ドロイド君がパッケージにプリントされたキットカットはまだ販売されていませんが、GoogleのNexus 7が当たるかもしれない40周年記念キャンペーンのキットカットは既に販売されているという事で、早速キットカットを5袋買ってきました。

この記事をご覧になっている多くの方はご存知かと思いますが、数日前に次期Androidのリリースが「Android 4.4 KitKat」だと発表。Googleとキットカットを販売するネスレのコラボキャンペーンとして、今回のキャンペーンが実施される事になったそうです。

Nexus 7 プレゼントの対象は、プレーン味のキットカット ミニが15枚入ったパッケージと「オトナの甘さ」というキットカット ミニが13枚入ったパッケージ、そして「オトナの甘さ ストロベリー」というキットカット ミニが12枚入ったパッケージの3種です。

個人的な好みよりストロベリー味のキットカットを買いたかったのですが、残念ながらプレーンと「オトナの甘さ」しか販売されておらず、プレーンを3袋と「オトナの甘さ」を2袋購入しました。






少しでもコストを抑えようと、おかしのまちおかで購入しました。




なんと本来ならば1袋525円する商品が、1袋249円という破格で販売されていました。
5袋購入すると2600円弱かかるところを、半額以下の1245円で購入と、なんとなく得した気分です。




こちら、プレーンタイプのキットカット。
個包装されたミニタイプのキットカットが15枚入っています。




そして「オトナの甘さ」という、黒ビスケットを練り込んだキットカット。
こちらはプレーンよりも若干値打ちが高いようで、13枚しか入っていません。




キャンペーン対象であるかどうかは、パッケージの裏を見ればわかります。

実は、まちおかにはプレーンタイプの製品と「オトナの甘さ」の他に、抹茶味のキットカットも販売されており、最初はプレーンを2袋、黒ビスケットの「オトナの甘さ」を1袋、そして抹茶味を2袋買おうとしていたのですが、レジに持っていく際に何気なく裏を見たら、抹茶味のパッケージにはNexus 7 の文字が全く見当たらず・・

慌てて袋を戻し、レジへ出直しました。




パッケージにプリントされた、ドロイド君の応募マークを5枚集めてハガキで応募します。
ハガキで応募とは、なにを今さらという感じもします。





買うのはいいのですが、問題は消費。
私は甘いものは好きなのですが、最近は昔ほど甘いもの好きではなくなったため、これだけのチョコレート菓子を食べきるにはものすごく時間がかかりそうです。

たまに食べるのなら良いのですけれど甘いものは飽きやすいので、どうせならポテトチップのような塩系のお菓子にしてもらえると助かるのですが、potato chipsだと頭文字が「p」になるので、かなり先のバージョンになってしまいます。



とりあえず、ハガキを買ってきて応募してみる事にします。
といっても家には既にNexus 7があるので欲しいわけではないのですが、そういう場合に限って当たりそうな予感がします。

ドロイド君パッケージのキットカットは10月に出るそうで、こちらもまた買ってみるつもりです。