前に載せてからから結構間が空いてしまいましたが、IdeaPad Z570のレビューです。
(前→ IdeaPad Z570 コーラルブルーモデルのレビューです

IdeaPad Z570 コーラルブルーモデル

IdeaPad Z570は、3月に発表・4月に発売されたモデルで、
今回登場したコーラルブルーモデルは5月に追加で発表・発売されたモデル。

従来のメタルレッドやスモーキーグレーのモデルとはやや雰囲気が異なり、
天板にもキーボードにも透明感のある爽やかなブルーのデザインが施されています。

内容はインテルのSandy Bridgeに、標準で4GBのメモリや750GBのHDDなど、
比較的高性能な内容で、ブルーレイディスクドライブなども標準搭載。

エンターテインメント機能とデザインに拘った、IdeaPadのスタンダードなモデルです。


というわけで前置きはこの位にし、
何回かに分けてIdeaPad Z570の詳細を掲載して行きたいと思います。

以下、Z570の各部写真とインターフェースの内容です。


Z570の天板

Z570の天板

Z570の天板。
単なるブルーではなく、全面にピラミッド模様が施されています。

その模様を上から透明な外装カバーで覆う事により、3D効果を演出しているとの事。
なので色自体はかなり明るめのブルーですが、透明感と奥行があってきつくは見えません。



Z570の天板 レノボロゴ

天板にはLenovoのロゴ。



Z570 左側面

Z570 左側面左

Z570 左側面右

Z570の左側面。
セキュリティロックケーブル用のスロットに電源コネクタ、VGA、HDMI、
eSATA/USB2.0のコンボ、USB2.0が並びます。



Z570 前面

Z570 前面左

Z570 前面右

前面には各種のインジケーターランプに無線LANのオンオフ、5in1メディア・カード・リーダー。



Z570 右側面

Z570 右側面左

Z570 右側面右

Z570の右側面。
ヘッドフォン出力、マイク入力、USB2.0、ブルーレイディスクドライブ、USB2.0、LAN。



Z570 背面

背面には何も配置されていません。



Z570 全体

IdeaPad Z570には、15.6型HD(1,366×768)の光沢液晶が搭載されています。



Z570 キーボード

Z570 キーボード

Z570のキーボード。
キーボードベゼルだけでなく、キーボードもコーラルブルーのカラーです。

アイソレーションタイプで、ベゼル上部の左右にはスピーカーを搭載。



Z570 キーボード左

Z570 キーボード右

キーは「ね」「る」「め」「ろ」のピッチが若干狭め。
テンキーを搭載していますが、テンキーとエンターキーの間に境が無い為、
慣れていないと若干打ち難いかもしれません。

自分も、他のPCを使った後にこのテンキーとの間に境目がないキーボードを使うと、
慣れるまではスムーズに打てなく、ミスが多くなります。



電源ボタンなど

キーボードベゼル左上には、電源ボタンや OneKey Rescue Systemボタン、インジケーターランプ。

OneKey Rescue Systemボタンは、バックアップ&リカバリソフト
「 OneKey Rescue System 」の起動ボタンです。



各種機能ボタン

一見するとボタンには見えないのですが、キーボードベゼル右上にもボタンが配置されています。
ミュートや音量調節、サーマル・マネジメント・システムボタン、OneKey Theatreボタン。

これらのボタンはマシン起動時、ランプが点灯します。



Z570 タッチパッド

タッチパッドは分離型ですが、クリックボタンがシーソータイプで若干使い難いです。



タッチパッド

パッド表面には、細かい突起が設けられています。



Z570 内蔵マイク

左側パームレストには、マイクを内蔵。



Z570 パームレスト

右側のパームレストには各種シールと、IdeaPadのロゴを配置。



Z570 ロゴ

Z570 ウェブカメラ

液晶ベゼル左下には「Z570」のロゴ、ベゼル上部には200万画素のウェブカメラを搭載。



Z570 底面

Z570の底面です。



バッテリー

Z570 底面

Z570 底面内部

Z570の底面スロットカバーの内部。
左から無線LANモジュール、HDD、内蔵電池、メモリ、CPUや冷却ファンなどを配置。



Z570 メモリ

Z570 メモリ

メモリは標準で4GB搭載されています。
メーカーはRAMAXEL。



Z570 付属品

今回のモデルには、Office Home and Business 2010を標準搭載。




IdeaPad Z570 の外観については以上となります。

引き続き、Z570の記事を掲載していきますので、
製品に興味をお持ちの方は、次のZ570の記事も是非ご覧下さい。