前回の記事「W510のスペック モバイルワークステーションの構成は?」では、
サイトに掲載しているThinkpad W510の主なスペックについて掲載しました。

W510 FINAL FANTASY XI ベンチマーク

今回は、そのW510で行った各種ベンチマークの結果を掲載したいと思います。

これまでに掲載したレノボの製品は、デザインは多少違えどかなり構成の似たものが多かった為、
ベンチマークのスコアに多様性がなく、少し面白みに欠ける部分がありました。

ですが、W510はモバイルワークステーションと謳われているだけあって、
これまでのものと比較するとかなり高性能です。

というわけで、以下ベンチマーク結果です。




ベンチマーク結果の前に、まずはWin Exインデックスのスコアです。

Win Exインデックス
W510 Win Exインデックス

W510の各スコアは・・・

プロセッサ  7
メモリ  7
グラフィックス  6.4
ゲーム用グラフィックス  6.4
プライマリ ハードディスク  5.9

どのスコアも比較的高い数値が出ています。
W510の基本スコアは6.4

プライマリ ハードディスクのスコアですが、
今までに見てきたマシンのスコアから考えて、多分HDDでは6前後のスコアが限界なのではないかと思います。
これ以上にスコアを上げたい場合にはストレージにSSDを選択する必要があるでしょう。

では以下、他モデルとの比較です。

Win Exインデックス ThinkPad W510 ThinkPad T510 ThinkPad SL510
プロセッサ 7 6.5 5.4
メモリ 7 5.5 5.4
グラフィックス 6.4 3.9 4
ゲーム用グラフィックス 6.4 4.9 3.4
プライマリ ハードディスク 5.9 5.6 5.8

今回は同じディスプレイサイズのThinkpad T510Thinkpad SL510のスコアを比較として掲載してみました。
各モデルの詳細については、リンク先の記事をご覧下さい。

結果はきれいにスコアが分かれています。
T510とSL510はグラフィックスにチップセット、もしくはCPU内蔵型のものを使用しています。
ですのでグラフィックスのスコアはそれ程高くありません。

一方で、今回のW510には外付けのグラフィックス Quadro FX 880M を搭載。(専用メモリは1GB)
やはり内蔵型のものとは圧倒的に性能が違います。

CrystalMark 2004R3
W510 CrystalMark 2004R3

Mark ・・・ 161245
ALU ・・・ 31079
FPU ・・・ 29017
MEM ・・・ 19845
HDD ・・・ 10670
GDI ・・・ 7781
D2D ・・・ 7563
OGL ・・・ 55290

W510のスコアは上記の通り。
各項目の意味は以下に記載した通りとなります。

CrystalMark 2004R3 各項目の意味

では比較です。

CrystalMark 2004R3 ThinkPad W510 ThinkPad T510 ThinkPad SL510
Mark 161245 105553 80381
ALU 31079 33041 24988
FPU 29017 33382 22597
MEM 19845 18671 12613
HDD 10670 7495 9011
GDI 7781 8917 7309
D2D 7563 1765 1739
OGL 55290 2282 2124

プロセッサのスコアは、Core i7-720QMを搭載したW510と、Core i5を搭載したT510ではそれ程変わりません。
ですが、やはり圧倒的にグラフィックス性能のスコアに開きがあります。

W510では、特に3Dグラフィックスの性能が非常に高いです。
(OGL・・・55290)

3DMark06
W510 3DMark06

3DMark score ・・・ 7008
SM 2.0 Score ・・・ 2844
SM 3.0 Score ・・・ 2742
CPU Score ・・・ 2863

上はW510のスコア。
このベンチマークのスコアもかなり高めです。

3DMark06 ThinkPad W510 ThinkPad T510 ThinkPad SL510
3DMark score 7008 1576 1014
SM 2.0 Score 2844 466 322
SM 3.0 Score 2742 642 387
CPU Score 2863 2808 2161

3DMark06はかなり高い3Dグラフィックス性能を必要としますが、W510では余裕です。
他のモデルのように映像がこま落ちする事は一切なく、最初から最後まできれいに再生されました。

大航海時代 Online
W510 大航海時代 Online

平均 ・・・ 1852~1866

大航海時代 Online ThinkPad W510 ThinkPad T510 ThinkPad SL510
平均 1852~1866 314~319 266~271

一応、大航海時代 Onlineのベンチマークでは、
300以上のスコアがあれば「非常に快適」にゲームをプレイする事ができるだろうという指標があります。

T510やSL510でも映像は快適に閲覧できたと言う事からも、
大航海時代 Onlineはそれ程高い3D性能を必要としないゲームだという事がわかりますが、
1800強のスコアはすごいと思います。(日本hpの高性能ノートdv7がそれより少し高い位のスコアでした)

デビル メイ クライ 4
W510 デビル メイ クライ 4

平均fps ・・・ 43.47~88.62
RANK ・・・ B

W510のランクはB

デビル メイ クライ 4 ThinkPad W510 ThinkPad T510 ThinkPad SL510
平均fps 43.47~88.62 11.97~18.33 5.85~11.06
RANK B D D

T510、SL510がDですから、Bは余り大したことはないのでは?と思ってしまうかもしれませんが、
平均fpsが43.47~88.62と高めです。

映像は非常に滑らかに美しく表示されていました。
(T510、SL510では動作が鈍くなる箇所が見受けられた)

FINAL FANTASY XI
W510 FINAL FANTASY XI

LOW ・・・ 10011
HIGH ・・・ 8136

W510のスコアは上の通り。

FINAL FANTASY XI ThinkPad W510 ThinkPad T510 ThinkPad SL510
LOW 10011 3804 3951
HIGH 8136 2426 2540

T510、SL510ではまあギリギリ快適にはプレイできるだろうというスコアでしたが、
W510はその約3倍のスコアを出しています。

高解像度モードでもスムーズに、美しく表示されていました。

ベンチマークの結果は以上です。
W510では、上で掲載した他のモデルに比べると、どのスコアもかなり高い数値が出ていました。

3Dゲームなどが問題なくプレイできるにはもちろん、
3D性能を必要とする制作業務などにも十分なパフォーマンスを発揮する事が可能です。

ちなみに記しておかなくてはならないのは、
今回掲載しているW510は同製品の中ではそれ程スペックが高い方ではないという事で、
ベンチマークの結果では現在の構成でも十分に高性能ですが、
最上位の構成ではより高いパフォーマンスを望めると言う事になります。

プロフェッショナル向けと言う事ですが、特に必要なくとも、
予算に余裕があれば是非とも選択したいモデルです。

次の記事ですが、W510には他のモデルにはない独特の機能が搭載されており、
それがWシリーズの大きな特徴のひとつでもあります。

次回はその機能の解説などを簡単に行ってみようと思います。


あと先日の記事でも少し述べましたが、使用期限が20日までとなっていたWシリーズのクーポン
期限が5月27日まで延長されました。

Wシリーズには複数のクーポンが発行されていますので、
購入を検討されている方はクーポンページのチェックを忘れないようにしてください。




余談ですがまた居眠りしてしまい、アップするのがこんな時間(A.M.4:00)になってしまいました。
というか多分、5回に2回は居眠りしているんですが・・