Amazonから提供されているプライベートブランド「AmazonBasics(Amazonベーシック)」のBluetoothスピーカーを購入したので、その使用感等をレビューします。

スピーカーを購入したのは、これまで使っていたスピーカーやアンプが大きくて邪魔だったのと、マンションに住んでいるため、余り音量を上げられず不満があったと言うのが主な理由。(自宅のマンションは壁は比較的厚く音を通さないのですが、床に設置しているアンプの重低音の響きと振動等が煩くないか気になっていました。音量を下げても多少は響いてしまうのです。)

なので少し前から、量販店などでコンパクトなBluetoothスピーカーを色々と見ていたのですが、余りに安っぽいものは嫌ですし、かといってBOSEなどの高品質なスピーカーを買いたいという程でもなく・・

そんな時、AmazonBasics(Amazonベーシック)のBluetoothスピーカーが結構人気だと聞き、安かったのでちょっと不安はありましたが購入してみました。

というわけで以下、製品の詳細と使用した感想です。

Amazonベーシック Bluetoothスピーカー の製品ページをお探しの方はこちら

【Amazonベーシック Bluetoothスピーカー(B00EHZYWGM) レビュー記事目次】

Amazonベーシック Bluetoothスピーカーの外観とインターフェース

重量の実測値

使い方

製品の感想・まとめ


Amazonベーシック Bluetoothスピーカーの外観とインターフェース

まずは、Amazonベーシック Bluetoothスピーカーの外観とインターフェースの内容を確認します。

といっても、さほど見る所はありません。
冒頭に掲載の写真を見ての通り、非常にシンプルなデザイン・作りです。

なお、Amazonで製品を購入すると、時に中の製品サイズに全く合っていない巨大なパッケージで送られてきて驚く事がありますが、この製品の箱のサイズは普通でした。


箱の中身はスピーカー本体とUSBケーブル、説明書とシンプル。

USBケーブルはPCからの充電に利用します。
電源アダプターなどは付属していませんので、PCではなく電源プラグから直接充電したい場合は別途アダプターが必要となります。(Android用の電源アダプターなどが利用できるのではないかと思います。)





スピーカーに搭載されている端子類の内容をチェックします。

スピーカーの上部。
ボタンが5つと、LEDランプが並びます。

ボタンの機能は左から「曲戻し」「音量ダウン」「機能ボタン」「音量アップ」「曲送り」。

機能ボタンは、機器のペアリングを行ったり、既にペアリング設定を行った機器と再接続時等に利用します。その他、スピーカーフォンとしても利用可能です。



スピーカーの右側面。
上から電源オンオフボタン、充電ポート、外部入力端子が搭載されています。

充電ポートには、付属のUSBケーブルを利用します。

あと、本製品は基本的にBluetooth接続で利用される方が大半だと思いますが、Bluetoothに対応しない機器でも、ステレオケーブルを用いる事でスピーカーを利用可能です。

なお、ステレオケーブルは製品には付属しません。



スピーカー前面。
メッシュ状のパネルの内部にステレオスピーカーユニットが搭載されています。

スピーカーの他、マイクも内蔵されているそうで、先にも書いたようにスピーカーフォンとして利用する事も可能です。



スピーカー背面。
背面にはパッシブラジエーターが搭載されています。

このパッシブラジエーターは小型スピーカーの音質を改善するために採用されているもので、前面のスピーカーの振動を背面にあるスピーカーに伝える事により、低音を増強する効果があるのだとか。




スピーカー底面。
4角に本体を支える足と、中央付近にAmazonBasicsのシールが張られています。



重量の実測値

Amazonベーシック Bluetoothスピーカーの重量を測定してみました。

スピーカ―本体の重量は473g。
473gというと、重めの7~8インチAndoroidタブレット位の重さでしょうか。十分軽量です。

私自身は屋内で利用するために購入しましたが、これだけ軽ければ、例えば出張先や旅行先に持っていて利用する方もおられるでしょう。屋内限定の利用であっても、持ち運びできると何かと便利です。




片手で軽々持てる重さ・形状



使い方

使い方を解説します。
といっても、解説するほどの複雑な機能はない為、説明書を見なくても直感的に操作が行えると思います。

【本製品でできること】

・ペアリングした機器の音声を再生
・スピーカーフォンとして利用可能


まず最初に、機器とのペアリングを行います。

スピーカー上部にある中央の機能ボタンを押すとビープ音が鳴り、LEDランプが点灯しますので、機器側でBluetoothの設定を開いて表示されている「Amazon_BT1」を選択・接続してください。上手くペアリングが行えた場合、再度ビープ音が鳴ります。

なお、複数の機器とペアリングを行えますが、利用できるのは一度に一機のみとなります。




Androidタブレットと接続


iPhone 5と接続

ペアリング後は、機器の音楽や動画などの音声がスピーカーから再生されます。
音量調整や曲戻し・曲戻し、ストップの操作は機器側はもちろんですが、スピーカー側からも行えますので、スピーカーのみ持って部屋を移動などという事も可能です。(Bluetoothの電波の届く範囲で)

また、しばらく使用しないでいると(5分間ペアリングされない状態だと)勝手に接続が切れ、スピーカーの電源が切れます。シャットダウンの際にもビープ音が鳴るのですが、このビープ音が結構煩いと感じます。

再接続はスピーカーと機器の電源をオンにするだけで、勝手に行われます。非常にスムーズな使用感です。

スピーカーフォンに関しては、実際に使用していないので何とも言えませんが、スピーカー側で電話を受けたり切ったりする事ができるので、スマートフォン等が手元になくてもかかってきた電話の応対が可能です。着信拒否にしたい場合は、上部中央の「機能ボタン」を長押しすればOK。

なお、本製品はBluetooth4.0対応となっているようで、それ以外の場合、スピーカー側のボタンで操作が行えないなど、出来ない操作があるようです。



その他、iPhone 5ではスピーカー接続時、スピーカーのバッテリ残量を示すインジケーターが表示されるようです。インジケーターの表示は機器によるようです。


バッテリインジケーター

バッテリ駆動時間の公称値は8時間程度だという事ですが、測定していないので正確な時間は今の所わかりません。とはいえ、正確には測定していないものの、使っていてバッテリはかなり持つ印象です。

なお、Amadonの製品ページに記載のレビューでは、公称値通り8時間利用できるという意見があるようです。



Amazonベーシック Bluetoothスピーカーの使用感・まとめ

Amazonベーシック Bluetoothスピーカーについては以上となります。
製品の特徴や使用感等をまとめると・・

・コンパクトで場所を取らず持ち運びがしやすい
・直感的に操作が行えるシンプルなインターフェースと外観
・音は小型のスピーカーの割に中々良い
・バッテリは結構持つ
・リーズナブルな価格

・電源オン時や接続時のビープ音が大きくて煩い(音量調整不可のよう)
・スピーカーのバッテリの残量は接続する機器により、わかるものとわからないものがある

良い点に関しては上に記載の通りです。
低音もちゃんと出ており想像していたよりも音は良いです。サイズや値段を考えると十分な性能ではないかと思います。

気になるのが、機器接続時や電源オフ時に必ず鳴る大きなビープ音。
音量の調整ができるのならまだしも、ビープ音は音量調整などが行えないようで、スピーカーの音量を小さくしていても結構大きな音で鳴ります。この音量調整が行えると良かったです。

あと、スピーカーのバッテリ残量が接続する機器によって確認できるものとそうでないものがあり、モバイル利用される方はバッテリの残量がわからないと不便な場面もあるのではと思います。

私自身は、常にPCの側に置いての利用が大半ですので、特に問題はありません。


・・という具合に気になる部分はいくつかあるものの、総合的には満足しています。

スピーカーはピンからキリまでお値段色々で、音質を追求するのなら価格はもちろんですが、部屋などの設置する環境も考慮しなくてはならなく、考え始めるとキリがありません。私自身はある程度の音質は欲しいものの、細かい所にはあまり拘っていないため、音楽を聴く位であれば本製品でも十分すぎるくらい。

同じように、程々の価格で程々に音質の良いスピーカーをお探しの方や、外出や旅行時などに持ち運ぶポータブルスピーカーが欲しいという方にお勧めできる製品だと思います。