マウスコンピューターの17.3型ノート「 LuvBook D(LuvBook-D701E) 」のレビューの続きです。
(前→ マウスの17.3型ノート LuvBook Dレビュー 売れ筋モデルの外観をチェック

今回の記事では、掲載している LuvBook D(LuvBook-D701E) のベンチマーク結果を掲載します。

LuvBook-D701E

掲載の LuvBook-D701E は、LuvBook Dシリーズのラインアップの中では下位のエントリー構成にあたるマシン。

エントリー構成の製品は、基本では Pentium B940 や GT540M、320GBのHDD を搭載した
5~6万円(2011年8月3日時点)の低価格ノートですが、17.3型液晶やそのサイズに見合う充実のインターフェース、
さらに光学ドライブや外部GPUが標準搭載されているという時点で、かなりコストパフォーマンスには優れていると思います。

今回のモデルでは、さらに上記のCPUやメモリなどをグレードアップ、
またHDDをSSDに換えるなどの様々なカスタマイズが行なわれており、結構性能は良く・・
それでいて8万円台(2011年8月3日時点)という価格を実現しており、
さすがに人気製品というだけの事はあると感じています。


というわけで以下、LuvBook-D701E の詳細な構成とベンチ結果です。

性能を重視するようなジャンルのノートPCではないのですが、
とりあえず性能の目安としてベンチマークの結果を掲載してみました。

掲載製品の公式ページはこちら: LuvBook D



まずは掲載している LuvBook D の構成です。

LuvBook D CPU-Zの内容

【LuvBook D シリーズ LuvBook-D701Eの主な構成】

OS Windows 7 Professional SP1 64bit
プロセッサ Core i3-2310M(2.10GHz)
チップセット HM65 Express
グラフィックス GeForce GT540M(1GB)/HD グラフィックス(Optimus対応)
メモリ 4GB(4GB×1/PC3-10600 DDR3 SODIMM/最大8GB)
ストレージ 120GB SSD
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ディスプレイ 17.3型フルHD(1,920×1,080)、光沢あり
無線機能 IEEE802.11b/g/n
バッテリー リチウムイオンバッテリー(駆動時間:約2.83時間)
サイズ 415×276×29~40(幅×奥行き×高さ/mm)
重量 約3.09kg

上記構成は、エントリー構成モデルのOS(Home Premium → Professional)、
プロセッサ(Pentium B940 → Core i3-2310M)、メモリ(2GB → 4GB)、
ストレージ(320GB HDD → 120GB SSD)をそれぞれグレードアップさせています。

このカスタマイズ構成で、製品価格は¥89,040(税込)。
※価格やカスタマイズ内容は現時点(2011年8月3日)での内容です。今後変わる可能性はあります。

色々と特徴のあるモデルですが、その中より幾つかのポイントとなる部分をあげると、
グラフィックスは標準で外部GPU搭載となっており、更にオプティマスにも対応しています。

また液晶は17.3型と大きく、フルHDに対応。
光沢なので場所によっては使い難いですが、画面がかなり明るく発色も良いので、
映画や動画などの鑑賞も快適に行なえると思います。

あとストレージですが、今回のモデルにはSSDが搭載されており、
その効果で体感速度など、パフォーマンスが大きく向上しています。

ちなみに同程度の価格で、Core i7を搭載したハイパフォーマンスモデルなども提供されており、
そちらはブルーレイディスクドライブを搭載するなど、充実した構成。

このLuvBookシリーズ、今回のモデルに限らず、
数あるメーカーの中でもコストパフォーマンスはかなり良いのではないかと思います。




続いて、上記構成の LuvBook D シリーズ のパフォーマンスを見てみます。


【Win エクスペリエンス・インデックス】

LuvBook D エクスペリエンス・インデックス

プロセッサ 6.4
メモリ 5.9
グラフィックス 4.7
ゲーム用グラフィックス 6.0
プライマリ ハードディスク 7.7

基本スコアはグラフィックスの4.7。
最も低いスコアはその数値ですが、プロセッサは6.4、
プライマリ ハードディスクは7.7と非常に高いスコアが出ています。

Core i3というと、Core iシリーズの中では下位なので、
性能も低めなイメージがありますが、上記表をみると分かるように結構スコアは高いです。

Core i3-2310MはTB機能こそありませんが、Core i5-2410Mなどと性能自体はそれ程変わらず、
価格を考えるとコストパフォーマンス高めなプロセッサ。
ですので、上記のようなスコアとなります。

プライマリ ハードディスクの7.7は、言うまでもなくSSDの効果です。
SSDはインテルの320シリーズを搭載しています。



【CrystalDiskMark】

LuvBook D CrystalDiskMark

SSDのパフォーマンス。
やはり高めです。



【CrystalMark 2004R3】

LuvBook D CrystalMark 2004R3

Mark ・・・ 122185
ALU ・・・ 29057
FPU ・・・ 31224
MEM ・・・ 20165
HDD ・・・ 28683
GDI ・・・ 10152
D2D ・・・ 1018
OGL ・・・ 1886


【3DMark06】

LuvBook D 3DMark06

3DMark score ・・・ 7548
SM 2.0 Score ・・・ 3320
SM 3.0 Score ・・・ 2938
CPU Score ・・・ 2517

この LuvBook Dシリーズは標準で外部GPU(GT540M)を搭載していますが、
GT540MはミドルクラスのGPUで、複雑な3D系のゲームが出来るほどの性能は持ちません。

が、内蔵グラフィックスのみのノートよりは確実に高性能。

上で、このモデルは内蔵GPUと外部GPUの切替を行なうオプティマスに対応していると述べましたが、
GT540Mを搭載する場合としない場合のパフォーマンスについて、また後ほどの記事で触れたいと思います。


【大航海時代 Online】

LuvBook D 大航海時代 Online

平均 ・・・ 329~345


【モンスターハンターフロンティア 絆】

LuvBook D モンスターハンターフロンティア 絆

平均 ・・・ 1194~1244


【デビル メイ クライ 4】

LuvBook D デビル メイ クライ 4

平均fps ・・・ 17.38~30.54
RANK ・・・ D


【BIOHAZARD】

LuvBook D BIOHAZARD

平均fps ・・・ 11.5
RANK ・・・ C


【FINAL FANTASY XIV】

LuvBook D FINAL FANTASY XIV(LOW)

LuvBook D FINAL FANTASY XIV

LOW ・・・ 407
HIGH ・・・ 215


LuvBook D(LuvBook-D701E)のベンチマーク結果については以上となります。

LuvBook-D701Eはどちらかというと機能や操作性、プライスパフォーマンスを重視したマシンで、
性能面についてはさほど期待していなかったのですが、自分が想像していたよりもパフォーマンスは良いです。

冒頭にも記載しましたが、LuvBook Dシリーズには構成別に幾つかのモデルがラインアップされており、
ハイスペックな Core i7-2720QM やブルーレイディスクドライブ、
8GBメモリを搭載した最上位のモデルでも10万円台で購入可能。(価格は2011年8月3日時点でのものです)

内容的にかなりお買い得な製品ですので、高性能・高機能なノートPCをできるだけ安価に購入したい方にとって、
今回の LuvBook D シリーズは魅力的なモデルではないかと思います。




というわけで、まだLuvBook Dシリーズのレビューは続きます。
製品に興味をお持ちの方は、是非次記事もご覧下さい。