Thinkpadを使用しているユーザーの間では新しいX201やX201の話題で持ちきり(?)ですが、
従来モデルをまだまだ使うぞーっていう私のようなユーザーも健在です。

で、以前T61(2007年発売)を使用しているという話をどこかに書いたのですが、
そのThinkpad T61のメモリ増設についての質問を知人から受けたので、今更ですが記事にする事にします。
(私はX60、T61を使用しています)

T61のメモリ増設

メモリの交換や増設は全く難しくはないのですが、T61はパームレスト下にメモリスロットが配置されているので、
底面にスロットがあるマシンよりも少々面倒臭くはあります。

では以下、写真と解説です。

T61のバッテリバッテリを外した所

まず、メモリ増設などでマシンの内部に触れる場合は、必ずバッテリを取り外します。
作業中の誤作動を防ぐ為です。

次にパームレストを開きます。

T61 底面のねじをはずす

パームレストを開くには、底面にある4箇所のネジをはずす必要があります。
写真の赤い矢印の箇所にあるネジです。
底面にメモリスロットがあるタイプだと、もっと簡単なのですが・・

ネジをはずしたら、マシンの向きを変えてパームレストを開きます。

T61のパームレストを開くパームレスト

パームレストの左右に指を掛け、軽く力を入れて開きます。
無理に引っ張ると割れる恐れがありますが、少し力を入れないと開きません。

T61 パームレストを開きました

T61のメモリスロットパームレスト裏の指紋センサー

T61のパームレストを開きました。
次にメモリの増設です。

手元のT61はメモリスロットは2つ、片方のスロットに1GBのメモリが搭載されています。
最大で4GBまで増設可能です。

T61 1GBのメモリを搭載

写真は1GBのメモリです。
これをスロットに差しこみます。

T61にメモリを増設メモリをさします

メモリをスロットに斜めに差込み、軽く奥まで押しながら寝かせます。

T61 メモリを増設する

差し込んだら、写真の赤い矢印の箇所にある金属の押さえを・・

T61のメモリ

メモリに引っ掛けます。
メモリを増やす場合は、同じようにもう一つのスロットにメモリを差してください。

後は逆の手順でパームレストを閉めてネジをしめ、バッテリを装着します。
その後、マシンを起動させて正常にメモリが認識されているか、メモリ容量を確認。

【メモリ容量の確認】
マイコンピュータを右クリック → プロパティー → システムのプロパティー(Windows)

を開くと、「○○MB RAM」と書かれた箇所があります。
○○の部分の数値が増えていればOK。

もしも増設前のメモリ容量と比べて変化していなければ、
再度メモリスロットを空けてメモリがきちんと差し込まれているか確認してください。

※メーカー非対応のメモリを使用すると正常に動作しない事があります。