HPのデスクトップPC「 h8-1090jp 」のレビューの続きです。
(前回の記事→ Core i7-990X搭載「 h8-1090jp 」レビュー 外観やインターフェースの内容詳細

h8-1090jp ベンチマーク

今回の記事では、h8-1090jpで行ったベンチマークの結果を掲載します。

使用したモデルの主な構成は、i7-990Xや12GBのメモリ、GTX460(2GB)、
160GBのSSDを2台(RAID 0)搭載するなど、非常に高性能な内容。

色々なカスタマイズを加えている分、
価格もそれなりに高めではありますが、パフォーマンスは価格相応だと思います。


というわけで以下、h8-1090jp のベンチ結果と製品の詳細な構成です。




まずは h8-1090jp の構成です。
以下、CPU-Zのキャプチャを全部載せたので少し画像多めです。

画像の下に詳しい構成をまとめて記載しているので、
CPU-Zの細かい仕様が必要ないという方は、画像を飛ばして下に記載した構成をご覧下さい。



h8-1090jp CPU-Zの情報

【HP Pavilion Desktop PC h8-1090jp/CTの主な構成】

OS Windows 7 Ultimate SP1 64bit
プロセッサ Core i7-990X エクストリーム・エディション(3.46GHz/TB時最大3.73GHz)
チップセット X58 Express
グラフィックス GeForce GTX 460(2GB)
メモリ 12GB(4GB×3/PC3-10600 DDR3 SDRAM/最大24GB)
ストレージ 160GB×2 SSD(RAID 0)
光学ドライブ ブルーレイディスクドライブ(書込み対応)
拡張スロット PCI Express x16 × 2、PCI Express x1 × 1、PCI Express x4 × 1
拡張ベイ 5.25インチ×2、3.5インチ×2
TVチューナー 10倍W録画対応 地上・BS・110度CS対応Wチューナー
電源 600W ATX電源(Active PFC)
サイズ 175×415×412(幅×奥行き×高さ/mm)
重量 約10.98kg
ケース プレミアム・ミニタワー

上記構成の h8-1090jp の価格は、約28~30万円

提供されるオプションや価格は変更される可能性がありますので、
上に記載の構成や価格の製品が常に提供されているとは限りませんが、
大体上記の構成ではその位の価格となります。

外付けHDDや2台目の光学ドライブの追加は行っていませんし、
メモリやグラフィックス等はまだカスタマイズの余地がありますが、
それでも最大構成のモデルに近いパフォーマンスを発揮できる構成だと思います。


ちなみに余談ですが、HPが販売するコンシューマー向けのデスクトップPCの構成は、
プロセッサは最新・最大のものを選べる事が多いのですが、
提供されるGPUのオプションが、現時点で出回っているGPUの中ではやや控え目だという傾向があります。

私的にはプロセッサよりもGPUを強化した方が、
PCゲームなどには適している(コスト面でも安く付く)と思いますので、
今回のモデルの構成は、バランス的には余り良いとはいえないのではないかと思ったり・・
(Core i7-990Xを搭載するのであれば、もう少し上位のGPUを載せたいと思ったり)

とはいっても、構成はカスタマイズである程度は変える事ができます。

ベンチ結果は、掲載モデルの構成ではこの程度のパフォーマンスが発揮できる、
という目安として見ていただければと思います。




というわけで、上記構成のモデルのベンチ結果を掲載していきます。


【Win エクスペリエンス・インデックス】

h8-1090jp エクスペリエンスインデックス

プロセッサ 7.8
メモリ 7.8
グラフィックス 7.5
ゲーム用グラフィックス 7.5
プライマリ ハードディスク 7.9

基本スコアはグラフィック関係の7.5。
プロセッサやメモリ、ストレージのパフォーマンスはほぼ最大に近いスコアです。

最近の高性能マシンはパフォーマンスがかなり高くなってきているので、
エクスペリエンス・インデックスのスコアではよくわからない部分もありますが・・

この位パフォーマンスが高ければ、大抵の作業を高速にこなす事ができるでしょう。




h8-1090jp CrystalDiskMarkのスコア
CrystalDiskMark

SSD2台をRAID 0構成にしているので、非常に高速。
体感速度も非常に早いです。

同じモデルで下位の構成であっても、
ストレージがこの構成であればかなりパフォーマンスは良くなると思います。
(オプション料金はやや高めですが)



【CrystalMark 2004R3】

h8-1090jp CrystalMark 2004R3実行結果

Mark ・・・ 282609
ALU ・・・ 65808
FPU ・・・ 62702
MEM ・・・ 53987
HDD ・・・ 36659
GDI ・・・ 15697
D2D ・・・ 14403
OGL ・・・ 33353

CrystalMark 2004R3のスコア。


【3DMark06】

h8-1090jp 3DMark06実行結果

3DMark score ・・・ 20993
SM 2.0 Score ・・・ 8295
SM 3.0 Score ・・・ 9223
CPU Score ・・・ 6805

3Dパフォーマンスも非常に良いです。


【大航海時代 Online】

h8-1090jp 大航海時代 Onlineのスコア

平均 ・・・ 3061~3156


【モンスターハンターフロンティア 絆】

1280×720
h8-1090jp モンスターハンターフロンティア 絆(1280×720)

平均 ・・・ 11852~11899


1920×1080
h8-1090jp モンスターハンターフロンティア 絆(1920×1080)

平均 ・・・ 6008~6031


【BIOHAZARD】

h8-1090jp BIOHAZARDのスコア

平均fps ・・・ 107.6
RANK ・・・ S


【デビル メイ クライ 4】

h8-1090jp デビル メイ クライ 4のスコア

平均fps ・・・ 151.56~298.88
RANK ・・・ S


【FINAL FANTASY XIV】

LOW
h8-1090jp FINAL FANTASY XIVのスコア(LOW)

HIGH
h8-1090jp FINAL FANTASY XIVのスコア(HIGH)

LOW ・・・ 4875
HIGH ・・・ 2638


h8-1090jp のベンチマーク結果は以上となります。

非常にパフォーマンスの高いモデルですが、最後のFINAL FANTASY XIVのベンチが
LOWでは「4500~5499 快適」、HIGHでは「2500~2999 普通」となっているのを見ると、
どれだけ負荷が高い・・(FF14のベンチが)なんて思います。


FF14はともかく今回の h8-1090jp、高性能なモデルが欲しい方は勿論ですが、
最小構成のモデルでもパフォーマンスは良いと思いますので、
そこそこパフォーマンスの高いモデルを安価に購入したい・・という方にも適した製品です。

というわけで、次回の記事では h8-1090jp の使用感や価格等についてまとめてみたいと思います。