先日、IPhoneを誤って落としてしまい、フロントガラス部分にひどいヒビが入りました。

破損したのはフロントガラスのみなのですが、
ソフトバンクやAppleへ修理に出すと、最低でも2万~最悪全損扱いとなってしまう為、
自分で部品を取り寄せて修理する事にしました。

で、このような機会は余りないだろうと思い、
せっかくですのでその工程を細かく掲載する事にしました。

修理工程その1(パーツを購入)の記事はこちら
修理工程その2(本体とフロント部分を分解)の記事はこちら
修理工程その3(ガラスパネル&デジタイザーの取替え)の記事はこちら
IPhone修理費用とパーツの購入先の記事はこちら

iPhoneのフロント部分を本体から離す

ちなみに私が使用しているのは「IPhone 3G」の方です。
3GSでは対応する各パーツが少し異なるようですが、基本的な修理手順は3Gと殆ど変わりません。

破損したのは一部のパーツなのに、高い修理費を払わなければならない事に納得がいかないなんて方、
自分で修理してみようという方の参考になれば幸いです。
(参考にしようという方、何が起こっても自己責任でお願いします)

では以下、修理の様子です。
写真がかなり多くなってしまいましたので、数ページに分けて載せます。


【IPhoneのパーツを購入】

今回IPhoneのパーツを購入したのは、iLab PC FactoryというIPhoneの格安修理専門店。

IPhoneやIPodの修理を格安で行う事ができる専門店で、
iPhoneやIPod関連パーツのオンライン販売も行っています。
他にも同じような専門店がいくつかあったのですが、ここが一番対応が早くサービスもよさそうだったので・・
(価格は、他を探せばもっと安い店舗もあるようです)

なお、このiLab PC Factoryが提供している修理サービスは、
ソフトバンクなどに修理を依頼する場合と比較すると非常に低価格です。

なのではじめは修理に出す事も考えたのですが、
破損したIPhoneの配送が不安だという事と送るのが面倒といった情けない理由より、自分で修理する事にしました。

IPhoneパーツ購入購入したIPhoneパーツ

今回購入したIPhone 3Gのパーツです。
中には必要のないものもありました。

ちなみに上でご紹介したiLab PC Factoryというショップさん、非常に対応が素早いです。
配送方法や支払方法にもよりますが、当日16時までに注文を済ませばその日のうちに発送してくれます。

私は待つのが嫌いなので、こういった対応の素早さはかなり高ポイント&好感度大です。

iPhone / iPod 分解工具セットガラス&デジタイザ用強力両面テープセット

左がIPhoneやiPodを分解する為のツールセット(800円)。
オープナーなどがあるので購入しましたが、家にあるもので十分間に合ったと思います。

右は、今回破損した「ガラス&デジタイザ」をフロントフレームに貼り付ける為の強力両面テープセット(350円)です。

レバー式強力吸盤iPhone 3G フロントガラス&デジタイザー

左は、フロントガラスを本体から外す為のレバー式強力吸盤(350円)。

必要だと思って購入しましたが、私のiPhoneのフロントガラスは全体にわたってヒビがはいっていましたので、
吸盤がうまくくっつかず・・・
結局使う事ができませんでした。

右は、今回破損してしまったiPhone 3G フロントガラス&デジタイザー(4,800円)。
フロントガラスとデジタイザーが一緒になったものです。

フロントガラスだけだと1800円で済みますが、破損したガラスからデジタイザーを外すのは至難の業です。
はじめからフロントガラス&デジタイザーを使用するのが得策だと考えます。

どちらにしろ私のIPhoneは、フロントガラスと一緒にデジタイザーの一部にもヒビが入っていましたので、
こちらを購入しなくてはなりませんでした。

iPhone スクリーンガード

これはiPhoneのスクリーンガード(ミラータイプ)。
修理とは関係ありませんが、ついでに購入しました。

iPhoneのケースも購入しなくては・・・

フロントガラスにひびが入ったiPhone

これが例のモノです。

以降、写真が多くて長くなってしまいそうなので、キリのいい所で一旦記事を終えます。
修理の様子は次記事に続きます。

———————