日本HPのHPEシリーズで最上位の構成を持つモデル「HPE 590jp」のレビューです。

HPE 590jpの箱
HPE 590jp

インテルのチップセット騒動によって、日本HPはもとより、
各メーカーでSandy Bridge搭載製品の販売が停止されてしまいましたが、
春モデルは何も新CPUを搭載した製品だけではありません。

今回のHPE 590jpは、HPの個人向けデスクで最も高性能なモデルで、
従来のCore iプロセッサを搭載しています。

HPEシリーズの最上位モデルは昨年も夏、冬と掲載しており、
そのパフォーマンスの高さはゲーマーや処理性能を必要とするユーザーに適しているというありきたりな結論だったのですが、今回のモデルは従来のモデルよりもさらにハイスペックな内容にバージョンアップしており、その性能がどの程度のものなのかが気にかかります。

というわけで、今回より数記事にわけて HPE 590jp の内容の詳細を掲載していきたいと思います。


といってもまだ、先程届いたばかりで殆ど何も出来ていない為、
とりあえず今回は簡単に写真を掲載します。


HPE 590jp

HPE 590jp。
冬モデルはHPE 390jp、夏モデルはHPE 290jp

筺体のデザインは夏から変化していませんが、中身は数段バージョンアップしています。



フロントパネルのフィルム

フロントパネルに張られた保護フィルムを剥がします。



HPE 590jp

HPE 590jp背面

背面のレイアウトも前モデルと同じです。
構成によっては、背面端子の内容が若干変わる事もあります。



メルロートリム

フロントパネルはメルロートリムに縁取られています。

このカラーは最上位のHPE 590jpのみで、AMDベースの560jpや、
現在一時販売停止となっているHPE 580jpはブラックトリムとなります。



付属品

付属品。
標準ではマウスもキーボードも有線ですが、オプションでワイヤレスも選択可能です。



電源コード

電源コード。



マウス

USBマウス。



変換コネクタ

変換コネクタ

変換アダプターも付属。
(DVI>VGA / mini HDMI>HDMI)

こちらは搭載しているグラフィックスの種類により、内容が変わります。



というわけで、今後もHPE 590jpのレビューは続きます。

ゲームPCや、ハイスペックな作業が行えるマシンの購入を検討中だという方は、
是非次記事にも目を通してみてください。