つい先日販売が終了してしまった製品なのですが、3D表示対応のモニター
Alienware OptX AW2310」を使ってみたので簡単にそのモニターの内容を掲載します。

主な特徴は23型で1,920×1,080ドットの解像度、応答速度は3msでパネルは120Hz駆動、
NVIDIAの「3D Vision」に対応しており、専用のグラスを使用することで3D映像を楽しむ事ができるというもの。

Alienwareという名を関している通り、ゲームに適したモニターです。

販売が終了したものの、この製品の後継モデルは出ないそうで
Alienwareシリーズのモニターがなくなった事を惜しむ声も多いよう。
(今後またAlienwareシリーズのモニターが発売されるのかどうかは不明)

もう売っていない製品ではありますが、今回の記事では簡単に写真等を掲載したいと思います。


【Alienware OptX AW2310 外観】

Alienware OptX AW2310の外観からチェックします。

全体の様子。
液晶の下部にAlienwareのロゴが配置されています。

ディスプレイアームのベース部分がゲーム向けという感じのデザインです。




液晶の背面。(ディスプレイアームは外してあります)
上の方にあるAlienwareのロゴはシールです。

VESAマウントに対応しています。




インターフェースの様子。
写真左から電源コネクター、ステレオミニジャック入出力、HDMI、DVI-D、
USBアップストリーム、USB2.0×4。

モニター出力等に必要なケーブルは全て付属しています。




背面下部に取り付ける端子用のカバーが付属していました。
埃等が入らないようにふさいでおく事ができます。




ディスプレイアームの背面には、エイリアンの顔。
結構大きく目立ちます。背面にあるのが残念です。




Alienware OptX AW2310を正面から見たところ。




スイーベルは左45度、右45度の角度まで可能です。




チルトは下3度、上21度の角度まで可能。




液晶の高さも、10cmの範囲内で調整する事ができます。
自分の使い易い角度高さに調整する事ができ、とても便利です。




Alienware X51と並べるとこんな感じ。

シンプルで格好良いです。

やはりシリーズで揃えた方が、統一感があってよいと思います。
なくなってしまったのが残念。




【Alienware OptX AW2310 3D機能】

3D機能を試してみました。

この製品はNVIDIAの「3D Vision」に対応しており、
アクティブシャッターグラスを用いる事で、3Dで映像を楽しむ事ができるようになります。


NVIDIA「3D Vision」のアクティブシャッターグラス


IRエミッター メガネと赤外線通信するものです



設定については省きます。
実際の3D映像は・・

120Hzのリフレッシュレートで応答速度が3msと高速である為、くっきりとした綺麗な3D映像が楽しめます。
素早い動きの映像でも画面のちら付きがありません。

FPSのようなアクション系ゲームのプレイにも適したモニターだと言えます。



Alienware OptX AW2310については以上です。

もう販売されておらず、後継となる製品も出る予定はないという事ですが、
PC周りをAlienwareで統一したいというユーザー向けに、新製品が登場するのを期待したいところです。