前記事(HP Pavilion 15-ab000 レビュー 豊富なカラーが魅力の15.6型ノート(ブリザードホワイト))に続き、今回は HP Pavilion 15-ab000の構成と性能面について。

掲載モデルの構成は、Windows 8.1、Core i3-5010U、メモリ4GB、500GB HDDを搭載するエントリー構成のモデル。

HP Pavilion 15-ab000には他に、第5世代のCore i5やCore i7を搭載したモデルがラインアップされており、掲載のモデルは最小構成にあたるマシンとなります。

今回は、そんな HP Pavilion 15-ab000の構成特徴と実際の性能について詳しく触れたいと思います。

当ページに掲載の製品は販売終了いたしました。
現在HPでは、Kabylakeを採用する以下の15.6型ノートを販売中です。

HP Pavilion 15-au100 製品ページ

※掲載製品は メーカー様よりお貸出しいただいたものとなります。


HP Pavilion 15-ab000(ブリザードホワイト) 構成内容と特徴

まず、掲載しているHP Pavilion 15-ab000の構成内容と特徴について解説します。

【CPU-Z】





【HP Pavilion 15-ab000(15-ab022TU) エントリーモデル の主な構成】

OS   Windows 8.1 Update 64bit
プロセッサ   Core i3-5010U(2.10GHz)
グラフィックス   HD グラフィックス 5500
メモリ   4GB(4GB×1/DDR3L 1600MHz SO-DIMM/2スロット)
ディスプレイ   15.6型ワイドHD(1366×768)、光沢
ストレージ   500GB HDD(5400rpm/HGST製)
光学ドライブ   DVDスーパーマルチドライブ
LAN   内蔵LAN(10/100)
無線機能   IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.0
バッテリ   4セル、駆動時間:約7時間(駆動時間の実測値は後の項に掲載)
電源アダプター   45W
サイズ   384×261×24~28(縦置き/幅×奥行き×高さ/mm)
重量   約2.29kg
カラー   ブリザードホワイト
保証   1年間(引き取り修理サービス、パーツ保証)、使い方サポート1年間

※記事に記載の仕様や解説等は、記事を作成した2015年06月09日時点のものです。

Windows 8.1、15.6型ワイドHD液晶、Core i3-5010U、メモリ4GB、500GB HDD、DVDスーパーマルチドライブを搭載するという内容のモデルです。

HP Pavilion 15-ab000にはCore i3の他、Core i5やCore i7を搭載するモデルなど複数の構成が提供されており、Core i3を搭載する本製品は最小構成にあたるモデルとなります。

カスタマイズは殆ど行えませんが、メモリのみ8GBへとアップグレードする事が可能です。底面から内部へはアクセスできない構造となっているため、必要に応じて追加しておくと良いでしょう。

エントリーモデルは性能を抑えた安価な構成のマシンですが、光学ドライブの搭載やac対応の無線LANの標準搭載など、基本にプラスアルファ程度の機能は備えています。内蔵LANがギガビット非対応であるため、そういった部分を気にするような方には向きませんが、使い勝手は結構良いです。

なお、構成によって筺体のカラーは限定されますので、自由に構成やカラーを組み合わせるといった選択の仕方はできません。購入時にはご注意ください。

【構成と筺体カラーの関係】

Core i3: ブリザードホワイト、コバルトブルー
Core i5: ブリザードホワイト、コバルトブルー、ピーチピンク
Core i7: ナチュラルシルバー



搭載されているストレージの内容をチェックします。


HDDの詳細


ディスクの内訳

HDDにはHGST製の「HTS545050A7E680」という、7mm厚の 500GB HDD(5400rpm)が搭載されていました。

性能は速くも遅すぎることもなくという感じで、普段からHDDを使用している方ならばともかく、SSDの速度に慣れているような方だと少し遅く感じると思います。

速度はともかく、容量は500GBと普通に余裕がありますので、簡単な用途用のノートのストレージとしては悪くはないのではと思います。

なお、掲載モデルは500GB HDD固定となりますが、Core i5搭載モデルは1TB HDD、最上位のCore i7搭載モデルには1TBのハイブリッドHDDが搭載されます。



ベンチマークテストの結果

以下、 Core i3-5010Uを搭載する HP Pavilion 15-ab000のベンチマーク結果です。


【CrystalDiskMark】

Seq 110.0108.9
512K 1.0361.216
4K 111.8111.1
4K QD32 0.4961.214

数値は左がRead、右がWrite/上記はランダムの値


【3DMark】


実行したテストの結果


Fire Strikeの詳細

Ice Storm・・・ 38786
Cloud Gate・・・ 3903
Sky Diver・・・ 2298
Fire Strike・・・ 515


【モンスターハンターフロンティア 大討伐】

1280×720 ・・・ 1787~1823


【ファンタシースターオンライン2 ver. 2.0】

1280×720(描画設定3) ・・・ 979

~2000 処理負荷によっては動作が重くなる
2001~5000 標準的な動作が見込める
5001~ 快適に動作


【BIOHAZARD 6】

1360×768 ・・・ SCORE:1049 / RANK:D


【FINAL FANTASY XIV 新生エオルゼア キャラクター編】

新生エオルゼア キャラクター編

蒼天のイシュガルド DirectX 11で実行

【新生エオルゼア】
1280×720(標準品質/ノートPC) ・・・ SCORE:2267 / 評価:普通
1920×1080(標準品質/ノートPC) ・・・ SCORE:1232 / 評価:設定変更が必要

【蒼天のイシュガルド(DirectX 9)】
1280×720(標準品質/ノートPC) ・・・ SCORE:2273 / 評価:普通
1920×1080(標準品質/ノートPC) ・・・ SCORE:1264 / 評価:設定変更が必要


【ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族】

1280×720(標準品質) ・・・ スコア:3749 / 評価:普通
1280×720(最高品質) ・・・ スコア:2837 / 評価:やや重い


【CINEBENCH】

OpenGL ・・・ 21.23fps
CPU ・・・ 215cb



Minecraftはデフォルト設定だと所々でカクつきがみられる 処理優先だと普通に動く


重いPCゲームは難しいですが、かなり軽めのゲーム程度であれば遊べる性能を持ち合わせるなど、日常用の簡単な用途向けPCとしては、それなりに使えるという印象です。

構成や性能に関しては、ストレージがHDDのみでカスタマイズできない点がネックかなと思いますが、そこさえ気にならなければ特に問題はないでしょう。



消費電力・温度

HP Pavilion 15-ab000 の消費電力を測定。
以下はアイドル時と、ベンチマーク実行時(BIOHAZARD 6)の消費電力測定値です。

画面の輝度は50%に設定しています。

アイドル時 ・・・ 6W
ベンチマーク実行時 ・・・ 27W

※実際の値は若干上下する為、平均と思われる値を掲載しています

15.6型のノートPCとしては、かなり低めの消費電力値です。




次に、HP Pavilion 15-ab000の筐体内にあるパーツの温度を測定してみました。
以下はアイドル時、ベンチマーク実行時(BIOHAZARD 6を20分以上実行)のパーツ温度です。

負荷をかけると多少温度は上昇しますが、全体的に低温です。




さらに、HP Pavilion 15-ab000のキーボードの表面温度を測定してみました。

高負荷な状態が続いても、キーボード表面の温度は低いです。
快適にキーボード作業が行えます。



再起動(起動&シャットダウン)にかかる時間

PassMark Rebooterを利用し、HP Pavilion 15-ab000の再起動にかかる時間を測定。
以下は9回の再起動時間と、その平均値です。

1回目 1:49
2回目 1:18
3回目 1:05
4回目 1:06
5回目 1:05
6回目 1:06
7回目 1:47
8回目 1:20
9回目 1:14

再起動(起動&シャットダウン)の平均時間 ・・・ 1分18秒

HP Pavilion 15-ab000の再起動にかかる時間はおよそ1分18秒。
HDDを搭載するPCの再起動にかかる時間は大体1分~1分半程度であり、本製品の再起動時間は、HDD搭載のPCとしては標準的な範囲内だと言えます。

高速ではありませんが、特別遅すぎるという事もないHDDです。



バッテリ駆動時間

HP Pavilion 15-ab000のバッテリ駆動時間を測定してみました。
測定に利用したソフトウェアはbbench、ソフトの設定はストロークの実行が10秒毎、無線LAN利用によるネットへのアクセス(ブラウザで新規ページを開く)が60秒毎という内容。

画面の輝度は50%に設定しています。




バッテリの電力が100%から7%に減少するまでの時間は32089秒。
約8.9(8.9136111…)時間ものバッテリ駆動が可能という結果です。

軽めの作業では、かなり長時間バッテリで駆動できるようです。
負荷をかけた使い方では大幅に駆動時間が短くなる可能性もありますが、消費電力などから考えると、負荷をかけてもそこそこ長い時間持つのでは思います。

モバイル向けのPCではありませんが、屋内利用であっても、バッテリの持ちが良いと電源のない場所でもPCを利用する事ができる為、便利です。



プリインストール・ソフトウェアの内容

HP Pavilion 15-ab000にプリインストールされているソフトウェアの内容をご紹介します。
製品の購入時期や、購入時に選択するオプションの内容によっては、以下とは内容が異なる可能性があります。




デスクトップ画面


スタート画面(モダンUI)



アプリ一覧画面

プリインストールされているソフトウェアの内容は、Windows標準のソフトに加え、HP製の各種ソフトウェア、CybeLink製の各種ソフトウェア、ファイルの圧縮・展開ソフト「7-Zip」、PDF編集・作成ソフト「Foxit PhantomPDF」、セキュリティソフト「マカフィーリブセーフ」といったソフトが搭載されていました。

ストアアプリについては標準搭載のアプリに加え、「HP Connected Photo」や「mySMS」、「The Weather Channel」、「tripadvisor」、「Windows 8入門」、「マカフィーセントラル」他、複数の標準ではないアプリが搭載されるという内容です。

HP製のソフトについては、PCの総合管理を行う「HP Support Assistant」やバックアップ&リカバリツール「HP Recovery Manager」、ユーザーガイドなどの参照が可能な「HP Documentation」、電源のピークシフト設定を行う「HP AC Power Control」、ログオンの管理を行う「HP SimplePass」、ファンの動作を最適に調整するための「HP CoolSence」、衝撃・振動からHDDを保護する「HP 3D DriveGuard」、オーディオユーティリティ「B&O Play」といったソフトが搭載。

そしてCybeLink製のソフトは、ウェブカメラ拡張ソフト「Youcam」や再生ソフト「Power Media Player」、写真編集ソフト「PhotoDirector」、動画編集ソフト「PowerDirector」、ライティングソフト「Power2Go」、バックアップソフト「PowerBackup」が搭載されていました。

その他、本製品のユーザー向けに提供されている特典として、Dropbox 25GBの6か月無料利用権が付属。設定や登録を行う事で、Dropboxを利用する事が可能です。

なお、Dropbox 25GBの利用権はキャンペーンによって付属している特典だと思われますので、製品の購入時期によっては付属しない可能性があります。




HP Recovery Manager バックアップ&リカバリツール


HP Recovery Managerでリカバリメディアを作成する場合に、必要となる各メディアの容量

USBメモリだと17GBもの容量が必要となっており、16GB以内にはキリよく収まらないよう。




B&O Play オーディオユーティリティ


Dropbox 25GBもの容量を6か月間無料で利用できる



HP Pavilion 15-ab000 ブリザードホワイト まとめ

ブリザードホワイトカラーの筺体を持つ「HP Pavilion 15-ab000」のレビューは以上となります。
最後にまとめると・・

・インテリアにもマッチする美しいホワイトカラーの筺体を採用
・15.6型ワイドHD(1366×768)の光沢液晶を搭載
・第5世代のCore i3を搭載 軽い作業ならそこそこ快適に行える
・標準でDVDスーパーマルチドライブ、ac対応の無線LANを内蔵
・バッテリの持ちが良い

・内蔵LANはギガビット非対応

艶のあるホワイトカラーの筺体を採用した、洗練されたデザインの15.6型ノートです。

第5世代のCore i3-5010Uを搭載しており、軽い作業ならサクサクを快適に行えるパフォーマンスを持ち合わせています。負荷の高い作業には利用は難しいですが、日常の軽い用途になら十分な性能だと言えるでしょう。

液晶は光沢感が少し気になりますが、15.6型サイズで1366×768ドットと低解像度であるため、細かい文字を読むのが辛いというような方には使いやすいと思います。

バッテリの持ちも良く、ホームモバイルノートとしては価格も安く使いやすい製品だと言えるでしょう。
2015年6月9日現在、キャンペーンで割引価格となっていますので、興味をお持ちの方は早めのチェックをお勧めいたします。(既にキャンペーンが終了している可能性もあります。ご了承ください。)

以上は今回使用したCore i3搭載のブリザードホワイトカラーの総合的な感想で、負荷高めの作業を行うという方、また高解像度液晶が好みだというような方には本製品はやや使い辛いと思います。

負荷高めの作業を行う方にはCore i5を搭載するモデルか、Core i7&フルHDの非光沢液晶を搭載する上位モデルがお勧めです。

その他の構成を持つモデルに関しては、また後日レビュー予定です。

当ページに掲載の製品は販売終了いたしました。
現在HPでは、Kabylakeを採用する以下の15.6型ノートを販売中です。

HP Pavilion 15-au100 製品ページ