2011年11月23日(水)の「第3回ThinkPad大和魂ミーティング」で見てきたThinkPad Tabletです。

イベントでは合間合間に休憩が設けられていたので、
製品を触ったり社員の方に話を聞く時間が結構ありました。

今回はミニレビューという事で、製品の特徴などを簡単に掲載してみたいと思います。





ThinkPad Tablet のインターフェースです。

ThinkPad Tablet の左側面には、音量とデジタイザーペン。

ちなみに、タブレットは縦横自由に使えるのでどっちが上下左右なのかわかりませんが、
とりあえず専用のキーボードに取り付けた際に下に来る部分を「下部」としています。



このペン、使い心地がかなり快適です。



Notes Mobileというメモのアプリケーションで色々書いて見ました。
筆圧によって線の太さなども変える事ができるなど、かなり細かくかけます。

なお、デジタイザーペンを用意した理由としては、
ビジネスと一口に言っても様々な場面がありますが、例えば工事現場での利用や、
医療に従事されている方などは素手で画面に触れない事もあるからだそうです。



ThinkPad Tablet の下部。
右端にスライドカバーがついたUSB2.0ポートが搭載されています。



ThinkPad Tablet の右側面。
左からSDメモリーカードスロット(カバー内側)、SIMスロット(カバー内側)、
Micro USB、Mini-HDMI出力、マイク入力・ヘッドフォン出力のコンボ。

SIMスロットは日本のモデルでは現在は使えません。

といっても、2011年11月24日に行なわれる発表で、
SIMフリーの3Gモデルが登場するとイベント最後の方で告知がありました。



上側面には電源ボタン。



ThinkPad Tablet の画面。
10.1型ワイド(1280×800/6点のマルチタッチパネル)のIPS液晶を搭載しています。

液晶にはゴリラガラスが採用されており、非常に頑丈です。



液晶の角には200万画素のカメラを搭載。



背面。
ThinkPad ならではの質感を持つ素材が採用されています。

背面には500万画素のカメラを搭載しています。



オプションの「ThinkPad Tabletキーボード・フォリオ・ケース」に取り付けてみました。



ケースへは、本体下部に搭載されたUSB2.0を利用して接続します。
つけるのも取り外しもかなり手軽です。



タブレットは傾斜を3段階に調節することが出来るようになっています。



キーボードの中心にはトラックポイント・・ではなく、光学式のポインターを搭載。
指でなぞる事でカーソルを移動させたりする事が出来るようになっています。

キーボードがかなり薄い為、通常のトラックポイントは付けられないのだそうです。



カバーを閉じて持ってみました。
これで大体1.5kg程度になるとの事。

これだと通常のノートPCと変わりません。
ただ、キーボードがあるのとないのとでは、入力時の操作性がかなり違います。





という感じで、他にも載せることはあるのですが、
とりあえず3G版が発表されると言うことで先に載せてみました。

後々の記事で、また詳しく掲載して行きたいと思います。

なお繰り返しとなりますが、本日2011年11月24日(木)に
ThinkPad Tablet 3Gモデルが発表され、ウェブにて11月25日(金)より発売開始されます。

SIMフリー版となるなど、人によっては嬉しい製品となるのではないかと思います。

ただ予定は変更される可能性もありますので、
正確な情報は公式サイトでご覧下さい。

【ThinkPad Tablet のレビュー記事】
ThinkPad Tablet を使う(ミニレビュー) 3Gモデル発表&SIMフリー版とか・・ (現在の記事)

【第3回ThinkPad大和魂ミーティング のレビュー記事】
行って来ました「第3回ThinkPad大和魂ミーティング」 まずは前半(その1)