Alienware X51の特徴や使用感等、実際に使ってみて感じた内容をまとめてみました。

外観や機能、細かい性能等については過去の記事をご参照ください。

今回の製品はゲーミングPCにしては非常に小さく、
スペースに余裕がない方やインテリアを気にされる方にもよいです。

下位モデルなどは、ゲームはたまにしかしないけど
エイリアンデザインが結構気に入っている・・という方にも手頃で買いやすい製品だと思います。

製品に興味をお持ちの方は是非記事をご覧下さい。



【Alienware X51 長所】

【長所】

・ゲーミングPCとしては非常にコンパクト
・コンパクトでありながら高性能
・デザインが洗練されており、インテリアになじみやすい
・Alienwareシリーズではリーズナブルな価格


Alienware X51で大きな長所として挙げられる事柄の一つが、コンパクトさ。

縦置き時での筐体サイズが幅95mm、奥行き318mm、高さ343mmと家庭用のゲーム機並みのサイズを実現しており、
スペースに余裕がない場所への設置や、ラックなどへの設置も容易に行うことが出来ます。


家庭用ゲーム機とAlienware X51の比較

スリムでコンパクトなデスクトップPCは珍しくはありませんが、
ゲーム向けのデスクトップPCでこのサイズは見かけません。

スペースの問題でゲーム向けのデスクトップPCの導入を敬遠される方もおられると思いますが、
Alienware X51のサイズであればそのような事を気にする必要はありません。





一方で、気になるのは性能面。
これだけコンパクトな筐体ですから、発熱しやすいパーツを搭載することは難しいです。

ですが、今回のAlienware X51にはCore i7-3770やGeForce GTX 660など、
筐体のサイズから可能だと考えられる以上のパーツを詰め込んでいます。

そうなると発熱が気になりますが、高負荷時にも筐体内の温度はそれ程大きく上昇はせず・・
冷却構造も非常によく考えられているようです。

いうまでもなく、高性能なパーツを搭載したマシンの性能は高く、
今回の構成では、高負荷なPCゲームでもプレイが可能です。


モンスターハンターフロンティア 大討伐 1920×1080

なお、このAlienware X51は2012年春に出た当時はプロセッサはSandyBridge、
グラフィックスは最大でGTX 555が搭載可能という仕様でした。

それが夏前にはIvyBridgeが導入され、さらに秋頃にはGTX 660が選択可能となるなど大幅な性能アップを遂げています。

当初の構成では、高負荷な最新のPCゲームはある程度設定を軽くして行う必要があったのではないかと思うのですが、
現在は最上位モデルの構成であれば負荷の高いゲームでも妥協無くプレイが可能になりました。

より性能を追求したい場合や、拡張性を求める場合はAlienware Auroraなどの大きなマシンを選ばれるのだと思いますが、
そこまでパフォーマンスが必要かというとそうでもない、というユーザーも少なくないでしょう。

わざわざ大きな筐体のゲーミングデスクトップPCを買わなくとも、
より負荷の高いゲームを快適にプレイできるようになったAlienware X51で十分・・
と考えられる方も多いのではないでしょうか。





あと、コンパクトであるという項目とかぶる部分もありますが、
インテリアになじみやすい点もこの製品の長所。

普通、ゲーム向けのデスクトップPCというと、大きな筐体に
いかにもゲーマーらしい戦艦のようなデザインが施されていたりと、見た目に派手です。

それを格好良いとされる方もいる反面、サイズが大きくて目立ちすぎるとか、
インテリア的にちょっととか思われる方もいるでしょう。

今は女性でも、PCゲームをされる方は昔に比べると増えていますが、
女性視点で見た場合、普通サイズのゲーミングデスクトップはインテリア的にどうか?と思います。

落ち着いた部屋に、大きく派手なデスクトップPCはちょっとあわない感じがするのですが、
Alienware X51だと全く違和感なく部屋に置けます。

Alienware X51は筐体の小ささもあって、LEDが光っても派手にならず、
逆に控えめなイルミネーションがとてもきれいです。

小さな筐体に取り付けられたエイリアンは、奇抜というよりは可愛らしい印象を受けます。


なお、一般的なPC市場では女性向けの製品はあるものの、
ゲーミングPCというカテゴリでは女性に特化した製品は見当たりません。

女性専用というものはニーズ的に難しいのかもしれませんが、個人的に今回のAlienware X51は、
女性にも向くゲーミングデスクトップPCだと感じます。

格好いいけどシンプルな上品さもあり、いかにもという感じがしないところが良いです。
そんな容姿でありながら、性能はサイズの大きなPCに負けていないというところも○。

PCでゲームを・・とお考えの女性にはかなりお勧め出来る製品だと思います。




そして最後に価格面ですが、この製品はこれまでのAlienwareシリーズを考えると、
かなりリーズナブルな価格を実現しています。

それなりの内容であれば価格は上がりますが、最上位モデルでも驚くような価格にはなっておらず、
これまでの製品を考えると手頃感があります。

価格だけを追求すれば、市場では同じ構成でもっと安価な製品があると思いますが、
Alienware X51のような省スペース性を誇るものは、今のところデスクトップではまずありません。

今まで設置場所がないからと、価格が高くなりがちなゲーミングノートPCを使われていた方も、
Alienware X51のサイズであれば、デスクトップPCでも気兼ねなく置けます。

また、Alienwareのデザインが気に入っているから製品が欲しい・・といった場合にも、
下位モデルであれば気軽に購入できる価格ではないかと思います。




【Alienware X51 短所または気になる所】

【短所】

・HDD構成なのでディスクアクセスが余り速くない


これは前の記事でも述べた事ですが、この製品は現時点(2012年12月28日時点)ではHDDの構成しか
提供されておらず、性能はともかくディスクの速度が余り速くありません。


1TBのHDDが搭載されている


ディスクパフォーマンスは普通ですが、SSDに慣れていると遅く感じる

HDDとしては普通か若干速い程度の性能ですが、SSDなどに比べるとやはり遅いです。

ゲームをする場合、インストールするソフトのサイズが結構大きい場合もありますので、
容量を・・と考えた場合に価格的な理由でHDDを搭載することも多いですが、
SSDの構成もあればよかったのではと思います。

とはいえ、比較的簡単にSSDに換装できる構造を持っているようですから、
SSDが良いという方は手間は多少かかりますが、自己カスタマイズした方が安くはあがると思います。

大きな問題ではないですが、とりあえず気になった点としてあげてみました。




【Alienware X51 まとめ】

設置スペース節約という利点もありますが、個人的には小ぶりでかわいらしい印象でありながら
中身は大型のPCに負けていない・・というところに魅力を感じる製品です。

性能をとことん突き詰めたい方や、拡張性が欲しいなどという場合には適しませんが、
そうでない場合、わざわざ戦艦のような巨大なデスクトップPCを買わなくとも、
Alienware X51で十分に事足ります。(実際、X51に流れていくユーザーもいるのではないでしょうか)

途中にも書きましたが、構成だけを見ると市場にはもっと安い製品はあります。
ただ、このサイズでこの構成・・というゲーム向けのデスクトップPCはなく、唯一無二という点が非常に魅力。

設置スペースの節約にはノートPCという手もありますが、ゲーム向けのノートは割高です。
多少他よりもAlienware X51が高くとも、ノート並みのスペース節約が出来ると思えば高くはないです。

Alienwareにしては手頃で買いやすい価格であるため、Alienwareのデザインが良いなあと思いつつ
中々導入できなかった方にも向くマシンだと言えるでしょう。

Alienwareのデザインが好きだという方、省スペース性の高いゲーミングデスクトップPCに興味をお持ちの方が
購入して損を感じる事はない製品だと思います。