ThinkPad T530の長所や短所など、使用して感じた製品の特徴をまとめてみたいと思います。

T530の外観の様子やベンチマーク結果等については、前にあげた記事をご参照ください。

【ThinkPad T530 レビュー記事目次】

ThinkPad T530 外観や操作性のチェック・解説

ThinkPad T530 のウルトラベイ・エンハンスドについて

・ThinkPad T530 のベンチマーク結果
 (掲載モデルの構成 / NVIDIA Optimusについて / ベンチマーク結果

掲載製品の公式ページはこちら: ThinkPad T530

私は現在、12.5型のThinkPad X230を使っていますが、T530はそれと同じくらいかそれ以上に使い易いモデルだと思います。携帯用としては向きませんが、据え置き用のノートPCをお探しの方には非常にお勧めできるモデルです。

製品購入を検討されている方は、是非記事に目を通してみてください。



T530 長所

【長所】

・HD、HD+、フルHDから選べる液晶
・キーボードやタッチパッドの操作性が良い
・カスタマイズオプションが充実している


ThinkPad T530は、ディスプレイの解像度をHD(1366×768)、HD+(1600×900)、フルHD(1920×1080)の3種から選択できるようになっています。

解像度の好みは様々で、私などは液晶の解像度は高めの方が好みですが、人によっては解像度の高い液晶は文字が小さくて見辛いと思われる方もおられますので、選択肢が充実しているのは良い事だと思います。


カスタマイズで選択できる液晶


掲載のT530はフルHD液晶を搭載

ちなみに、今回のT530の液晶はIPS液晶ほどの綺麗さは無いですが、明るく見やすいです。少なくとも、安価な価格帯の製品に比べると綺麗です。

好みもあるでしょうけれど、ある程度液晶の画質に拘るような方にも使い易い液晶ではないかと思います。





次にキーボードやタッチパッドの操作性について。
キーボード等の操作性に関しては、他のThinkPadシリーズと同じく非常に優秀です。

7列キーボードから6列に変更された事で色々言われはしましたが、それでも使いやすさは他メーカーの製品と比較してトップクラスだと思います。キー配列など細かい部分にも配慮があり、慣れると本当に使いやすいです。

T530に関しては、このサイズだったらテンキーが欲しいという声はあるかもしれませんが、私自身はテンキー搭載のキーボードは使っていて疲れる感じがするので、なくても全く問題はありません。(テンキーがあるとキーボード入力時、体が斜めになるので、長時間PCに向かっているとなんとなく疲れる)

あとタッチパッドは、15.6型サイズのノートではあまり使う機会が無いかもしれませんが、ThinkPadの中では最も使い易い形のタッチパッドだと思います。

X230のタッチパッドも、Tシリーズのようなボタン分離型タッチパッドがよかったです。X230のタッチパッドはボタン一体型タイプのものにしては使いやすい方ですが、使いやすさはTシリーズのボタン分離型タッチパッドの方が上です。

ThinkPadの操作性が優れているのは今回の製品に限った事ではありませんが、T530のキーボードやタッチパッドは長時間キーボードに触れるという方や、操作性を重視されるという方に非常に向いているといえるでしょう。





最後に、T530のカスタマイズや拡張性について。

この製品は15.6型とサイズが大きめなだけあって、比較的拡張性は高めに出来ており、購入時のカスタマイズオプションもかなり充実しています。

プロセッサの選択肢が多い事はもちろん、外部グラフィックスなども搭載可能となるなど、サイズの小さい製品にはない特徴を持っています。


NVIDIA NVS 5400M Optimus グラフィックス の搭載も可

オプションで選べるNVIDIA NVS 5400M は、グラフィックスの中ではそれ程高性能なものではありませんが、内蔵グラフィックスのみの構成よりも確実に性能は上。

マルチモニタ環境で作業をされる方や、ある程度グラフィック能力を必要とするソフトウェア(CADとか)を使用されるような方に適したオプションです。


なお、一つだけ残念に思う部分として、発売当初には選べた2nd HDDのオプションが現在は選べなくなってしまっています。(こちらに書いています→ ThinkPad T530 のウルトラベイ・エンハンスドについて

T530の筐体右側面にはウルトラベイ・エンハンスドという拡張ベイが搭載されており、ドライブを取り外しする事が出来るようになっています。

T530の発売当初、脱着式のDVDスーパーマルチドライブの代わりに2nd HDDをオプションで搭載するという選択肢が提供されていたのですが、現在はありません。


それなら、別途レノボで専用の周辺機器を購入して自分で付け替えれば・・と思いますが、現在純正の12.5mmベイアダプターは販売されておらず、純正のものを利用して2nd HDDを搭載する事が出来なくなっています。

今後、このオプションが復活するのかどうかは不明です。

勿論、サードパーティ製の互換のベイアダプターを利用して2ドライブ構成にする事は可能ですが、トラブルが起きる可能性もありますので、あくまでも自己責任での利用となります。




T530 短所

【短所】

・特に無し


短所については特に思い当たりません。

あえて言うと、上で上げた2nd HDDの選択肢がなくなった部分、またHDMI端子やテンキーが無いという部分は人によっては気になるかもしれません。

あと、選択する液晶によって液晶のモデル・質が異なる可能性があります。

今回、T530に搭載されていたフルHDの液晶は比較的綺麗なものでしたが、その他の液晶については見ていないのでなんともいえません。




ThinkPad T530 まとめ

サイズ、操作性、性能面共に扱いやすい15.6型ノートPCだと思います。

低価格帯のシリーズの製品に比べると価格が若干高めだと思われる方はいると思いますが、、実際に使い比べてみるとその価格差も納得できます。

カスタマイズ性が高く、自分の用途や環境に合わせて内容を構築できるところが魅力。HDDやメモリ等へ簡単にアクセスできる為、購入後のパーツ増設等も行いやすいです。

信頼性が高いため、ビジネス利用される方や操作性重視という方にはお勧めできるノートPCだと言えるでしょう。
私自身、15.6型のノートPCが必要になったら買いたいと思う製品です。