HPが販売するノートPC、HP Pavilion 15-ab000の「コバルトブルー」モデルのレビューです。

HP Pavilion 15-ab000は、インテルの第5世代Coreプロセッサを搭載する15.6型のノートPC。

ブリザードホワイトやナチュラルシルバー、コバルトブルー、ピーチピンクの4カラーを取り揃えたカラフルな製品で、そのデザイン性の高さは、特にインテリアとの調和やデザインを重視するような方に向いています。

これまでブリザードホワイトピーチピンクと順に掲載してきましたが、引き続き今回は「コバルトブルー」のモデルをご紹介したいと思います。

本製品ではカラーによって選択できる構成がある程度固定されており、コバルトブルーカラーのモデルでは、Core i3やCore i5を搭載する構成を選択する事が可能です。

興味をお持ちの方は、是非記事に目を通してみてください。

当ページに掲載の製品は販売終了いたしました。
現在HPでは、Kabylakeを採用する以下の15.6型ノートを販売中です。

HP Pavilion 15-au100 製品ページ

※掲載製品は メーカー様よりお貸出しいただいたものとなります。


HP Pavilion 15-ab000 コバルトブルー 外観やインターフェースの内容

まず、HP Pavilion 15-ab000の筺体外観やインターフェースの内容をチェックします。

4色という豊富なカラーバリエーションを提供する本製品ですが、筐体はカラーが異なるだけで全体のデザインや端子の内容・配置などは同じ。

サイズは幅が約384mm、奥行き261mm、高さが24~28mmで重さが約2.29kgと、15.6型のノートにしてはやや薄く重量も軽めです。

屋内で利用するモバイルノートとしては、扱いやすい製品だと言えるでしょう。






個性的な青さを持つブルーカラー 表面はサラッとした質感


天板中央には鏡面仕上げによるhpのロゴ

深みのある美しいブルーカラーです。
ブリザードホワイトやピーチピンクのカラーもそうでしたが、ノートPCの筺体にしてはやや珍しい色味のカラーだと思います。

筺体のフォルムもゴツゴツとしていなく線が綺麗であるため、部屋のインテリアにも綺麗になじみます。







ディスプレイには15.6型ワイドHD(1366×768)の光沢パネルを採用。

本製品にはHD光沢とフルHD非光沢の2種のパネルが提供されていますが、フルHDを選択できるのはナチュラルシルバーカラーのみで、他のカラーはHD解像度の光沢パネルとなります。

高解像度液晶が良いという方は、ナチュラルシルバーのモデルをご選択下さい。




約92万画素のWebカメラ「HP TrueVision HD Webcam」を内蔵


液晶下部のベゼル中央付近にはhpのロゴ




筺体側面に配置されているインターフェースをチェックします。

筺体の左側には電源コネクターやLAN、USB2.0、USB3.0、SDカードスロット、光学ドライブを搭載。

光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブです。
ナチュラルシルバーのモデルのみ、ブルーレイディスクドライブが搭載されます。




右側にはヘッドフォンやマイクのコンボポート、USB3.0、HDMI、セキュリティスロットが並びます。





前面・背面には何もなし。
家庭用のノートPCとしては、特に不足はないと思われる端子の内容だと思います。




写真は上が筐体背面側、下が筐体前面側

筺体底面。
底面は背面側にバッテリスロットが配置されているのみで、内部にアクセスできそうなパネルなどは見当たりません。

基本、購入後のパーツの追加や換装は難しいと考えた方が良いと思います。




ボディカラーに合わせたブルーカラーのゴム足を採用



搭載バッテリの仕様は14.8V、41Wh


PC本体と付属の電源アダプターや電源ケーブル


アダプター側のコネクタの形状はミッキータイプ


電源アダプターの仕様は19.5V、2.31Aで45W


電源ケーブルの代わりに利用できるウォールマウントプラグが標準付属



キーボードやタッチパッドの操作性をチェック

HP Pavilion 15-ab000 のキーボード周りの操作性をチェックします。
使い勝手や配列等、その他のカラーと全く同じだと思いますので軽く解説します。




キーボード面全体の様子


キーボード左半分を拡大


キーボード右半分を拡大

アイソレーションタイプのキーボードを採用。右側にはテンキーを搭載しています。

キーピッチは縦横ともに約18.7×18.7mm、ストロークは約1.5mm。
特に変わった所はない普通のキーボードで、操作性も普通です。

なお、上部のファンクションキーは、単独押しでは輝度や音量調整などの機能が動作する仕様です。




キートップはフラット やや角が丸められた形状のキーで指先が引っかかり難い


キーボードの上にはB&O Play対応のデュアルスピーカーを内蔵


キーボードの左右に電源ボタンやB&O Playのロゴ


左のパームレスト上にはPavilionのロゴ ヘアライン加工を施したメタル調のプリントが美しい

タッチパッドはボタン一体型。
ボタンがやや硬めですが、使い勝手は悪いという程ではなく普通です。



液晶の見やすさ・品質をチェック

今回の HP Pavilion 15-ab000に採用されている液晶の品質や見やすさをチェックします。

搭載されているのはHD解像度・光沢タイプのパネルです。
多分、前に掲載したブリザードホワイトやピーチピンクカラーのモデルに採用されているものと同じではないかと思います。

なお、実際の製品に以下と同じパネルが搭載されるとは限りませんので、参考程度にご覧ください。



15.6型サイズで1366×768ドットの解像度を持つ光沢パネルが搭載されています。
アイコンや文字などがかなり大きめの表示となる為、小さい文字が苦手な方には使いやすいと思います。

高解像度な液晶が好みだという方は、フルHDのパネルを搭載したナチュラルシルバーのカラーをご選択ください。ナチュラルシルバーの液晶はフルHDである事に加えて非光沢タイプのパネルとなる為、明るい場所でも見やすいと思います。




画面の視野角をチェックします。



視野角は狭いです。TN方式のパネルだと思います。
斜めから見ると表示内容が良くわからなくなりますが、正面から見て作業を行う分には問題ないです。




色域を測定してみました。
以降、Spyder 4 Eliteによる測定結果です。

sRGBのカバー率は61%、AdobeRGBのカバー率は46%。
色域は狭いです。




続いて、ガンマカーブを確認します。


左:ガンマ応答カーブとターゲット(ガンマ2.2) / 右:ガンマ補正カーブ

ガンマ応答カーブは、RGBのカーブすべてにばらつきがみられるという状態です。

デフォルトではかなり青味の強い液晶です。
普通に見ただけでも、青っぽいとわかると思います。




さらに、画面の均一性を測定。
色ムラ、輝度ムラをチェックします。


カラーの均一性(左:輝度100% / 右:輝度50%)


輝度の均一性(左:輝度100% / 右:輝度50%)

色ムラは輝度を高くした場合にやや目立ちます。
一方で輝度ムラは多少はあるものの、見て分かるほどではありません。


総合的に考えて、綺麗だと言える部類の液晶ではありませんが悪いという事もなく、単に見るという用途に関しては問題ない品質の液晶です。

これまでに掲載した他のカラー・構成を採用したモデルの結果から見ても、HD液晶を搭載したHP Pavilion 15-ab000には多分、上記と同じような品質のパネルが搭載されるのだと思いますが、時期によって搭載されるパネルの内容は変わる可能性があります。



主な付属品

掲載している HP Pavilion 15-ab000の主な付属品をご紹介します。
実際の製品とは異なる可能性がありますので、ご注意ください。




セットアップ手順やサポート&サービス関連の冊子、速効!HPパソコンナビ特別版、iPassのクーポンなど



速効!HPパソコンナビ特別版は、Windows 8以降のOSを搭載したPCの基本操作を解説する参考書 解説は結構わかりやすい


iPassのクーポン

iPassのサービスが利用できるコードが書かれたクーポンです。
特典として付属しているものだと思いますが、本製品の仕様内の添付品の欄には記載のないものであり、いつまで付属するものなのかはわかりません。





HP Pavilion 15-ab000 コバルトブルーの外観や液晶、使用感については以上となります。
引き続き、次記事では掲載しているモデルの構成や性能について触れる予定です。

なお、今回掲載しているコバルトブルーモデルの構成は、少し前に掲載したピーチピンクカラーのモデルと同じ内容で性能も同じであるため、性能の検証結果については簡単に触れたいと思います。

興味をお持ちの方はご覧ください。
次: HP Pavilion 15-ab000(コバルトブルー)のベンチマーク結果 スタンダードモデルの特徴と性能をチェック

当ページに掲載の製品は販売終了いたしました。
現在HPでは、Kabylakeを採用する以下の15.6型ノートを販売中です。

HP Pavilion 15-au100 製品ページ