ThinkPad T530 は、筐体右側面にウルトラベイ・エンハンスドという拡張ベイを採用しています。

ウルトラベイ・エンハンスドとは、ドライブを簡単に脱着できるような構造を採用したベイの事。

T530のこのベイには、標準ではDVDスーパーマルチドライブが搭載されていますが、光学ドライブを取り外して付属のウェイトセーバーを取り付けたり、DVDスーパーマルチの代わりにHDDを搭載する事ができるようになっています。

そういった構造より、T530の発売当時にはカスタマイズで2nd HDDの選択をする事が出来たようですが、現在はそのような選択肢は消滅してしまっているようです。

また、T530の拡張ベイにHDDを取り付ける為に必要な12.7mmのベイアダプターも現時点(2013年1月29日)では販売されていないようで(以前は販売されていた)、純正品を利用してT530を2スピンドル構成にするといった事もできないようになっています。12.7mmのベイアダプターの再販の予定の有無は今のところ不明です。

2013年3月15日追記:いつのまにか再販されていましたThinkPad シリアルATAハードディスクドライブ 12.7mmベイアダプターIII


とりあえず、今回の記事では光学ドライブを取り外す様子と、オプションで搭載できるはずだった12.7mmのベイアダプター等について簡単に触れたいと思います。

掲載製品の公式ページはこちら: ThinkPad T530

【ThinkPad T530 レビュー記事目次】

ThinkPad T530 外観や操作性のチェック・解説

ThinkPad T530 のウルトラベイ・エンハンスドについて

・ThinkPad T530 のベンチマーク結果
 (掲載モデルの構成 / NVIDIA Optimusについて / ベンチマーク結果

・ThinkPad T530 レビューまとめ
 (長所について / 短所について / T530のまとめ


ThinkPad T530 のウルトラベイ・エンハンスドについて

冒頭でも触れましたが、ThinkPad T530の右側面にはウルトラベイ・エンハンスドという拡張ベイが採用されており、搭載されているドライブを簡単に取り外す事が出来るようになっています。

取り外し方はとても簡単。

底面にあるドライブのロックを開いたまま、すぐ側にあるリリースラッチを外側方向にスライドさせるだけで、光学ドライブがベイから出てきます。




こちら、ベイに搭載されていたDVDスーパーマルチドライブ。
T530に標準で搭載されているものです。

このドライブは、ウルトラベイ・エンハンスド専用のDVDスーパーマルチドライブで、現在「ThinkPad Ultrabay DVD バーナー 12.7mm エンハンスド・ドライブ III(0A65625)」という製品名・型番でレノボから販売されています。

なお、今回のT530や14型のT430は同じ12.7mm厚の「ウルトラベイ・エンハンスド」対応のデバイスを使用しますが、T430sは薄型であるため、9.5mm厚の「ウルトラベイ・スリム」対応のデバイスを使用します。ウルトラベイとはいってもサイズが異なりますので、周辺機器等何か購入する際はご注意ください。




この光学ドライブを、T530に標準で付属しているウェイトセーバーに付け替えてみます。

ウェイトセーバーはその名の通り、マシンを軽量化するための部品。光学ドライブをウェイトセーバーに付け替える事でマシンを軽量化できる他、ドライブを外した後の端子を保護する役目もあります。



ウェイトセーバーの取り付けは非常に簡単。

そのまま、ベイに差し込むだけです。





ちなみに、ウェイトセーバーを装着する事でどの程度軽くなるのか?という事ですが・・


DVDスーパーマルチドライブの重量


ウェイトセーバーの重量

大体132g程度軽くなるようです。

DVDスーパーマルチドライブ搭載時、T530の重量は約2.52kg(公称値)ですが、ウェイトセーバーに付け替える事で約2.388kgまで軽量化することが出来ます。

といっても携帯するには重いので、軽量化の為に付け替える意味はあまりないかもしれません。



なお、最初に述べていた2nd HDDの搭載についてですが、現在は購入時のカスタマイズで選択する事はできませんので、HDDを拡張ベイに取り付けたい場合は別途 HDDやベイアダプターを購入しなくてはなりません。

T530の拡張ベイにHDDを取り付けるには 12.7mmのベイアダプターが必要になるのですが、2013年1月29日現在、レノボでは12.7mmのベイアダプターを販売していないため、2nd HDDを取り付けるのであればサードパーティ製のベイアダプターを用いる必要があります。

自分的にはサードパーティ製の製品を用いるのは、その製品の評判が極端に悪くなければ全然OKなのですが、トラブル等が発生する可能性もありますので、あくまでも自己責任で購入・使用してください。

あと2スピンドル構成にする場合、接続する周辺機器や使用するHDDの消費電力によっては65Wの電源アダプターだと電力が不足する可能性がありますので、最初から大きめの電源アダプターを購入された方が良いかも知れません。T530ではカスタマイズで65Wと90Wのアダプターを選択できるようになっています。

レノボ純正の12.7mm ベイアダプター(ThinkPad 12.7mm Serial ATA Hard Drive Bay Adapter III)については、一応ページは残っているようなのですが、在庫切れ等のアナウンスが全く無いため、一時的に在庫切れなだけなのか、それとも販売を終了してしまったのか良くわかりません。

このベイアダプターや T530で提供されていた2nd HDDのオプションは結構ニーズがあると思うので、復活すればよいのにと思います。
2013年3月15日追記:上にも記載しましたが、現在レノボの公式サイトで再販されています。