レノボの高性能PC「IdeaCentre K330」のレビューの続きです。
(前→ ゲーム向け&3D液晶付 IdeaCentre K330でベンチマークを行なってみました

今回はK330本体ではなく、K330にバンドルされている3D液晶モニター
Lenovo L2363D」の詳細について触れたいと思います。

K330とL2363d

この「Lenovo L2363D」は、K330の量販店モデルのみにバンドルされている23インチの3D対応液晶。

レノボの直販ではK330は購入できますが、液晶バンドルモデルは販売されておらず、
「Lenovo L2363D」単体でも購入する事ができないようです。

この液晶に関しては日本の情報が非常に少なく、それ以上にレノボ・ジャパンより、
製品詳細や仕様などが殆ど出ていないというのが不思議でたまらないのですが、
「Lenovo L2363D」自体はとてもよい製品だと思います。(一応USの方では仕様公開されています)


というわけで以下、「Lenovo L2363D」の外観の様子です。



L2363d

Lenovo L2363D(Lenovo L2363d 23-inch 3D Vision monitor)。
3D表示に対応した23型フルHD(1920×1080)液晶で、非光沢です。

付属のモニターだから・・と期待していませんでしたが、
視認性の良いとても綺麗な液晶です。

カラーは「High gloss black with metal gray」。



液晶ベゼル

液晶ベゼル周りは、ヘアライン加工を施したアルミのような感じの素材が使われています。



NVIDIA 3D VISION

角にはNVIDIA 3D Visionのロゴシール。



3Dカメラ

この液晶には3D対応カメラが搭載されており、3D動画や写真を撮影する事が出来ます。
これ結構面白いです。



搭載機能

搭載機能

搭載機能

液晶下部には・・

3D表示に対応、3Dカメラを搭載、フルHD、デュアルリンクDVI、HDMI、マイク、
USB2.0×3、NOVO Vision、タッチボタンといった機能の紹介。

NOVO Visionとは、映画やインターネット、テキストなど、
場面に応じて用意されたモードごとに、ディスプレイの色温度を変えることが出来る機能。

・・・だったと思います。確か一体型液晶(レノボの)
にも搭載されていたモデルがあったはずです。

タッチボタンは、多分電源ボタンがタッチ式だという事をさしているのだと思います。



電源ボタン

電源ボタン。
触れるだけでスイッチがオンになります。



チルト

スイベルやピボット機能はありません。
画面チルトは下向きはありませんが、上向きにはかなり深くまで上体を反らせる事が可能です。




しかも・・

スタンドの可動部

あああ

スタンドの可動部

背面のスタンドの可動部がローラー式になっており・・



真っ直ぐ立てた状態

液晶を真っ直ぐに立てた状態から



斜めに倒した状態

片手で押すだけで簡単・スムーズに斜めに倒す事ができます。
(だからといって、使用時に簡単に液晶の角度が変わってしまうことはない)



ゴム

液晶の背面下側には、画面を後方に深く傾斜させた際、
床に着地する部分にゴム足が付けられています。



右側面

L2363dの右側面。
USB2.0を2基搭載。



左側面

左側面にはUSB2.0が1基。



液晶背面

L2363dの背面。
すっきりしており、このデザインは結構好みです。



セキュリティスロット

左下側の方にセキュリティロックケーブル用のスロット。



液晶の足

液晶を支えるゴム足。



Lenovoロゴ

左上にはLenovoのロゴ。



液晶背面のスタンド

液晶背面のスタンド。



L2363d背面のパネル

スタンドの裏側にはパネル。



あああ

L2363dの背面パネルを開いた状態

パネルはツールレスで開きます。



パネル内部

電源コネクター

パネル内、左側には電源コネクター。



ディスプレイ端子

右側にはUSBコネクタ、HDMI、DVI-D等の端子。



固定部

左下にはケーブルの固定具。



各ケーブルを取り付けた状態

ケーブルを固定

あああ

各ケーブルを取り付けた状態。
大丈夫かなと思うくらい、結構ギリギリです。



パネルを閉めた状態

パネル閉めればすっきり。
L2363dの外観については以上です。




なお、この製品にはNVIDIAの3D Vision用のキットが付属しており・・

3Dメガネ

3D映像を観るためのメガネ。
充電して使います。



トランスミッター

こちらは赤外線トランスミッター。
メガネを画面表示と連動させる為のものです。



液晶を左から

液晶を右から

液晶は視野角が広く、斜めから見ても殆ど色や明るさがが変わりませんでした。

これ単体でも面白い製品だと思うのですが、もう少し仕様や機能等、
詳しい情報が公開されれば良いのにと思います。




というわけで、K330やL2363dのレビュー記事は続きます。