先週、第5回目となる「IIJmio meeting 5」がIIJの本社で開催されたため、参加してきました。
前回: IIJmioの格安SIM「みおふぉん」でスマホ料金を節約する方法 (IIJmio meetingレポート)

みおふぉんは、MVNOであるIIJmioが提供する格安SIMサービス。

大手キャリアであるauやソフトバンク、ドコモなどで普通にスマートフォンを契約すると月額5~6000円(金額は例です)と料金負担がかなり高額になってしまいますが、みおふぉんなら音声通話付きでも月々1600円~にまで抑える事が可能となるなど、スマートフォンの月額料金を安くしたい人にとっては非常に魅力の大きいサービスです。

ただ、通話料金は時間に応じてかかってしまう事、また各キャリアで提供しているような割引サービスがない為、場合によっては高くついてしまう事もあり得るなど、欠点もいくつか見受けられます。

IIJmio meeting 5 では、そんなみおふぉんの弱点である「電話料金の割引サービスがない」という点を何とかしたいという事で、電話料金を節約する方法について具体的に詳しく解説。

今回の記事では、イベントでご解説いただいた「みおふぉん」の電話料金節約術の内容について、まとめてご紹介したいと思います。

【第5回 IIJmio meeting レポート記事目次】

●「みおふぉん」の電話料金を節約する方法について考える
IIJmioの弱点
家族・知り合いとの通話料金を節約する方法
それ以外の人との通話料金を節約する方法

●通話料金節約サービスの概要・比較
楽天でんわの特徴・申し込み方法
LaLa Callの特徴・申し込み方法
両サービスの違い・比較 どちらを使えばよいのか?

●「みおふぉん」の電話料金節約 まとめ
電話料金節約術 まとめ

※記事に掲載している各サービスの情報や価格は、2014年10月27日に確認したものとなります。


IIJmioの弱点

IIJmioの格安SIM「みおふぉん」は、データ通信だけなら月額900円から、加えて音声通話付きでも1600円からと、一般的な大手キャリアとの契約に比べると非常に低価格であるのが特徴。

低用量~容量の大きいプランや、SIMカードの複数毎利用が可能な家族向けのプランなど、プランが充実している事に加え、月々の契約であるためにいつでもプランの見直しが行える事、またMNPが可能であるなど、魅力的な要素を多数兼ね備えたサービスです。

ですが弱点もあり、例えばキャリアメールがないという事や、大手キャリアで実施されているような電話料金の割引サービスもありませんし、LINEを利用する際にID検索が行えないといった不便な点もあります。




みおふぉん(IIJmio)の弱点

中でも電話料金の割引サービスがないというのは、電話の使い方によっては逆に月額料金が割高になってしまう可能性もあり、みおふぉんのようなサービスの利用を懸念されている方もひょっとするとおられるかもしれません。

今回のミーティングでは、まず「電話料金の割引サービスがない」という弱点を何とかしようという事で、まず家族や親しい知人との通話を無料にするという事、またそれ以外の人との通話についても、無料は無理でも安い料金で通話しようという2通りの節約術をあげられました。

というわけで次項より、それらを実現する方法について具体的に述べていきます。
みおふぉんのようなサービスに限らず、大手キャリアと契約を行ったスマートフォンなどでも実行できる内容です。



家族・知り合いとの通話料金を節約する方法

まず、家族や親しい知り合いとの通話料金を節約する方法について。
方法というまでもありませんが、家族間についてはLINEのような無料通話アプリを利用すればよいのでは?との事。

ただ、LINEで通話を利用するには友達登録が必要であり、友達登録を行うにはID検索を行う必要がありますが、みおふぉんを利用する環境ではID検索を行う事ができません。

しかし、QRコードを使えば友達登録が行えるため、家族など親しい間柄ではこの方法で友達登録を行い、LINEを利用すればよいでしょう。

なお、LINEで無料通話が行えるのはスマートフォン同士であるため、ガラケーユーザーの通話料節約については次項の方法を利用してください。





LINEでID検索を使わずに友達登録をする方法



上記以外の人との通話料金を節約する方法

次に、家族や親しい知人以外との通話料金を節約する方法については、通話料金無料にはなりませんが、通話料金を安くするアプリを使用するのがおすすめとの事。

今回は「楽天でんわ」と「LaLa Call」をご紹介頂きましたので、ここでもご紹介いたします。

例えば みおふぉんで普通に電話をすると、固定電話および携帯電話との通話が30秒で20円かかりますが、楽天でんわだと月額使用料は0円で、固定・携帯共に30秒10円の通話料金に、またLaLa Callを使うと月額料金は100円かかりますが、固定電話の通話料が3分8円で携帯電話の場合は1分18円と、さらに安くなります。

各サービスの特徴や申込み、使い方については次項をご覧ください。


【補足: 楽天でんわ 期間限定で3分0円プランを受付中】

2014年10月27日現在、楽天でんわでは期間限定・先着5万名限定で、3分未満の通話が無料となる「3分0円プラン」を受付中です。3分を超えた分については30秒20円と普通にかかってしまいますが、3分も通話しないという方が大半ではないかと思いますので、非常にお得。

なお、このプランを選択できるのは新規契約時のみとなります。詳細については楽天でんわのサービスページにてご確認ください。(アクセスするタイミングによっては既に終了している可能性もあります)




各サービスの価格について



楽天でんわの特徴・申し込み方法

まず楽天でんわの特徴について。
楽天でんわはフュージョンコミュニケーションズ社が提供するサービスで、基本料金は無料、電話料金は30秒10円。利用にはクレジットカードが必要となります。

IIJmioとは異なるサービスであるため、請求が別となっており、月々IIJmioの料金請求とは別に、楽天でんわの通話料金分がフュージョンコミュニケーションズからクレジットカードで請求されます。

楽天でんわの良い所は現在の電話番号をそのまま使えるという所、またMNPで転入した番号もそのまま使える為、利用時の不便がありません。


申し込みについては、楽天会員でなくても契約は可能。
ただ、楽天会員IDを使って契約すると、利用料金に応じて楽天スーパーポイントが溜まるため、できれば会員登録をした方がお得です。

楽天でんわ(別ウィンドウが開きます)の利用登録を行う
・登録を済ませたら、楽天でんわアプリをスマホにインストール
・インストールした楽天でんわのアイコンより電話を行うと、通話料金の割引が適用される

アプリ利用の際、本体に登録してある電話帳はそのまま利用可能です。
通常の電話アプリとは若干画面の様子が異なるものの わかりやすいUIであり、これまでの電話と同じように利用できます。





楽天でんわの概要と利用手順



LaLa Callの特徴・申し込み方法

続いて、LaLa Callの特徴について。
LaLa Callはケイ・オプティコム社が提供するサービスで、月額料金は100円かかりますが、通話料が固定電話だと3分8円、携帯電話では1分18円と非常に安価。

契約にはやはりクレジットカードが必要です。楽天でんわと同じく、通話料金の請求はIIJmioとは別にケイ・オプティコム社から請求されます。

このサービスの注意点は、既存の電話番号とは別に新しい電話番号が発行されるという点。

発行された新しい番号を利用すると、通話料金の割引が適用される仕組みとなっているのですが、通話相手には既存の電話番号ではなく、新しく発行された050から始まる番号が通知されるため、相手側には誰からかかってきたのかをわかってもらえない可能性があります。

私自身もそうなのですが、相手がわからない番号には出ない事が多いです。ですので、既存の電話番号を利用できないのはちょっと不便な感じもするのですが、予め番号を伝えておくなどの対策で乗り切れると思います。

ちなみにLaLa Callと契約していても、みおふぉんの番号を利用する事はもちろん可能。相手が自分の番号(LaLa Callの番号)を知らなくても、みおふぉんのの番号で電話を受ける事ができます。


申し込みについては、LaLa Callのサービスページから行います。
上にも書いた通り、契約にはクレジットカードが必要です。

LaLa Call(別ウィンドウが開きます)の利用登録を行う
・申し込んだらLaLa Callアプリをインストール。
・インストールした後、LaLa Callのアイコンより電話を行うと料金の割引が行われる

こちらも楽天でんわと同様、本体の電話帳をそのまま利用可能です。





LaLa Callの概要と利用手順



各サービス毎の違い・比較 どちらを使えばよいのか?

ここまでLINE、楽天でんわ、LaLa Callと別々にご紹介しましたが、それでも何を選べばよいのかわからないという方のために、一体どれを選べばよいのか?という点についてもわかりやすくご解説頂きました。

大まかにいうと、これらのサービスの違いは料金と音質なのだそうで、料金についてはこれまでにもご紹介した通りの内容。音質については、各サービスで採用する通信方式が異なる為に通話音質が異なってくるのだとか。



料金体系の比較

基本料金 固定電話通話料 携帯電話通話料
みおふぉん プランによる 20円/30秒 20円/30秒
楽天でんわ 0円/月 10円/30秒 10円/30秒
LaLa Call 100円/月 8円/3分 18円/1分

※LINEは無料通話が可能なアプリです。

料金については、電話の頻度や通話時間などによって最適なサービスは異なります。

例えば、長電話が多い方はLaLa Callがお得ですが、電話自体をあまり使用しないという場合は、基本料金が無料の楽天でんわがお得といった具合に、電話の使い方によって変わってきます。




通話音質の比較デモ

音質については、実際にそれぞれのアプリの音質を聞き比べる機会は中々ないだろうとの事で、スマホの音声入力端子より音声を流し、各サービスの通話音質を比較するというデモが行われました。



2つの端末を利用し、各サービスの音質の違いを確認するデモを実施

ちなみに、最初はテレビCM(IIJの)の音声を利用して音質の比較を行いましたが、イベント会場である本社の電波状態が良い事もあってか、音質に大きな差は出ず。

それならと、もう少し厳密な比較が行えるであろう メトロノームのアプリを利用して再度比較したところ、使用するアプリよって、若干の音声再生のずれが確認されました。

やはり本社の電波状態が良い為、極端に大きな差は見られませんでしたが、電波の状態が悪い場所など環境によっては結構大きなずれが見られることもあるのだそう。


このような差が出る理由としては、サービス毎に採用されている通信方式の違いがあげられるのだとか。

通常の携帯電話や楽天でんわは音声通話(回線交換)を利用しているため、データが届くまでの遅延時間の揺らぎが小さいという特徴があり、音声が相手側ですぐに再生されるような仕組みとなっています。

一方でLaLa CallやLINE無料通話はパケット通信を利用してるため、環境によってはデータが届くまでの遅延時間が大きく(※)、場合によっては音声が途切れたり引っかかってしまったりする事があるのだそうで、デモで見られたようなタイミングのずれが発生するのだそうです。

※ある程度データを溜めてから再生するため、少し遅れて音声が届く


今回の実験は、比較的電波状態が良い環境で行ったため、あまり大きな差を感じる事はありませんでしたが、LaLa CallやLINEのようなIP電話は環境によっては使い辛くなる可能性があります。

ですが、楽天でんわのような回線交換は比較的通話音質が安定しており、電話をよく利用する場所の電波状態が悪い場合や、例えばビジネス利用などで常に安定した通話を望むのなら「楽天でんわ」のようなサービスを利用するのが望ましいと言えます。




メトロノームのアプリを利用して音質を確認 サービスによっては音声の再生に遅延が見られた


通話に利用する通信方式の違いについて解説したスライド



電話料金節約術 まとめ

IIJmio meeting 5でお聞きした電話料金節約術については以上となります。
最後にまとめると・・

・家族に関してはLINEのような無料アプリを使う
・それ以外の人とは通話割引サービスを使う 楽天でんわなら半額、LaLa Callを使うとさらに安くなる


また、各サービスの特徴について簡単にまとめると・・

・楽天でんわは基本料金もなく、既存の電話番号をそのまま使え、音質も良いなどノーリスク
・LaLa Callは通話料金は安いが基本料金がかかる、既存の電話番号を使えない、音質が若干低い
・LINEは無料だが音質が若干低い、友達登録にID検索を使えないため、人によっては利用は難しい

途中でも述べた通り、料金体系は電話の利用頻度や通話時間などによって適したものが異なりますので、どこが良い悪いとは一概に言えません。

一方で音質については、我慢できるかできないかがポイントだと最後に締められていました。

私自身については通話回数も時間も長くはない事、また既存の電話番号を使えるという点で、最も利用するメリットが大きいのは楽天でんわだと思います。






IIJmio meeting 5の「みおふぉん教室:電話料金節約術」にて、お聞きした内容については以上となります。

IIJmio meeting自体は上記の内容だけではなく、他にもマーケティング担当の方によるセッション「IIJmioをご利用いただいている人はどんな人?」や、IIJのネットワークサービス本部 技術開発課所属の方による技術的なセッション「MVNOとGPSについて」、また参加者からの質問を募るフリートークなど、非常に中身の濃い内容でした。

セッションの詳しい内容については、こちらからもご覧いただけますので、興味をお持ちの方はご覧になってみて下さい。




フリートークの様子


参加者にはIIJmioのロゴ入りクッキーが配られた

実は今回、非常に参加者が多くなってしまったためにロゴ入りクッキーが足りず、代わりに子猫と子犬のサブレが配られたという方もいたのだとか・・

Japan Travel SIM(訪日外国人向けのプリペイドSIM)に使われている折り紙や、楽天でんわ通話料が1000円分無料となるクーポン等も参加者全員に配られました。

他、スマートフォンが当たる抽選も実施されるなど、かなり奮発した内容です。




展示物

IIJmioのサービス紹介記事や、訪日外国人向けのプリペイドSIM「Japan Travel SIM powered by IIJmio」のパッケージなどが展示されていました。




訪日外国人向けのプリペイドSIM「Japan Travel SIM powered by IIJmio」のパッケージ 美しいデザイン




LaLa Callや楽天でんわの体験が行えるコーナー