前記事(HP ENVY 15-k000 (k014TX) レビュー ゲームにもおすすめの15.6型フルHDノート(外観編))に続き、今回はHP ENVY 15-k000シリーズでラインアップされている「HP ENVY 15-k014TX パフォーマンス・フルHDモデル」の構成と性能について。

掲載しているのは OSにWindows 8.1 Update、プロセッサにCore i7-4510U、メモリ16GB、GeForce 840M(2GB)、1TB SSHDという構成内容を持つ「HP ENVY 15-k014TX パフォーマンス・フルHD」というモデル。

メモリの搭載量も多く、本シリーズで提供されている中ではハイスペックな内容だと言えるでしょう。

今回は、上記モデルの構成特徴や性能について詳しく触れてみました。
構成選択の為の参考情報としてご覧いただければと思います。

当ページに掲載の製品は販売終了しています。
現在HPでは、以下のゲーミングノートを販売中です。

OMEN by HP 15 製品ページ
OMEN by HP 15-ax200が最大35,100円お得になるスペシャルなキャンペーン 4月10日まで!
【HP ENVY 15-k014TX レビュー記事目次】

・HP ENVY 15-k000 筐体外観やインターフェース・操作性をチェック
外観・インターフェースキーボードHP コントロールゾーン トラックパッドとはBeatsAudioスピーカーを搭載液晶の見やすさ速効!HPパソコンナビ特別版が付属

・HP ENVY 15-k014TX パフォーマンス・フルHDモデル(Core i7/GeForce 840M)の構成と性能
構成と特徴ベンチマーク結果消費電力・温度再起動にかかる時間バッテリ駆動時間

・プリインストールソフトウェアについて
プリインストールソフトウェアの内容

・HP ENVY 15-k000の製品ラインアップ
HP ENVY 15-k000で選択できるモデル一覧(2014年8月21日時点)と各モデルの特徴

・製品のまとめ
HP ENVY 15-k000 まとめ

・HP ENVY 15-k000の最小構成モデル「HP ENVY 15-k001TU」のレビュー
HP ENVY 15-k001TU(Core i5/内蔵GPU)のレビュー

※掲載製品は メーカー様よりお貸出しいただいたものとなります。


HP ENVY 15-k014TX パフォーマンス・フルHDモデル の構成とその特徴について

まず、掲載しているHP ENVY 15-k014TXの主な構成とその特徴について解説します。
以下、CPU-ZやGPU-Zの実行結果、および掲載モデルの主な構成です。

【CPU-Z】





【GPU-Z】

【HP ENVY15-k014TX パフォーマンス・フルHDモデル の主な構成】

OS Windows 8.1 Update 64bit
プロセッサ Core i7-4510U (2.00GHz/TB時最大3.10GHz)
グラフィックス NVIDIA GeForce 840M(2GB)
メモリ 16GB(8GB×2/DDR3L 1600MHz/2スロット)
ディスプレイ 15.6型ワイドフルHD(1920×1080)、非光沢
ストレージ 1TB ハイブリッドHDD(Seagate製/5400rpm/8GBフラッシュメモリ)
光学ドライブ ブルーレイディスクドライブ
無線機能 IEEE802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth v4.0
指紋認証機能 あり
バッテリ 駆動時間:約4時間30分(4セル)
電源アダプター 65W
サイズ 385×261×26.5~30.5(縦置き/幅×奥行き×高さ/mm)
重量 約2.4kg
カラー モダンシルバー

※掲載の価格や仕様・解説等は、記事を作成した2014年08月21日時点のものです。

OSにWindows 8.1 Update、プロセッサにはCore i7-4510U、メモリ16GB、NVIDIA GeForce 840M(2GB)、ストレージには1TB SSHDを搭載するモデルです。

HP ENVY 15-k000 シリーズでは掲載しているモデルの他に、内蔵グラフィックスを利用する構成のモデルや、GeForce GTX 850M(4GB)を搭載するモデルなども提供されるなど、ノートにしては珍しくグラフィックスの選択肢が豊富。

どのモデルもカスタマイズは殆ど行えませんが、その分メモリ搭載量が多かったり、標準でブルーレイディスクドライブやac対応の無線LAN等も搭載するなど、スペックは比較的高めの内容となっています。

今回掲載の「HP ENVY15-k014TX パフォーマンス・フルHDモデル」はグラフィックスにGeForce 840Mを搭載しており、内蔵グラフィックス利用のモデルに比べると、ややグラフィック性能は高め。画質を落とせばゲームのプレイも可能です。

ただ、ゲームをするには少し中途半端な性能であるため、個人的にはゲームなどを目的とするのならGeForce GTX 850Mを搭載する最上位モデルを選択した方が満足度は高いと思います。

価格も、掲載モデルとは1万円程度しか変わりません(2014年8月21日時点/GPU以外の構成は掲載モデルと同じ)。



搭載されているストレージの内容について詳しくみてみます。


SSHDの仕様


ディスクの内訳

Seagate製の「ST1000LM014-1EJ164-SSHD」というモデルが搭載されていました。
1TBのHDD容量と8GBのフラッシュメモリをあわせ持つハイブリッドHDDで、回転数は5400rpm、厚みは9.5mm。

本製品はストレージにこの1TB SSHDしか用意されておらず、カスタマイズオプションも提供されていないため、ストレージはSSDが良いとお考えの方には少々残念に思われるかもしれません。

ただ、8GBフラッシュメモリのキャッシュ効果なのか、通常のHDDよりも起動などは若干高速。SSDの速度に慣れている方はともかく、そうでないのなら快適に利用できるでしょう。

容量も大きい為、写真や動画などのデータ保存にも適しています。



ベンチマークテストの結果

以下、掲載しているHP ENVY 15-k014TXで実施したベンチマークテストの結果です。


【Win エクスペリエンス・インデックス】

プロセッサ 7.4
メモリ 7.6
グラフィックス 5.9
ゲーム用グラフィックス 5.4
プライマリ ハードディスク 5.9

※WinSAT.exeの実行によってスコアを取得しています。


【CrystalDiskMark】

Seq 106.0108.4
512K 41.8157.76
4K 0.5330.856
4K QD32 1.4190.858

数値は左がRead、右がWrite、テストデータはランダム

上記の結果を見る限り、スコアには8GBフラッシュメモリのキャッシュ効果は表れていないよう。複数回測定を行ってみましたが、数値が前後するだけで結果はあまり変わりませんでした。


【3DMark】


3DMark 全てのテストの実行結果


Fire Strikeの詳細

Ice Storm・・・ 42716
Cloud Gate・・・ 5943
Sky Diver・・・ 5036
Fire Strike・・・ 1319


【モンスターハンターフロンティア 大討伐】

左:1360×768 / 右:1920×1080

1360×768 ・・・ 4223~4238
1920×1080 ・・・ 2357~2372


【ファンタシースターオンライン2 ver. 2.0】

左:1360×768 / 右:1920×1080

1360×768 ・・・ 4408
1920×1080 ・・・ 1779

~2000 処理負荷によっては動作が重くなる
2001~5000 標準的な動作が見込める
5001~ 快適に動作


【BIOHAZARD 6】

左:1360×768 / 右:1920×1080

1360×768 ・・・ SCORE:3693 / RANK:B
1920×1080 ・・・ SCORE:2337 / RANK:C


【FINAL FANTASY XIV 新生エオルゼア】

キャラクター編 左:1360×768 / 右:1920×1080(高品質(ノートPC))

【キャラクター編】
1360×768(高品質(ノートPC)) ・・・ SCORE:3663 / 評価:快適
1920×1080(高品質(ノートPC)) ・・・ SCORE:2121 / 評価:普通


【CINEBENCH】

OpenGL ・・・ 44.42fps
CPU ・・・ 2.66pts


解像度などをやや低く設定すれば、そこそこ快適にゲームがプレイできる位の性能。フルHDだと少し厳しいです。

ただ、フルHDの液晶で解像度を落としてゲームをするのもよくわかりませんので、ゲームをするのならGTX 850Mを搭載する上位モデルを選択した方が良いと思います。

GTX 850Mも、GeForce 800M シリーズの中ではそれ程性能の高いモデルではありませんが、GeForce 840Mよりもグラフィック性能は確実に高いです。

軽いゲームのみだという方や、ゲーム目的でないという方、また少し高性能なノートが欲しいという方には本製品は適しているといえるでしょう。日常的な作業では、かなり快適につかえるはずです。



消費電力・温度

HP ENVY15-k014TX の消費電力を測定してみました。
以下、アイドル時およびベンチマーク(BIOHAZARD 6)実行時の消費電力測定値です。

アイドル時 ・・・ 9W
ベンチマーク実行時 ・・・ 37W

※実際の値は若干上下する為、平均と思われる値を掲載しています

搭載の外部グラフィックスはそれ程消費電力が高くはなく、また低電圧版のCPUを搭載しているため、高負荷時でも低消費電力です。




続いて、HP ENVY15-k014TX 筐体内パーツの温度について。
以下、アイドル時とベンチマーク実行時(BIOHAZARD 6を20分以上実行)のパーツ温度測定結果です。

軽く冷房をかけた室内で測定しています。(大体27度前後の室温)

高い負荷が続いても、パーツの温度は全体的に低いという結果でした。




さらに、高負荷時のキーボード表面の温度を測定してみました。

筐体内のパーツの温度がそれ程高くないためか、キーボード表面の温度も比較的低いです。キーボード操作など、快適に利用できると思われます。



再起動(起動&シャットダウン)にかかる時間

PassMark Rebooterを利用し、HP ENVY15-k014TXの再起動にかかる時間を測定してみました。以下は、10回の測定結果とその平均値です。

1回目 1:08
2回目 0:57
3回目 0:54
4回目 0:51
5回目 0:49
6回目 0:47
7回目 0:43
8回目 0:40
9回目 0:41
10回目 0:39

再起動の平均時間 ・・・ 48秒

HP ENVY15-k014TXの再起動にかかる平均時間は48秒。
HDDを搭載するPCの再起動時間がおよそ1分弱~1分半程度ですので、上記の結果はかなり高速な値だと言えます。

結果をよく見てみると、1回目の再起動では1分弱の時間がかかっていたのに対し、回数を重ねるごとに時間が短くなっており、これはSSHDに搭載されたフラッシュメモリのキャッシュ効果だと言えると思います。

実際に販売されている製品が、全て上記のような結果になるとは限りませんが、少なくともキャッシュによる高速化の効果はあると考えて良いでしょう。



バッテリ駆動時間

HP ENVY 15-k014TXのバッテリ駆動時間を測定してみました。

測定に利用したソフトウェアはbbench、設定はストロークの実行が10秒毎、ワイヤレス接続によるネット(ブラウザ)へのアクセスが60秒毎。画面の輝度は50%に設定しています。


バッテリの電力残量が7%になるまでの時間は22845秒。
約6.3(6.3458333..)時間のバッテリ駆動が可能だという結果です。

消費電力がそれ程高くはないため、外部GPU搭載の構成であってもバッテリの持ちは比較的良いです。電源のない場所で利用する場合でも、しばらく作業を行う程度の電力の余裕があります。

本製品を外出時に持ち歩く方はそれ程多くはないと思いますが、例えば屋内での利用であっても、PCを持って部屋を移動する事は結構あると思います。

そういった使い方をされる場合に、バッテリ駆動時間が長いと電源残量を頻繁に気にしなくても良くなるため便利です。





HP ENVY 15-k014TX の構成や性能面については以上となります。

次記事では、本製品に標準搭載されているソフトや、HP ENVY 15-k000で提供されている製品ラインアップなどの内容に簡単に触れた後、製品についてまとめたいと思います。

次: HP ENVY 15-k000 に標準搭載されているソフトウェアの内容について解説 他

当ページに掲載の製品は販売終了しています。
現在HPでは、以下のゲーミングノートを販売中です。

OMEN by HP 15 製品ページ
OMEN by HP 15-ax200が最大35,100円お得になるスペシャルなキャンペーン 4月10日まで!