前記事(m-Book T シリーズレビュー GTX 960M搭載で税別10万円を切るリーズナブルな15.6型ノート)に続き、今回は m-Book T シリーズの構成特徴や性能面について。

掲載の m-Book Tシリーズは、Windows 8.1、Core i7-4710MQ、メモリ16GB、GeForce GTX 960M(2GB)、500GB SSDを搭載する「MB-T710X-SSD」という型番のモデル。

大容量メモリやSSDを基本構成で搭載する、m-Book T シリーズの中では最上位にあたるマシンです。
もちろん他にも様々な構成が提供されており、それぞれのモデルでカスタマイズを行う事が可能となっています。

GTX 960Mを搭載するノートPCには比較的低価格なものが多いですが、m-Book T シリーズはその中でも特に価格が安く、同じ構成でもできるだけコストパフォーマンスをの高いモデルを・・とお考えの方に向いていると言えるでしょう。

今回は、そんなm-Book Tシリーズの構成特徴や実際の性能について詳しく触れてみたいと思います。

【m-Book T シリーズ(GTX 960M) レビュー記事目次】

・m-Book T シリーズ 筐体外観・操作性・液晶について
外観・インターフェースキーボードの操作性筺体底面内部液晶の品質付属品

・構成内容と特徴・ベンチマークテストの結果
構成と特徴ベンチマーク結果消費電力・温度再起動にかかる時間バッテリ駆動時間

・標準搭載されているソフトウェアの内容
プリインストール・ソフトウェアの内容

・製品のまとめ
m-Book T シリーズ(GTX 960M) まとめ

※掲載製品は メーカー様よりお貸出しいただいたものとなります。


m-Book T シリーズ 構成内容とその特徴について

まず、掲載しているm-Book T シリーズの構成内容とその特徴について解説します。

【CPU-Z】





【GPU-Z】

【m-Book T シリーズ(MB-T710X-SSD) の主な構成】

OS   Windows 8.1 Update 64bit
プロセッサ   Core i7-4710MQ(2.50GHz/TB時最大3.50GHz)
チップセット   インテル HM86 Express
グラフィックス   NVIDIA GeForce GTX960M(2GB)/HD グラフィックス 4600
メモリ   16GB(8GB×2/PC3-12800 DDR3L SODIMM/最大16GB/スロット数2)
ストレージ   500GB SSD(Crucial製)
光学ドライブ   DVDスーパーマルチドライブ
ディスプレイ   15.6型フルHD(1920×1080)、非光沢
無線機能   IEEE 802.11 b/g/n、Bluetooth v4.0
バッテリ   公称の駆動時間:約5.4時間
サイズ   376×252×34.9(幅×奥行き×高さ/mm)
重量   約2.6kg
保証期間   1年間無償保証・24時間×365日電話サポート

※記事に記載の仕様や解説等は、記事を作成した2015年04月23日時点のものです。

Windows 8.1、Core i7-4710MQ、メモリ16GB、GeForce GTX960M(2GB)、500GB SSDを搭載するモデルです。

本シリーズの最大の特徴は、GeForce GTX960Mを標準搭載しているという部分で、その他CPUやメモリ、ストレージなどの構成はカスタマイズが可能。掲載製品はCore i7や大容量のメモリ、SSDを搭載する最上位構成のモデルとなります。

内容が内容だけにとても使用感が良く、予算に余裕があるのならぜひ選択したい構成です。といっても現時点で139,800円 (税別)と、ゲーム系のノートとしては高いという程ではなく、比較的手の届きやすい価格だと思います。

一方で、最小構成のモデルには GTX960Mをはじめ、Core i5やメモリ8GB、500GB HDDが搭載されており、価格は99,800円 (税別)。

ストレージがHDDという時点で、使用感は今回の製品に比べて劣ると思われますが、グラフィックスには同じようにGTX960Mが搭載されており、グラフィックス性能に関しては上位モデルと変わりません。少し値段は上がりますが、ストレージをSSDにカスタマイズすればかなり使い勝手が良くなるだろうという事を思うと、価格は安いです。

冒頭でも述べた通り、GTX960Mはコストパフォーマンスの高いGPUであり、このモデルを搭載したノートは、その性能の割に低価格なものが多いです。

ですが本製品のように10万円(税抜)以下の価格を実現している製品は珍しく、性能の高いゲーミングノートが欲しい、けれど予算には余裕がないというユーザーに最適なモデルだと言えるでしょう。



搭載されているストレージの内容を確認します。


SSDの詳細


ディスクの内訳

Crucial MX100シリーズの「CT512MX100SSD1」という500GB SSDが搭載されていました。
7mm厚、SATA 3.0対応の2.5インチSSDで、読み書き共に高速。快適に作業が行えると思います。

2015年4月23日時点のカスタマイズでは、1TB SSDの選択も可能なようです。
また上記SSDとは別に、mSATA SSDの搭載も可能です。



ベンチマークテストの結果

以下、掲載しているm-Book T シリーズで行ったベンチマークテストの結果です。

なお各テストは、NVIDIA コントロールパネルにて 3D設定を「高パフォーマンスNVIDIAプロセッサ」に設定した状態で実行しています。


【Win エクスペリエンス・インデックス】

プロセッサ 8.1
メモリ 8.1
グラフィックス 5.9
ゲーム用グラフィックス 5.7
プライマリ ハードディスク 8.15

※WinSAT.exeの実行によってスコアを取得しています。


【CrystalDiskMark】

Seq 478.1464.1
512K 405.1425.4
4K 24.2598.91
4K QD32 347.1357.2

数値は左がRead、右がWrite/上記はランダムの値


【3DMark】


3DMark 実行したテストのスコア


Fire Strikeのスコア詳細

Sky Diver・・・ 11172
Fire Strike・・・ 3923


【モンスターハンターフロンティア 大討伐】

1280×720 ・・・ 16087~16140
1920×1080 ・・・ 8216~8245


【ファンタシースターオンライン2 ver. 2.0】

1280×720(描画設定3) ・・・ 20250
1920×1080(描画設定3) ・・・ 20284
1920×1080(描画設定5) ・・・ 12497

~2000 処理負荷によっては動作が重くなる
2001~5000 標準的な動作が見込める
5001~ 快適に動作


【BIOHAZARD 6】

1280×720 ・・・ SCORE:10211 / RANK:S
1920×1080 ・・・ SCORE:6006 / RANK:S


【FINAL FANTASY XIV 新生エオルゼア キャラクター編】




1280×720(高品質/ノートPC) ・・・ SCORE:13295 / 評価:非常に快適
1920×1080(高品質/ノートPC) ・・・ SCORE:7940 / 評価:非常に快適
1280×720(最高品質) ・・・ SCORE:10597 / 評価:非常に快適
1920×1080(最高品質) ・・・ SCORE:5953 / 評価:とても快適


【ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族】


1280×720(標準品質) ・・・ スコア:15291 / 評価:すごく快適
1920×1080(標準品質) ・・・ スコア:13263 / 評価:すごく快適
1280×720(最高品質) ・・・ スコア:14680 / 評価:すごく快適
1920×1080(最高品質) ・・・ スコア:11683 / 評価:すごく快適


【CINEBENCH】

OpenGL ・・・ 78.95fps
CPU ・・・ 424cb


グラフィック性能はかなり高め。
大抵のベンチマークテストで高いスコアが出ています。

比較的新しい負荷高めのゲームを快適にプレイする場合、やや低めの描画設定にする必要がありますが、設定を調整すれば殆どのゲームで快適に遊べるであろう高い性能を持ちあわせています。

解像度や画質を追求すればキリがありませんが、そこまでの性能を必要としないゲームユーザーも多いと思います。高めの画質で遊べれば良いという方には、非常にコストパフォーマンスに優れたゲーミングノートだと言えるでしょう。



消費電力・温度

GTX 960Mを搭載する m-Book T シリーズの消費電力を測定。
以下はアイドル時、ベンチマーク(BIOHAZARD 6)実行時の消費電力測定値です。

画面の輝度は50%に設定しています。

アイドル時 ・・・ 17W
ベンチマーク実行時 ・・・ 102W

※実際の値は若干上下する為、平均と思われる値を掲載しています

アイドル時の消費電力はやや低め。
高負荷時は低消費電力ではないですが、ハイエンドGPUを搭載するノートなどに比べると消費電力は低いです。




次に、m-Book T シリーズの筐体内のパーツ温度を測定。
以下はアイドル時、ベンチマーク実行時(BIOHAZARD 6を20分以上実行)のパーツ温度です。

高負荷な状態が続くと、やや高めの温度となるようです。




さらに、高負荷時のキーボード表面の温度を測定してみました。

左側にCPUやGPUなど発熱の大きいパーツを搭載し、冷却ファンなどを設置しているためか、キーボード左下側が熱くなりやすいです。

パームレスト付近は文字入力時やキーボードでゲームを操作する場合、手を置きっぱなしにしている事が多い場所なので、長時間利用する場合だとちょっと気になります。

排気口付近も熱くなりやすいので、物などを置かないように注意した方が良いでしょう。



再起動(起動&シャットダウン)にかかる時間

PassMark Rebooterを利用し、m-Book Tの再起動にかかる時間を測定してみました。
以下は10回の再起動測定時間と、その平均値です。

1回目 0:32
2回目 0:31
3回目 0:32
4回目 0:30
5回目 0:32
6回目 0:31
7回目 0:32
8回目 0:31
9回目 0:32
10回目 0:32

再起動(起動&シャットダウン)の平均時間 ・・・ 31秒

m-Book T シリーズの再起動にかかる平均時間は31秒。
SSDを搭載するPCでは再起動に30~40秒程度かかる事が多く、本製品の再起動にかかる時間はSSD搭載PCのなかでも早い方だと言えるでしょう。

使用感に拘るのなら、SSDの搭載がお勧めです。
ただし、今回と同じ構成を選択した場合に、上記と全く同じSSDが搭載されるとは限りませんのでご注意ください。



バッテリ駆動時間

m-Book T シリーズのバッテリ駆動時間を測定してみました。
測定に使用したソフトウェアはbbench、設定はストロークの実行が10秒毎、ネットへのアクセス(ブラウザで新規ページを開く)が60秒毎という内容です。

画面の輝度は50%に、Optimusは「自動選択」に設定しています。


バッテリの電力残量が100%から5%になるまでの時間は15248秒。
約4.2(4.235555..)時間ものバッテリ駆動が可能という結果です。

バッテリの持ちは良くはありませんが、電源に繋ぎっぱなしで利用する方が大半だと思いますので問題はないでしょう。



プリインストール・ソフトウェアの内容

m-Book T シリーズにプリインストールされているソフトウェアの内容をご紹介します。

以下、デスクトップやスタート画面、アプリ一覧画面のキャプチャ画像です。
製品の購入時期や選択するオプションの内容によっては、以下とは異なる可能性があります。




デスクトップ画面


スタート画面(モダンUI)



アプリ一覧画面

プリインストールされているソフトウェアはWindows 8.1標準のソフトに加え、CyberLink製の各種ソフトウェアや、グラフィック関連の設定を行える「NVIDIA コントロールパネル」、セキュリティソフトの「マカフィー インターネットセキュリティ」、Windowsのロックダウン機能の設定を行える「Embedded Lockdown Manager」、オーディオユーティリティの「Realtek HD オーディオマネージャ」という内容です。

上記はデスクトップ向けのソフトウェアで、ストアアプリにも「NAVITIME」や「Yahoo!天気・災害」、「hulu」、「ムビチケ」、「HOT PEPPER グルメ」他、幾つかの標準ではないアプリが搭載されているといった状態です。

CyberLink製のソフトウェアの内容については、ラべル制作の「LabelPrint」、ライティングソフト「Power2Go」、動画変換ソフト「MediaShow」、再生ソフト「PowerDVD」、バックアップソフト「PowerBackup」、動画編集ソフト「PowerDirector」、写真編集ソフト「PhotoDirector」が搭載されており、とりあえず標準ソフトで一通りの事が行えるようです。

その他、本製品にはオンラインバックアップサービスのAOSBOX Coolを90日間無料で体験できるという特典が付属しており、登録や設定を行う事で利用する事ができます。




CyberLink Media Suite 搭載されているCyberLinkソフトの各機能にアクセスできる


AOSBOX for mouse AOSBOX Coolを90日間無料で利用できる



m-Book T シリーズ(GTX 960M) まとめ

m-Book T シリーズのレビューは以上となります。
最後にまとめると・・

・GeForce GTX960M(2GB)を標準搭載
・15.6型フルHDの非光沢液晶を採用
・GTX960M搭載のノートとしては低価格(下位構成は10万円以下/税抜・2015年4月23日時点)

・キーボードの一部がやや熱くなりやすい

GeForce GTX960M(2GB)を標準搭載する高性能なノートPCです。

GTX960Mはコストパフォーマンスの高いGPUであり、このGPUを搭載する製品は性能の割に価格が安い傾向にありますが、掲載のm-Book T シリーズは GTX960Mを搭載するノートのなかでも特にリーズナブルであり、GTX960M搭載のPCをできるだけ安く買いたいという方におすすめ。

Core i5を搭載する最小構成のモデルでは10万円以下(税抜)という価格を実現しており、コストパフォーマンスは高いです。

使用感については、ディスプレイには15.6型フルHDの非光沢液晶を採用しており、ゲームのプレイはもちろん、日常作業や写真・動画の編集などといった様々な作業が行いやすいです。テンキーを搭載しており、テンキーをよく利用するという方にも使いやすいと思います。

高負荷な状態が続くとややキーボードが熱くなりやすい所は少し気になりますが、総合的な操作性は悪くなく、この価格帯の高性能ノートとしては概ね満足できる内容だと言えるでしょう。

価格を抑えながらも 高い性能を持つノートPCをお探しの方には、選択肢の一つとして検討する価値のある製品だと思います。