デルが販売するデスクトップPC、Vostro 3600(3653)シリーズのレビューです。

Vostro 3653は、ミニタワータイプの筐体を採用するビジネス向けのデスクトップPC。

中小企業向けとされるVostroシリーズの一製品で、ビジネス向けPCの要素を持ちながらもコストパフォーマンスに優れるという特徴を持ちます。

ご紹介するVostro 3653は、奥行きの短い小ぶりな筐体を採用したマシンで、小型でありながらも外部グラフィックスを搭載可能であるなどそこそこの拡張性を持ちあわせています。

ハイパフォーマンスという程ではないものの、サイズの割にパワーはありますので、ビジネス作業用、簡単な画像・動画編集用など様々な用途に利用する事ができるでしょう。ビジネス製品の割にはデザインも優れており、個人の方の自宅用PCとしてもお勧めです。

今回は、そんなVostro 3653の外観や使用感、性能面などについて詳しく触れたいと思います。

【Vostro 3600(3653)シリーズ レビュー記事目次】

・Vostro 3653 ミニタワー筐体の外観・インターフェースの内容
筐体外観・インターフェース筐体内部の構造

・構成内容と特徴・ベンチマークテストの結果
構成内容と特徴ベンチマークテストの結果消費電力・温度再起動にかかる時間

・製品レビューのまとめ
Vostro 3600(3653)シリーズ まとめ

※掲載製品は メーカー様よりお貸出しいただいたものとなります。


Vostro 3653 筐体外観・インターフェースの内容をチェック

まず、Vostro 3653の筺体外観をチェックします。

ミニタワーと一口に言っても様々なサイズの筐体が存在しますが、本製品は幅154mm、奥行き278.4mm、高さ350mmと各部分のサイズが短く設計されており、様々な場所に設置しやすい大きさとなっています。

特に奥行きが一般的なデスクトップPCに比べると短く、机の上などに設置する場合に便利です。





フロントパネルには特徴的なデザインが施されています。
デザインの一部として採用されている三角形の格子の部分は、内側に目の細かいメッシュ構造が取り入れられており、デザインだけではなく通気口の役目も果たしています。

ビジネス向けの製品・・というとあまりデザインに力を入れていない印象がありますが、本製品のデザインは整然とした雰囲気で見た目に綺麗です。



フロントパネル上部に配置されているドライブや端子類。

中央に見えるのはDVDスーパーマルチドライブで、その右側には電源ボタンやメディアカードリーダー、マイク入力やヘッドフォン出力のコンボ、USB3.0×2基が配置されています。




筐体背面をチェックします。

背面全体の様子。
インターフェースの内容は、上からオーディオ端子×3基、USB2.0×4基、LAN端子が並び、中央付近には搭載されているグラフィックカードから提供の映像出力端子、DVIやHDMI、VGA等の端子が並びます。

CPU内蔵グラフィックスのみを使用する構成では、マザーボードに搭載されている映像出力端子を利用します。いずれにせよ、家庭をはじめ企業での利用にも適した端子の内容です。



筺体右側面の様子。
下の方に幾何学模様によるメッシュの通気口が設けられています。

反対側のサイドパネルには何もありません。



天面にもなにもなし。
本製品はサイドパネルがやや特殊な形状となっているため、天面にそのパネルのラインが入っています。



筐体内部の構造

次に、Vostro 3653の筐体内部の構造をチェックします。

サイドパネルを開くには、背面側にある2か所のネジを外す必要があります。
ドライバーが必要です。



サイドパネルを開いた図。
右側がベイにすっぽりと隠れてしまっています。



内部へアクセスするには、フロントパネルを取り外し・・


写真右側にあるベイを開く事で、中のパーツにアクセスできます。




マザーボードを真正面から見た図


マザーボードをやや斜めから見た図

マザーボード全体の様子です。
中央にCPU、その右側にメモリスロットが配置され、CPUの下部には拡張スロットに接続されたグラフィックカードが見えます。

マザーボードの右下側にあるカードは無線LANです。



ストレージや光学ドライブベイは、先ほど開いたドアの部分に搭載されています。

写真右側に見えるのがHDD、左側に見えるものは光学ドライブです。



ストレージが搭載されている下側にも2.5インチベイがありますが、HDDマウンタなどは見当たりません。
付属品にもそのようなものはありませんでした。(実際の製品がどうなのかは不明)



240Wの電源ユニットが搭載されています。



掲載モデルの構成内容とその特徴について

掲載しているVostro 3653の構成内容と、その特徴について解説します。

【CPU-Z】




【GPU-Z】

【Vostro 3653ミニタワー の主な構成】

OS   Windows 8.1 64bit
プロセッサ   Core i5-6400 (2.7GHz/TB時最大3.3GHz)
グラフィックス   GeForce 705(2GB)
メモリ   4GB(4GB×1/DDR3L 1600MHz)
ストレージ   1TB HDD(TOSHIBA製/7200rpm)
光学ドライブ   DVDスーパーマルチドライブ
無線LAN   DW 1801 + BT4.0
電源   240W
サイズ   154×278.4×350(幅×奥行き×高さ/mm)
重量   約7.45kg(構成による)
ソフトウェア   マカフィー セキュリティセンター(12ヶ月間更新サービス)
保証   1 年間 オンサイト サービス (6営業日9-17時)

※記事に記載の仕様や解説等は、記事を作成した2016年02月09日時点の情報に基づくものです。

Windows 8.1、第6世代のCore i5-6400、4GBメモリ、1TB HDD、DVDスーパーマルチドライブを搭載する構成内容のモデルです。

Vostro 3600シリーズには、今回のVostro 3653というモデルとVostro 3650というモデルがラインアップされており、それぞれで若干構成が異なっています。

大きな違いは、Vostro 3653ではグラフィックスに内蔵GPUもしくは GeForce 705を選択できるのに対し、Vostro 3650では内蔵GPUもしくは Radeon HD R9 360(2GB/OEM)を選択可能という部分です。グラフィック性能が必要というのなら、Vostro 3650のRadeon搭載モデルが良いでしょう。

CPUについては、現時点(2016年2月9日)ではCore i5一択となっているのですが、後日i3やi7といったCPUも選択できるようになるようです。



搭載されているストレージの内容をチェックします。


HDDの仕様


ディスクの内訳

ストレージには、TOSHIBA製の「DT01ACA100」という1TB HDD(7200rpm)が搭載されていました。

性能は特に可もなく不可もなく、HDDとしては標準的~やや速いと思われる位の速度です。
今のところ、本製品で選択できるのは1TB HDDか、500GB HDDのみとなります。



ベンチマークテストの結果

以下、掲載しているVostro 3653で実施したベンチマークテストの結果です。


【CrystalDiskMark】


Ver.5を使用



【3DMark】


各テストの結果


Fire Strikeの詳細



【BIOHAZARD 6】


1280×720 / 1980×1080



【FINAL FANTASY XIV 新生エオルゼア】



標準品質デスクトップPC、DirectX 9  1280×720 / 1980×1080



【ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族】



【CINEBENCH】


グラフィックカードを搭載しているといっても、GeForce 705は内蔵グラフィックスに毛が生えた程度の性能を持つカードであるため、ゲームプレイができるほどのパワーはありませんが、それでも内蔵グラフィックスの構成よりはパフォーマンスは高いです。

掲載モデルは、CPU内蔵グラフィックスの構成では少し心許ない・・という場合に選択するのがお勧めの構成です。



消費電力・温度

Vostro 3653 の消費電力を測定。
以下はアイドル時、およびベンチマーク(BIOHAZARD 6)実行時の消費電力測定値です。

なお、以下の数値には液晶の消費電力は含まれていません。



アイドル時 ・・・ 28W
ベンチマーク実行時 ・・・ 62W

※実際の値は若干上下する為、平均と思われる値を掲載しています

グラフィックカードを搭載していますが、消費電力はあまり高くはならないようです。




次に、Vostro 3653の筐体内パーツの温度について。
以下は、アイドル時とベンチマーク実行時(BIOHAZARD 6を20分以上実行)の温度測定値です。

グラフィックカードの温度は若干高くなりますが、全体的に低温です。



再起動にかかる時間

PassMark Rebooterを使用し、Vostro 3653の再起動時間を測定してみました。
以下は、10回の再起動時間とその平均値です。

1回目 1:25
2回目 1:11
3回目 1:08
4回目 1:09
5回目 1:05
6回目 1:15
7回目 1:17
8回目 1:16
9回目 1:18
10回目 1:17

再起動(起動&シャットダウン)の平均時間 ・・・ 1分14秒

Vostro 3653の再起動にかかる時間はおよそ1分14秒。
HDDを搭載するPCの起動時間としては標準的です。



Vostro 3600(3653)シリーズ まとめ

Vostro 3600(3653)シリーズ のレビューは以上となります。
最後にまとめると・・

・ビジネス向けの低価格デスクトップPC
・コンパクトでありながらも、ある程度の拡張性を備えている
・第6世代のCoreプロセッサに加え、グラフィックカードの構成を選択できる
・斬新かつ美しいデザインを採用

個人の方や中小企業のオフィスでの利用に向く、コストパフォーマンスに優れたビジネス向けのデスクトップPCです。

程良いコンパクトさと拡張性を持ちあわせたミニタワー筐体を採用しており、ライトな用途からやや負荷のかかる作業までを幅広くカバーする構成を選択できるようになっています。

グラフィックカードを搭載したモデルも提供されており、軽めの画像編集などややパワーを必要とする作業も可能です。

メンテナンス性も良く、例えばディスクの換装やメモリを追加したいなどという場合にも容易に行う事ができるでしょう。(パーツの換装等は自己責任となります)

ビジネス向けの製品にしては珍しく、デザイン性に優れていますので、インテリアとの調和を気にするような方にもおすすめです。

筺体の奥行きが短いため、狭い場所への設置もしやすいと思います。