですが・・・

↓T510搭載のCPUのより詳しい情報
T510でCPU-Z CPU

T510でCPU-Z キャッシュ


【チップセット・グラフィックス・ストレージ】

掲載のT510に搭載されているチップセットは「QM57」。
グラフィックスは、プロセッサ内蔵の「インテル HD グラフィックス」。

搭載ストレージは、5400rpmの320GB ハードディスクドライブ

T510でCPU-Z メインボード

T510でCPU-Z グラフィックス

T510のHDD


【メモリ】
掲載のT510に搭載されているメモリは、2GB(DDR3)
スロット数は2つ最大で8GBまで搭載が可能です。

ちなみに前のページ(T510のメモリやHDDの配置と・・・にも書きましたが、
T510の2つのメモリスロットは、マシン底面とキーボード下に分かれています。

ですので、キーボード下のメモリスロットにアクセスする際には、
キーボードを外さなくてはなりませんので少々面倒です。

ただ、T510では今の所、カスタマイズ時にメモリ8GBのオプションが用意されているため、
メモリを沢山積みたい人は、はじめから8GBを選択できます。
(ので、面倒な思いをして自分で追加する必要がない)

T510でCPU-Z メモリ

T510でCPU-Z メモリの性能



ちなみにここまで書いて思うのは、このT510は少し前に掲載したThinkpad T410の構成と全く同じだなあという事。

もちろん、用意されているカスタマイズのオプションなどが異なるので、
性能などはその内容によって変わってきます。

オプションを沢山追加すれば高機能&性能になり、そうでなければ程ほど・・となるので、
どちらが良いのかという事は一概にはいえないのですが、目だって違う部分を挙げると、
T510T410ではディスプレイサイズと解像度が違うと言う部分、そして上にも少し書きましたが、
T510ではカスタマイズ時に8GBまでメモリを積む事が出来ると言う部分などがあります。
(T410では、現在の所4GBまでしか用意されていないので、8GBにするとなると自分でメモリを追加しなくてはならない)

不思議に思う点は、T510T410でほぼ同構成だと価格が変わらないという部分。
(もしかすると私の勘違いかもしれませんが、確認したものでは価格は同じ)

サイズが大きければよいというものではありせんが、据え置きでの使用を前提で購入するのなら、
ディスプレイは大きい方が良いのでは?(同じ価格のT510の方が良いのでは)というのが私の意見です。

その辺については、また後の記事で述べます。



最後にT510エクスペリエンス・インデックスのスコアです。
前にも書いたとおり、T410と構成が同じなので、スコアも多分T410と殆ど変わらないのではないかなと思います。

エクスペリエンス・インデックススコア

基本となるサブスコアは、グラフィックスの3.9
これは・・

Win Exインデックス ThinkPad T510 ThinkPad T410 ThinkPad X100e ThinkPad Edge 13”
プロセッサ 6.5 6.5 3.1 4.2
メモリ 5.5 5.5 4.9 4.9
グラフィックス 3.9 3.9 3.5 3.1
ゲーム用グラフィックス 4.9 4.9 4.9 4.5
プライマリ ハードディスク 5.6 5.6 5.9 5.8

この通り、前に掲載したT410とスコアが全く同じです。
まあでも構成が全く同じですので、当然といえば当然かもしれません。

Core i5を搭載しているだけあって、プロセッサのスコアは高めです。
Core i7を搭載すれば、更に高性能になるんだろうなあと思います。


では引き続き、T510の記事を掲載していきます。
次はベンチマーク結果を一通り掲載する予定です。 T410とあんまり変わらないんですが