3月にXシリーズの新製品として発売されたX201のタブレットモデル、「X201 Tablet」を使ってみました。

半回転のX201 tablet

このようなノート・タブレットの両用ができるマシンは、過去にも何度か使用しており、
使うたびにいつも面白い、すごい便利だなあ~と思うのですが、
このX201 Tabletもその例に漏れず、中々面白いマシンです。

やはり通常のマシンにはない筐体が使用されていたり、機能が搭載されているだけあって、
値段は他のX201よりはお高めなのですが、それだけの価値は十分にあるモデルだと思います。

私的にはタブレットが便利・・と言うよりは、タッチスクリーンが便利といった方が良いかも?
まあこれも、使用者の用途にもよるかと思います。

そういうわけで、X201 tabletの外観です。

文章はそれ程多くありませんが、いつもよりも写真を多めに掲載していますので、
ページがかなり縦長になってしまいました。

今回のモデルの型番は2985CFJ
レノボで公開されている仕様によると、ダイレクト価格が税込みで¥270,900
ですが、キャンペーン価格で多分18万円前後位の価格になると思います。

では以下、写真です。


X201 tablet トップパネル

X201 tabletのトップパネルです。
他のX201シリーズと同じような感じに見えますが、少しデザインが異なります。


Thinkpadロゴ

右下側には、他のモデルと同じくThinkpadのロゴ。


X201 tabletの左側面

X201tの左の側面。


X201t左側面拡大

左からセキュリティキーホール、AC電源、排気口


X201t左側面拡大2

VGA、LAN、USB2.0、ワイヤレス機能のオンオフスイッチ、ExpressCardスロット
このUSB2.0はPowered USBといって、電源供給が行えるタイプのポートです。
(本体の電源を落とした状態での電源供給が可能)


X201t前面

前面の勝手も、通常のX201とは少々異なります。


X201 tablet前面の右側

X201 tablet前面の右側には、5in1メディアカード・リーダー


X201t前面

前面中央にあるセンターラッチ


X201t前面2

このセンターラッチ・・・


X201t前面3

こんな風に反対側にも飛び出します。


X201t右側面

X201 tablet右側のインターフェースです。


X201t右側面の左側

X201t右側面の左側。
USB2.0ヘッドフォン出力、マイク入力、FAXモデム


X201t右側面の右側

X201t右側面の右側には、HDDベイ、タブレット・デジタイザー・ペンの収納、そしてまたUSB2.0.
このようなUSBポートの配置は、私的には理想です。

タブレット・デジタイザー・ペンは、この写真には掲載していませんがX201tには付属しています。
また後の記事で載せます。


X201 tablet の背面

背面。


背面のヒンジ部分

X201 tablet背面中央のヒンジ部分。


インジケーターランプ

トップパネル背面側にスリープ、バッテリ、電源のインジケーターランプ


X201 tablet キーボード全体

X201 tabletのキーボード全体を上から。


キーボード左側

キーボード左側を拡大。


キーボード右側

X201tのキーボード右側を拡大。
キーボード自体は、他のX201と変わりません。


ブラウザキー&カーソルキー

X201tのブラウザキーとカーソルキー。
ブラウザキーも健在。

何度も書いてますが・・ブラウザキーは機能自体は非常に便利だけど、この場所にあると邪魔です。


ウルトラナビ

ウルトラナビ
他のX201ではウルトラナビの有り無しを選択できましたが、X201 tabletではウルトラナビ搭載モデルのみのようです。


X201tパームレスト左側

パームレスト左側にはシール。


パームレスト右側

パームレスト右側にはやはりThinkpadのロゴ。
右下の丸い突起は、タブレット状態での使用時に、キーボードとトップパネル間に空間を設ける為のものです。


X201 tablet ディスプレイ

X201tのディスプレイ。
12.1型WXGAの、タッチスクリーン搭載ディスプレイです。
アンチグレア(非光沢)タイプ。

掲載しているモデルは、指とデジタイザーペンの両方に対応しているタイプのタッチスクリーン。
他にもいくつかのタイプのディスプレイが用意されています。


ディスプレイ左側に配置されたボタン

X201 tabletはタブレットスタイルのままでもマシンを起動させる事が出来るよう、
キーボードベゼルのほうではなく、ディスプレイ側に電源ボタンが配置されています。

他にも様々なボタンがありますが、これらについては後の記事でまた詳しく述べます。


ディスプレイ右下側

ディスプレイ右下側には、X201 tabletの製品ロゴ。


X201 tablet ディスプレイ右下には指紋センサー

製品ロゴの隣には、指紋センサー
タブレットスタイルのままでも指紋認証が行えます。


X201t回転その1

X201tを回転。


X201t回転その2

X201tのこのヒンジ、スイベルヒンジと呼ぶそうです。


X201t回転その3

X201t回転その4

更に回転。


完全にディスプレイが逆向きに

完全にディスプレイが逆向きになりました。


回転その5

回転その6

その状態のままディスプレイをキーボード側へ寝かせ・・・


X201 tablet タブレット状態

完全にタブレットのスタイルになりました。


タブレット型のX201t

タブレットスタイルでも、各種のボタンが使えます。


X201tの前面にあったセンターラッチ

こちらは、ノートPCスタイル時、前面にあったセンターラッチ
タブレットとノートPC、どちらの状態でも使用することの出来るラッチです。


センターラッチを差しこみ・・

このように押し込み・・


固定

本体と液晶を固定。


X201 tablet

タブレット時のX201 tablet全体。


開閉ラッチ

ディスプレイを開ける時は、ノートスタイル時にも使用していた前面の開閉ラッチをスライドさせます。


ノートPC状態のX201t

こちらはノートPCスタイル時のX201 tablet。
このままでも液晶のタッチ機能は使えます。

タブレット機能も便利かも知れませんが、私的にはタッチ機能があればそれで良いという感じもします。


外観写真は以上です。
タブレットスタイルでの作業や、このマシンならではの機能については後の記事で掲載します。


ちなみに・・・昨日の晩は久々に飲みに出ており、さっき帰宅した所でものすごく眠かったのですが、
これ打っているうちに完全に覚醒してしまいました。

眠かったらPCせずに寝ろよって感じですが、悲しいかな性格上、
出かけていて帰宅すると、とりあえずメールチェックなどの作業を一通りしなくては寝れないのですよ。
仕事のメールが来ていたら・・と思うと、なんとなく落ち着きません。

そのついでに少しだけって思って打っていたら、少しじゃなくなっちゃいました。


話が全然関係ない方向へ逸れましたが、引き続き、
X201 tabletの記事を掲載していきたいと思います。

ちなみにタッチスクリーンはやっぱり面白いです。
他のモデルでも、タッチスクリーンの有り無しを選べればよいのになあと思います。