ロリポップの「ライトプラン」は、月額275円~からレンタルできる格安レンタルサーバー。

格安ですが、ディスク容量は100GB、転送量も100GB/日とかなり余裕があり、またWordPressの利用にも対応しています。

レンタルサーバーに欲しいひと通りの機能が備わっているため、安さと機能を両立したいという方に向いたプランです。

低コストなため、副業目的だけれどまだほとんど収益がない方や、はじめてレンタルサーバーを借りる方にもおすすめできます。

今回はこのライトプランの特徴や、利用するメリット・デメリットについて詳しく解説します。

※掲載価格は税込です。


ライトプランの主な仕様

以下、2021年3月時点で公開されている「ライトプラン」の主な仕様です。

時間の経過とともに仕様は変更となる可能性があるため、正確な内容については公式サイトにてご確認ください。

月額料金 275~330円
ディスク容量 100GB
転送量/日 100GB/日
独自ドメイン 100
MySQL 1
簡単インストール WordPress、baserCMS、EC-CUBE、Bootstrap
無料SSL
7世代バックアップ 有料で利用可
電話サポート
商用利用

月額275円と、レンタルサーバーとしては非常にお手頃な価格のプランです。

ちなみに上記表の価格に幅があるのは、契約期間の長さによって月額料金が変わるからであり、1カ月、3か月契約は月額330円、6か月契約以上になると月額275円の支払いになります。

月額275円と330円はわずかな差ですが、長い目で見ると大きなコスト差となってくるため、最初から6か月契約以上にした方がお得です。

あと最初の契約時のみ、初期費用として1650円がかかりますので、その分も予算としてみておきましょう。


この価格でディスク容量100GB、また1日当たりの転送量が100GBはかなりコストパフォーマンスに優れているといえます。

最小プランのエコノミープランでは使えなかったWordPressも、このライトプランでは利用可能です。

使いたい機能がひと通り備わっているため、できるだけコストを抑えながらもある程度のスペックや機能が欲しい方におすすめです。


ライトプランを利用するメリット

以下、ライトプランを利用するメリットについてまとめてみました。

手頃な価格でありながら機能が豊富

ライトプランの大きなメリットは、多くの方にとって手頃な価格でありながらも機能が豊富な点です。

最小プランであるエコノミープランは、ディスク容量が極端に少ないこと、またデータベースの一つである「MySQL」が使えないため、WordPressが利用できないというデメリットがありました。

しかしライトプランにおいては、ディスク容量はエコノミープランの5倍にあたる100GBが利用でき、また「MySQL」が利用できるため、WordPressを使ってブログ運営することもできます。

WordPressを使ってブログを作りたいという人は非常に多いですから、それが安価にできるというのはライトプランの大きな魅力だといえるでしょう。

上位プランへアップグレードできる

ライトプランを使ってサイトを運営しているけれど、最近サイトのアクセスが増えてちょっと重くなってきたので、そろそろ引っ越ししようかな…

なんて場合に活用できるのが、ロリポップで提供されている上位プランへのアップグレード機能。


例えばサイトを長く運営するなどして規模が大きくなってくると、下位プランではアクセスをさばけなくなってきます。

そうなるとサイトの引っ越しをする必要が出てきますが、通常の方法だと、新たに上位のプランを借り直してデータを移動させることになるため、手間がかかります。

また新たにプランを借り直すと、プラン自体の費用のほかに初期費用も支払わなくてはならないため、余分なコストがかかります。


ですがプランのアップグレードであれば、初期費用は不要

またユーザーがデータを移動させる必要がないため、自分でやるよりも簡単にプランを変更することができます。

ただし、できるのは下位プランから上位プランへの変更であり、下位プランへの変更には対応していません。

「ドメインずっと無料」の対象である

ロリポップでは、2020年9月よりドメインが無料になるサービス「ドメインずっと無料」と呼ばれる特典を提供しています。

ライトプランはこの「ドメインずっと無料」に対応しており、条件さえ満たせばドメインをずっと無料で使い続けることが可能です。

具体的には

・対象プランを12か月以上契約
・自動更新(支払い)を設定

ロリポップを申し込んでから6日以内に上記の条件を満たすことで、ドメインを無料で取得できるクーポンをもらうことができます。

しかもレンタルサーバーを借りている間は、ドメインの更新料も無料です。

中には、最初から「12か月契約」をするのはハードルが高いと感じる方もおられるかもしれませんが、レンタルサーバーを借りてブログなどを運営していると、12か月なんてあっという間です。

むしろ、短期間のみ利用する人のほうが少ないと思いますので、それなら最初から12か月契約をしてドメインを無料でもらった方がお得だといえます。

参考:ロリポップの申し込みで独自ドメインが無料になる!ドメインずっと無料について解説


ライトプランのデメリット

価格が安い割に充実した内容を実現しているライトプランですが、デメリットもあります。

MySQLが1つしか使えない

人気のCMSであるWordPressを利用するには、データベース「MySQL」が必要です。

記事中でも述べた通りライトプランでは「MySQL」を使うことができますが、たった1つしか使うことができないため、サイトの運営の仕方によっては問題となる可能性があります。


どのような場合に問題となるのか?ですが、例えば小規模なWordPressブログを1~2つ作って運営する程度であれば、ほとんどの場合は問題ありません。

ただ、異なるコンセプトのブログを複数作りたいと考える人もいますよね。

また最初は1ブログだけ運営していたけれど、運営しているうちに、別のブログをもう一つ作りたくなることもあります。

そんな場合に「MySQL」が1つしか使えないと、1つの「MySQL」で複数のブログを稼働させなくてはならず、データベースに大きな負荷がかかりやすくなります。

さらには複数あるブログのアクセスが増えてきたら、データベースへの高負荷で動作が極端に遅くなり、ブログを快適に運営できなくなる可能性が高いです。


通常、「MySQL」1つにつき1ブログを運営するのが理想であり、1つのデータベースで複数のブログを運営するのはおすすめできません。

となると、「MySQL」が1つしか使えないライトプランでは、複数のWordPressブログの運営は難しいと考えたほうが良いでしょう。

1つの「MySQL」に複数ブログを詰めていると、後々のデータの引っ越しも煩雑になります。

複数のブログ運営を検討されている方は、最初から複数の「MySQL」が利用できる上位プランを選んだほうが良いでしょう。

【プランごとのMySQLの利用可能数】
エコノミー 0
ライト 1
スタンダード 50
ハイスピード 無制限
エンタープライズ 無制限

スタンダード以上のプランであれば、複数のMySQLを利用することができます。

大規模なサイトの運営には不向き

安価な割には使い勝手の良いライトプランですが、さすがに安いだけあって大規模サイトの運営には向いていません。


仕様には記載されていませんが、多くのレンタルサーバーでは、プランごとに「同時アクセス数」の上限が定められています。

例えばサイトにアクセスが集中するなどして、この「同時アクセス数」の上限値を超えてしまうと503エラーが返され、ページが正常に表示できなくなります。

ロリポップは複数のユーザーで利用する共用サーバーですから、一部のユーザーのサイトに大きな負荷がかかると、他のユーザーにも迷惑がかかります。

それを未然に防ぐために、強制的にページを表示できなくするわけです。


一般的には上位プランほど「同時アクセス数」の上限値は高く、価格の安いプランほど「同時アクセス数」の上限値は低く定められています。

価格の安いライトプランにおいても、「同時アクセス数」の上限値はそれほど高くないと思われ、大規模サイトの運営は向いていないと考えられます。

私自身、過去にライトプランでWordPressブログを運営していたことがありますが、ブログのアクセスが増えるとともに503エラーが頻発するようになり、引っ越しせざるを得なくなったことがあります。

ややアクセスがある…程度のサイトであれば大丈夫だとは思いますが、規模の大きいサイトには向かないといえるでしょう。


ライトプランの利用に向いている人

ライトプランの利用に向いているのは…

・WordPressを使いたい
・できるだけ安くサイト運営したい
・小規模サイトを運営

上記のような目的がある人です。

特にこれからWordPressでブログ運営をはじめようという人には、低コストでちょうど良いプランだといえます。

最近多い「副業」目的でサーバーを借りる場合であっても、最初のうちは収益がない状態が続きますが、ライトプランくらいのお値段であれば大きな負担にはならないはずです。


ただしアクセスが増えてくると、ライトプランではさばけなくなる可能性があるため、その時にはプランを変更する必要が出てきます。

ライトプランではアップグレード機能が利用できますので、プラン変更の手間は最小限で済むはずですが、それすら面倒だという人は、最初からスタンダード以上のプランを選ぶようにしましょう。

10日間無料のお試しを利用しよう

ロリポップレンタルサーバーでは、各プランを10日間お試しできる無料期間を提供しています。

まだ使い心地のわからないサーバーを、いきなり本契約するのはためらわれますよね。そんな方のためのお試し期間です。

お試しする段階では、クレジットカードなどの支払い情報を登録する必要はないため、気軽に試せるという点が魅力です。

また使い勝手が気に入らなければ、利用をやめるのも簡単です。

ロリポップレンタルサーバーのレンタルを検討されている方は、まず無料お試しで試してみてから利用するかどうかを決めましょう。