GALLERIA U2442F2を利用して感じた、製品の長所や短所などを簡単にまとめてみました。

Ultrabookは数多くありますが、U2442F2は外部グラフィックスを搭載しているという点で、他のUltrabookにはない使い方ができる製品だと思います。高級感のある筐体も良いです。

その他、製品のより詳しい内容については、前にあげた製品記事をご覧ください。

【Note GALLERIA U2442F2 レビュー記事目次】

・Note GALLERIA U2442F2 外観・端子など
外観・インターフェース重量液晶チェック付属品(おまけ)

・Note GALLERIA U2442F2 主な構成とベンチマーク結果
主な構成・特徴ベンチマーク結果消費電力・温度バッテリ駆動時間

・GALLERIA U2442F2 BIOSの表示やリカバリ方法など(ソフトウェア編)
全てのアプリPin to TaskbarSmartボタンシステムのリカバリ

以下、まとめです。


GALLERIA U2442F2 の長所

【長所】

・外部グラフィックス搭載で高性能
・非光沢の高解像度液晶を搭載
・高級感のある筐体
・メモリスロットへ容易にアクセスできる構造


この製品の一番の特徴は、UltrabookでありながらGeForce GT 650Mを搭載している点です。
一般的なUltrabookはCPUの内蔵グラフィックスを利用している事が多く、グラフィック性能はそれ程高くはありません。

現在のCPU内蔵グラフィックスは昔のものに比べてかなり性能が高いため、日常的な作業においては内蔵グラフィックスでも全く不便はありませんが、ゲームなどの用途には辛いものがあります。

今回の製品はノートPCのGPUとしてはミドルレンジクラスのグラフィックスを搭載しており、そこそこの負荷のPCゲームであれば快適に行う事ができるグラフィック性能を持ち合わせています。


BIOHAZARD 6のベンチ結果 負荷高めなゲームのベンチであってもそこそこのスコアを出す事ができる


CrystalDiskMark ディスクアクセスは高速

Ultrabookにそのような性能が必要であるかどうかはさておき、幅広い用途に使えるという点にデメリットはなく、価格面においても外部グラフィックスを搭載しているからといって特別高い事もありません。

SSD搭載で処理速度も速く、ユーザーにストレスを全く感じさせない性能を持ち合わせているといえるでしょう。





次に、非光沢&高解像度液晶を搭載している点について。

U2442F2には、14型ワイドHD+(1600×900)の非光沢液晶が採用されています。

Ultrabookへの非光沢液晶の採用は珍しく、加えて解像度が高めであるなど、U2442F2の液晶のスペックに魅力を感じるユーザーは少なからずおられますと思います。

IPS液晶などではないため、視野角等は一般的なノートPCと同等ですが、液晶の光沢・非光沢や解像度は製品の使用感や操作に大きく影響を与えます。

特に様々な場所で利用する事が想定されるUltrabookですから、映り込みの少ない非光沢液晶を搭載する事によるメリットは大きいと思います。




あと、高級感のある筐体も、外観にこだわるユーザーにとっては大きなポイントです。

デザインの好き嫌いの感覚は人によって異なるため、私とは違った意見もあると思いますが、少なくとも今回のU2442F2の筐体は質感がとてもよく、見た目に高級感があります。

シルバーカラーでヘアライン加工のアルミ・・はよくあるデザインかもしれませんが、個人的に結構好みだと思いました。




最後に、メモリスロットにアクセスできるという点について。

元々U2442F2には8GB(最大16GB)のメモリが搭載されているため、それで十分だとされるユーザーも多いのかもしれませんが、使っているうちにメモリを追加したくなる事もあります。

そういった場合に、メンテナンス性よくできているというのはとても便利。

底面からアクセスできるのはメモリのみではありますが、Ultrabookにはそれすら出来ない製品が多い事を考えると、大きな長所の一つだと考える事ができるでしょう。



GALLERIA U2442F2 の短所・気になる点

次に、GALLERIA U2442F2 の気になる点についてですが、特に目立った欠点などはないと思います。

細かい所を言うと、高負荷時キーボードが若干温かくなる部分や、キーストロークが浅目な部分などがあげられるのかもしれませんが、浅いキーストロークはUltrabookでは普通ですし、キーボードも気にしなくてはならないほど熱くなるというわけではありません。(真夏など暑い時期だと気になる事はあるかもしれません)

液晶に関しては、非光沢である部分や解像度の高さは魅力的ですが、IPSなどではないため視野角は狭いです。

普通に使っている分には全く影響はなく、明るく見やすい液晶だと思うのですが、ノートPCとしては決して安価な部類の製品ではないため、出来ればIPSを採用するなど液晶に多少の拘りがあっても良かったのではないかと思います。

とはいえ、上にも書いたように欠点だと呼べるほどの気になる点はなく、総合して使い勝手・バランスの良いノートPCだといえるでしょう。




GALLERIA U2442F2については以上となります。
掲載の内容は個人的な見解も多く含まれますので、正確な情報については公式サイトの製品ページをご覧ください。

なお、U2442F2と構成違いの製品にGALLERIA 2442DというUltrabookが存在します。U2442F2がCore i7やGT650Mを搭載しているのに対し、2442DはCore i5-3230M(標準電圧版)やGeForce GT730Mを搭載。

この2モデルの筐体は全く同じであるため、U2442F2の購入を検討されている方は、GALLERIA 2442Dも併せてご覧頂く事をお勧めいたします。