前回の記事より少し間が空いてしまいましたが、
日本HPのデスクトップPC「 HP Pavilion Desktop h8-1090jp 」のレビューの続きです。
(前→ HP Pavilion h8-1090jp レビュー Core i7-990X EE搭載の高性能マシン

HP Pavilion Desktop h8-1090jp

今回の記事では、前の記事で簡単にご紹介した h8-1090jp の外観写真&筺体内部の写真、
及びインターフェース各部の詳細などについて触れてみたいと思います。

やや写真多めです。
h8-1090jp に興味をお持ちの方は是非最後までご覧下さい。



h8-1090jp

h8-1090jp。
h8シリーズは、HPの個人向けデスクトップPCの中では最も大きい筐体を使用したフラッグシップです。



h8-1090jp 上部

USBポートなど

h8-1090jp の上部。
USB2.0を2基、マイク入力、ヘッドフォン出力を搭載します。



LEDが光る電源

起動時、電源部のLEDが光ります。



トレー

トレー

わかり難いですが、上部は中央に向かってやや湾曲した形に設計されています。
タワートップ・トレーという小物置のようです。



h8-1090jp 前面のドライブ類

h8-1090jp のフロントパネル上部には、
2基の光学ドライブを搭載可能なスロットが設けられています。

今回のモデルは光学ドライブ1基のみです。



フロントパネル下部

筐体前面、フロントパネル下部。



光学ドライブ下部のパネルは、一見何もないように見えますが・・



フロントパネル内部

パネルを下にスライドさせると、内部には様々なポート類が搭載されています。

内容は15in1メディアスロット、そしてUSB2.0が4基。
前面に多数のUSBポートを備えているのは便利です。

従来モデル(h8と同等の前シリーズ)よりも、
若干前面のインターフェースが充実しています。



レッド・イルミネーション・バー

見難い写真になってしまいましたが、フロントパネルには、
マシンを起動させると点灯するレッド・イルミネーション・バーが搭載されています。



hpのロゴ

フロントパネルの下の方には hp のロゴ。



h8-1090jp 右側面

h8-1090jpの右側面。



h8-1090jp 左側面

h8-1090jpの左側面。



h8-1090jp底面の足

筐体底面には、やや前方が浮くような形で足が設けられています。



h8-1090jp 背面

h8-1090jp の背面全体。



h8-1090jp 背面上部

h8-1090jp の背面上部には電源コネクタと、排気口。



背面中央

h8-1090jp の背面中央部には、拡張スロット。
この部分は選択するオプションによって内容が変わります。

掲載のマシンには USB3.0×2、B-CASカードスロット、HDMI、DVI-I。



背面下部

h8-1090jp の背面下部。
左側には排気口、IR IN/OUT、右側にはオーディオポート類にLAN、IEEE1394、
USB2.0×4、eSATA×2、光デジタル入出力を搭載。

オーディオポートはライン出力、リアスピーカー出力、サイドスピーカー出力、
センタサブウーファー出力、ライン入力、マイク入力。




次に筐体内部です。
背面のネジを外してサイドパネルを開きます。



サイドパネルのネジ

サイドパネルは、背面に接続されたネジを取り外すだけで開きます。
ネジは指で簡単にまわす事が可能です。

少し前のモデルにはやや小さめのネジが使用されていたので、
ツールレスなどといわれながらも手で開けることが難しかったのですが、ネジの種類が変わったようです。
(更に昔のモデルでは、今回のh8-1090jpと同じ大きなネジを使用していました)



サイドパネルを取り外します

h8-1090jp 筺体内部全体

h8-1090jp の筐体内部です。
全体の配置は前モデルと変わりませんが・・



固定用のフレーム

グラフィックカードの前に固定用のフレームが取り付けられています。
これは前のモデルにはなかったものです。



光学ドライブ

筐体内部の左上には、光学ドライブベイを2基備えます。
搭載しているのはブルーレイディスクドライブ1基のみです。



電源

光学ドライブの右側には、600WのATX電源ユニット(Active PFC採用)。



TVチューナーカードやUSB3.0拡張カード

電源ユニットの下には、TVチューナーカードやUSB3.0拡張カード。



スロットやポート類

これらのカードは、USB3.0やカードスロットを提供します。



グラフィックカード

拡張カードの下には、グラフィックカード。
今回の h8-1090jp には、GTX460を搭載しています。



HDMIなど

GTX460を搭載した拡張スロットの外側。
この部分は搭載するグラフィックスによって内容が変わります。

GTX460では、HDMIやDVI-I×2が提供されます。



h8-1090jp 筺体内下部

h8-1090jp の筐体内部下側。



メモリスロット

CPU

6つのメモリスロット、そしてCPUが配置されています。
タイトルにも記載していますが、今回のモデルにはCore i7-990X エクストリーム・エディションを搭載。

高性能ですが、非常に高価なCPUです。



ストレージ

メモリスロットのすぐ左側には、HDDベイを搭載。
掲載のマシンには160GBのSSDが2台(RAID 0)搭載されており、非常に高性能です。




インターフェース等の詳細については以上です。
引き続き h8-1090jp についての詳細を掲載していきます。

今回の h8-1090jp は非常にパフォーマンスの高いモデルです。
興味をお持ちの方は、是非次の記事もご覧下さい。