昨日の晩(2011年8月25日)、秋葉原のUDXで開催された
日本HPのオンラインゲーム(TERA)イベントに行って来ました。

h8-1060jp/CT TERA推奨認定モデル

TERAは総制作費30億円以上をかけたという、次世代MMORPG。
8月18日に正式にサービスが開始されてまもなく、HPからもTERA推奨PCがリリースされました。

今回はそのTERA認定推奨モデルのタッチ&トライや解説、
その他、余興としてゲーム大会なども行なわれるとの事。

普段の製品説明会などとは少し違う感じだなあと思いつつ出かけてきました。

なおHP側によるプレゼンでは、先週グローバルのHPより発表されたWebOSの撤退や、
PC事業の事業分離についての話題にも触れられ・・ そちらについても記事内に簡単に触れています。

というわけで以下、イベントの様子です。
内容は、要所要所以外はかなり端折っていますが、結構長くなりました。





イベントは18時半からだったのですが、
同じイベントに参加する知人と少し話しようという事で、早めに秋葉へ・・

ですが



にしおぎくぼ

なぜか逆方向の電車に乗ってしまいました。
なぜ乗ったのか意味不明。

もう引っ越してから数回秋葉に行ってるので、そろそろ慣れても良いと思うのですが、
未だに電車を乗るときに迷います。

しかも毎回、ちゃんと駅探で調べてから行っているのにおかしな事態になります。

その後、さらに乗りなおしたのは良いのですが、快速に乗ればよいものを各停に乗ってしまい・・
それでも秋葉に着くのですが、時間がかかりすぎるので途中で快速に乗り換えました。

結局遅刻・・・(すいません)



ヨドバシアキバ

秋葉のヨドバシで待ち合わせです。
ここからだと、UDXまであるいて数分で着きます。



ニューヨークチーズケーキ

ニューヨークチーズケーキ

ヨドバシのレストランフロアにある「BAQET」というパンの店で、
チーズケーキを食べました。

ちなみにここ、食事は焼きたてパンが食べ放題だそうです。

いいにおいがしていましたが、
パンを冷やさない為なのか、室内は冷房が殆どきいていなくて暑かったです。



デニッシュのデザート

知人はデニッシュのデザート。
今日は軽めに食べました。





そのような感じで、近況や仕事の事などを暫く話した後、
秋葉原UDXへ向かいます。

秋葉原UDX

UDXの4Fで開催という事でしたが、
ここは目的の階によって入り口が違うので少し迷いました。

ややこしいです。

訪問したのはやや早めの時間でしたが、会場には既に数人がいました。
いつもの顔も何人か見かけます。



h8-1060jp/CT TERA推奨認定モデル

h8-1060jp/CT TERA推奨認定モデル

こちら、h8-1060jp/CT TERA推奨認定モデル。
本体の横には、HP 2301e 23インチワイド LED 液晶モニターが3台。



h8-1060jp/CT TERA推奨認定モデル

HP 2301e 23インチワイド LED液晶

こちらは推奨モデルと、DiRT 3というカーゲ-ムが画面に映し出されてます。

DiRT 3は、CAT-2さんに新しいのが出るよって前々から散々きかされてました。
彼曰く、カーゲームはキーボード操作による運転がかなり上手いそうです。

自分は昔はゲームしてましたが、RPGばかりでこういうタイプのは殆どしません。




会場では、推奨モデル以外にもいくつかの夏モデルが展示されていました。



s5-1030jp

s5-1030jp

暗くてちゃんとうつってませんが、s5-1030jp。
sシリーズはスリムタイプの筐体を採用したラインアップです。

これ、最小構成は2万台からとかなり安価。



TouchSmart 310-1230jp

TouchSmart 310-1230jp。
20インチのタッチパネル搭載の液晶一体型PCです。

液晶一体型では、23インチのタッチパネルを搭載した610PCや、
タッチ機能を搭載しないOmniというシリーズもあります。



g6-1100

g6-1100天板

こちらは15.6型のノート「g6-1100」。
このノートは来週頭頃には、レビューを載せる予定です。





その後しばらくして、プレゼンが始まりました。
(結構長くなったので、読むの面倒な人は飛ばしてください)



HPのパソコンビジネスについて

HPのパソコンビジネス

最初は、日本HPのパーソナルシステムズ事業統括、
コンシューママーケティング部の甲斐博一氏によるHPのPC事業についての話。

ここでは主に、HPのPC事業についてのこれまでの歩みや概要について触れられました。


あと冒頭にも記載していますが、日本時間でいうと先週の金曜日の朝、
グローバルのHPがある発表をしました。

その事柄についても、ここで日本の言葉でお伝えしたいとの事。

その内容ですが、ひとつめは、一年ほど前にHPはパームという会社を買収しましたが、
それによって獲得したWebOSに絡むハードウェア事業を、2011年10月をもってやめる事を決定しました。

WebOSのソフトウェアに関する事業展開はこれから検討していくという事です。

これについての補足ですが、このWebOSで出た製品というのは、
スマートフォン、そしてタブレット型の端末となります。

パームを買収したHPの狙いは、クラウド型のビジネスあるいはソリューション、
コンテンツといったようなソフトウェアが新しい事業の中核を担うからであり、
必ずしもハードウェアに拘ってはいないのだそう。

そういったことより、ハードウェアビジネスに関してはやめるという決断が出されました。


そしてもう1つ、PC事業の分離に関して。

発表後すぐの一部日本メディアの報道で、
PC事業の分離とか分社などという部分がクローズアップされましたが、
PC事業をやめるというのは誤りで本来発表した内容とは異なるとの事。

PC事業の分離は、PC事業をもうすこし成長させたいという所から、
戦略的位置づけを今後12ヶ月~18ヶ月をもって考え直すという選択肢の一つで、
12ヶ月から18ヶ月をかけて再検討を行なうというのが正しい発表なのだそうです。


その他、この発表・報道を受けて約束しなくてはならない事として、
一つ目はお客様やパートナー、製品を提供しているサプライヤーとの約束は必ず守るという事、
そして現在提供されている製品の提供計画、またプログラムなどのスケジュールに
変更はないといった事などが述べられました。

むしろ日本国内においての認知度はまだまだであり、
マーケティング系のプログラムに関しては強化して行きたいという事なども強調されていました。




日本HPの個人向けPCー4年間の歩み

日本HPの個人向けPCビジネスについて

日本HPの個人向けPCのこれまでの歩みや、PC事業の内容についての概要等も、
HP側より詳しく説明されました。



岡崎 和行氏

そして日本HP コンシューマービジネス本部 デスクトップビジネス部の岡崎 和行氏より、
同社デスクトップ製品の紹介なども。



HP PavilionデスクトップPC ラインアップ

HP PavilionデスクトップPC製品は、東京で生産するという共通の特徴を持ちますが、
そのメリットととして短納期、また輸送中の故障やコストを軽減できるという事柄などがあげられました。

またその他の共通点として、
1つのモデルで2900万通りの豊富なカスタマイズが行なえるという点も強調されていました。



タイアップ企業様

デスクトップ製品においては、推奨認定PCという形で様々な企業とタイアップし、
ゲーム推奨認定PCを提供しています。



Pavilionクイズ

Pavilionクイズと称し、
ミニタワーにGTX580を搭載した事などにも触れられました。

このGTX580は、つい最近オプションとして追加されたものです。

Pavilion デスクトップPCの何台かには、容量大きめの電源を積んでいるものがあり、
そういった製品にGTX580を追加する事ができます。



h8シリーズの特徴

その他、同社の個人向けデスクトップPCのフラッグシップ、h8シリーズの特徴など。

h8シリーズは、1080jp1090jpについては少し前にレビュー記事をあげましたが、
非常にカスタマイズ性が高く、低価格なモデルを求める方にも性能を追求される方にも適しています。

そして先程のGTX580の話にも絡みますが、h8シリーズでは発熱の高いパーツを載せる為に、
マザーボードを逆倒立に配置する事により、効率的なエアフローを実現している事を強調。


h8-1090jpの筐体内部
h8-1090jpの筐体内部

このような感じで、h8シリーズのマザーボードは一般的なマザーボードの配置とはやや異なります。

といってもこれは今に始まった事ではなく、
過去のフラッグシップ機もこのような仕様でした。





HPとTERA、AMDによる3画面モデル

あと、会場にも展示されている製品の紹介として、
HPとTERA、AMDによって実現した「h8-1060jp TERA推奨認定モデル」にも触れます。

こちらは本体と3画面モニターがついてこの価格(¥109,830~)を実現しており、
かなりいちおしの製品との事。

全体的にコストパフォーマンスに関しては優れたHPの製品の中でも、
非常に安価でお得感の強いパッケージです。



HPの推奨認定モデル一覧

最後に、その他のゲーム推奨認定モデルにも簡単に触れ、
岡崎氏の解説は終わります。




その後、AMD株式会社の森本竜英氏による、Phenom Ⅱ X6の紹介がなされました。

森本竜英氏

Phenom Ⅱ X6の紹介

AMDターボコアテクノロジ

AMD 8シリーズチップセット

主に6コアCPUの性能、テクノロジの解説です。
具体的な技術に関しても、軽く触れられていました。




そして、今回のメインの1つでもある「TERA」の紹介。

TERAの紹介

潮田太一氏

美しいTERAの世界観を再現する映像が一通り流れた後、
NHN Japanのゲームエンタープライズ事業本部、TERA総合プロデューサー 潮田太一氏により、
TERAの概要や魅力についての解説がなされました。



TERAの紹介

オンラインRPG「TERA」は、8月18日に正式にサービスが開始されたというMMORPG。
前にも記載した通り、h8シリーズでも推奨認定PCをラインアップしています。



TERAの紹介

TERAの紹介

TERAの紹介

アキバでのTERAイベントの紹介

7月末に秋葉でもイベントが開催されました。
自分は今はゲームはしていないので行かなかったのですが・・




一通りの解説がなされた後、潮田氏による実際の操作を見せていただきます。

潮田太一氏によるTERAの操作

TERA種族選択

種族選択

種族選択

TERAには7種の種族、8つのクラスが提供されており、
好みのキャラクターを選択する事ができます。



姿形の選択

髪型や顔かたちなどのディティールも選択可能。
選択によっては、あんまりかわいくない顔になったりします。



TERA

あああ

あああ

あああ

さっきみた映像もそうですが、非常に美しいグラフィックです。



あああ

戦闘時

映像のクオリティが、戦闘時でも通常時と変わりません。
またフリーターゲティングバトルを採用しており、アクション性の高いRPGを楽しむ事ができます。

フリーターゲティングバトルに関してですが、オンラインゲームは大人数で遊ぶという特性上、
今までだと戦闘時は敵をターゲティングする、選択するというシステムにより、
アクション性にかけるという性質がありました。

ですが、今回のシステムではそういった欠点を解消しています。





そのような実際の操作を一通り観た後、製品のタッチ&トライに移ります。

製品タッチ&トライ

DIRT3

といっても、それ程製品の種類はでていなく、
用意された4台の推奨モデルでゲームを試してみるといった感じのタッチ&トライです。

ゲームはTERAと、DIRT 3を用意。



DIRT3 プレイ中

試してみました。(やってるのは自分です)
3画面だと結構面白いです。



DIRT3 ゲーム大会

DIRT3

タッチ&トライの後は、DIRT 3によるゲーム大会が開催されます。
もちろん賞品つきです。



A-5

最初にこのような札を受付で貰ったのですが、それによりチーム分けをするとの事。

ルールは、チームの中より選ばれた人が順番に対決、
先にゴールしたチームが高い点数を得る事ができます。

個人対決ではなくチームの対決となっており、
入賞者は最終的に勝ったチームの中で抽選を行って決めます。



あああ

このボックスより札を引き、プレイヤーを決めます。

しかし、本来はA~Dの4チームに分けての対戦だったのですが、
4台のうち、2台のマシンの機嫌を損ねてしまったという事で、急遽AB対CDに。



あああ

さらに、開始したは良いですが、コントローラーの調子が悪くなってしまい、
急遽キーボードでカーレース対決をする事に。

時間が余りなかったので全員にはまわらなかったのですが、
自分はくじ引きに当たってしまい、対決しました。

しかし運転下手くそな自分、雪道で道を逸れて林の方に激突し・・
(後ろで、あ~助手席には乗れないなという声が・・)

もう無理かと思いましたが、車がぼろぼろになりつつも何とか後半盛り返し、
対決相手に勝つことができました。

チーム毎の対決なので、プレッシャー大ですが面白かったです。





そして見事自分のいたABチームが優勝。
というわけで、チーム内で抽選を行ないます。

賞は幾つか用意されていますが、2チーム合同で人数多めなので、当たるかなあとドキドキ・・



賞

最初は、今回展示していたh8-1060jp(AMDモデル)2台。
これは2台とも男性があたりました。

その後、ちょっと露骨なのでここには内容は書かないのですが、
幾つかの嬉しい賞が用意されており、抽選で選ばれた方が賞を受け取りました。




そして最後に、今回のイベントで最も大きな賞。

こちらも、ちょっと内容は書かないのですが(すいません)、
ありえない位すごい賞です。きいた時にはえー!とびっくりしました。

その抽選に選ばれたのは・・・



見事当選

なんと自分でした!

まさかこれが当たると思わなかったので、嬉しいと同時に驚き・・
すぐに何かをもらえるとかそういうわけではないのですが、本当に嬉しすぎです。

このような賞を用意してくださった企業の皆様に、本当に感謝です。





その後、帰宅します。

電車で途中の駅まで、知り合いと色々しゃべりながら一緒に帰りました。
(なので、帰りの電車は間違えませんでした。どうもありがとう)

そして自宅の最寄り駅で、会社から帰宅のCAT-2さんと合流。
家の近くでご飯食べて帰ります。



バクダン炒め定食

日高屋でバクダン炒め定食。
豚キムチたっぷり、ご飯たっぷりです。

結構遅い時間でしたが、おなかが空いていたので全部食べました。



中華そば+半炒飯セット

こっち、CAT-2さんの。
中華そば+半炒飯セットです。



ふやけたのり

なんか、運ばれてきた時から海苔がふやけています。

食べながら、今日のイベントの内容とか賞に当たった事の自慢とか、
また逆向きの電車に乗ったこととか、自分の運転の下手っぷりなどを報告しました。




HPイベントのお土産

こちら、イベントでもらったお土産です。
帰り雨が降っていたので、紙袋がシワシワになってしまいました。



AMDとTERAのグッズ

AMDとTERAのグッズが入ってました。

秋葉で配布されていたものと同じと思われる、TERAのスターティングパッケージも。

私はRPG好きなので、時間があり余ってたらはまりそうな好みのタイプのゲームですが、
今は、自分の仕事とか毎日がRPGみたいな感覚なので、
余程暇にならないと昔みたいにゲームにはまるとかなさそうです。





という感じのイベントでした。
・・記事がすごく長くなりました。

いつも開催されるHPのイベントとは違った感じでしたが、
すごく気楽に参加できて楽しかったです。

色々と有難うございました。
今後もこのようなイベントの開催を楽しみにしています。