前記事(HP Stream Mini 200-020jp レビュー HDDの増設も可能な税込2万円台の超小型PC)に続き、今回はHP Stream Mini 200-020jpの構成特徴と性能面について。

掲載製品は、Windows 8.1、Celeron 2957U、メモリ2GB、32GB SSDという構成のマシン。

本製品で提供されているのは上記構成のみで、保証やソフトなどのカスタマイズは行えるものの、主要なパーツのカスタマイズオプションは提供されていません。

今回は、そんなHP Stream Mini 200-020jpの特徴解説と、実際のパフォーマンスについて検証を行った結果を掲載したいと思います。

当ページに掲載の製品は販売終了しています。
現在販売中の製品は以下のページよりご確認ください。

HP Directplus デスクトップ一覧&キャンペーン情報

【HP Stream Mini 200-020jp レビュー記事目次】

・HP Stream Mini 200-020jp 筐体外観や内部構造・付属品をチェック
筺体外観・インターフェース筐体内部の構造HDD増設キットが付属重量キーボード・マウスOneDrive 200GBが2年無料

・構成特徴とベンチマークテストの結果
構成と特徴ベンチマーク結果消費電力・温度再起動にかかる時間

・プリインストールされているソフトウェアの内容について
プリインストール・ソフトウェアの内容

・HP Stream Mini 200-020jp にHDDを増設
HDDを増設してみる増設後の様子

・製品のまとめ
HP Stream Mini 200-020jp まとめ

※掲載製品は メーカー様よりお貸出しいただいたものとなります。


HP Stream Mini 200-020jp 構成内容とその特徴について

まず、掲載しているHP Stream Mini 200-020jpの構成内容と特徴を解説します。
以下はCPU-Zの実行結果と、掲載モデルの構成内容です。

【CPU-Z】





【HP Stream Mini 200-020jp の主な構成】

OS   Windows 8.1 Update 64bit
プロセッサ   Celeron 2957U(1.40GHz)
グラフィックス   インテル HD グラフィックス
メモリ   2GB(2GB×1/PC3L-12800/2スロット/最大16GB)
ストレージ   32GB SSD(M.2/SATA/SanDisk製)
光学ドライブ   なし
無線機能   IEEE802.11b/g/n、Bluetooth 4.0
拡張ベイ   2.5インチ×1
拡張スロット   M.2 (SATA) Type2242×1、M.2 (PCI Express) Type1630×1
電源   45W 外付けACアダプター
サイズ   145×146×53(幅×奥行き×高さ/mm)
重量   約550g
カラー   コバルトブルー
キーボード・マウス   ワイヤレス日本語キーボード(Windows 8ショートカットキー付)、ワイヤレス光学スクロールマウス
特典   Microsoft OneDrive 200GB (2年間)
保証   1年間 (引き取り修理サービス、パーツ保証)、使い方サポート1年間

※掲載の価格や仕様・解説等は、記事を作成した2015年03月16日時点のものです。

OSにWindows 8.1、CPUにCeleron 2957U、メモリ2GB、32GB SSDを搭載する構成のマシンです。

主要なパーツだけを見ると、ストレージの容量が小さい以外に特徴はありませんが、OneDrive 200GBを2年利用できる特典が付属していたり、無線LANの標準搭載やワイヤレスキーボード&マウスの標準付属など、税込2万円台という製品価格の割に、盛りだくさんな内容です。

2.5インチの拡張ベイを内蔵している部分も見逃せません。

最近では2~3万円台のPCもそれ程珍しくはありませんが、細かい所を見ると価格相応の製品であったり、ストレージ容量が極端に小さいなど、妥協しなくてはならない点を持っている事が少なくはありません。

本製品もストレージの容量が小さいという点では妥協が必要ですが、代わりにオンラインストレージの特典が付属していたり、HDDの増設が可能であったりと、32GBという小さいストレージ容量の使いにくさを補う抜け道が複数用意されており、工夫次第ではマシンの使い勝手を大きく変えることができます。

HDDの増設については、トラブル時に製品保証の対象外となる可能性が高い為、大きな声でお勧めできる行為ではありませんが、パーツの増設ができるからこの製品を選ぶというユーザーは少なくないのではと思います。

様々な製品をご紹介していますが、本製品はその中でも特にお買い得感の高い製品です。



搭載されているストレージの内容を詳しくチェックします。


搭載されているSSD


ディスクの内訳


Cドライブの容量

SanDisk製の「SDSA6MM-032G-1006」という32GB M.2 SSDが搭載されていました。

M.2規格のSSDですが SATA接続であるため、速度は昨今の超高速SSDに比べると劣りますが、劣るといっても十分に高速な部類です。

2~3万円の製品とは思えない位、快適なパフォーマンスで作業が行えると思います。

気になるのは残容量ですが、ディスクの管理で確認を行ってみた所、Cドライブに割り当てられているのは23.86GB。そのうち、ユーザーが利用できるのは初期時で20GB弱となっていました。

本製品はOSがWimブートでインストールされているため、ストレージの容量が少ないながらもCドライブの大半をユーザーが利用できるなど、容量の割には比較的自由な使い方ができそうです。

といっても、Windowsアップデートのたびに空き容量は減少しますので、沢山のソフトウェアをインストールしたい方には不向きです。



ベンチマークテストの結果

以下、HP Stream Mini 200-020jpで実施したベンチマークテストの結果です。


【Win エクスペリエンス・インデックス】

プロセッサ 5.7
メモリ 5.5
グラフィックス 4.4
ゲーム用グラフィックス 4.8
プライマリ ハードディスク 7.55

※WinSAT.exeの実行によってスコアを取得しています。


【CrystalDiskMark】

Seq 431.693.33
512K 221.346.40
4K 12.316.184
4K QD32 33.455.295

いずれも数値は左がRead、右がWrite、テストデータはランダム


【3DMark】


テストの結果


Fire Strikeの詳細

Ice Storm・・・ 23154
Cloud Gate・・・ 2101
Sky Diver・・・ 1429
Fire Strike・・・ 308


【モンスターハンターフロンティア 大討伐】

1280×720

1280×720 ・・・ 1427~1432


【BIOHAZARD 6】

1280×720

1280×720 ・・・ SCORE:899 / RANK:D


【FINAL FANTASY XIV 新生エオルゼア キャラクター編】



1360×768(標準品質/デスクトップPC) ・・・ SCORE:1789 / 評価:設定変更を推奨
1920×1080(標準品質/デスクトップPC) ・・・ SCORE:1049 / 評価:設定変更が必要
1360×768(高品質/デスクトップPC) ・・・ SCORE:839 / 評価:動作困難


【ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族】

1280×720(標準品質)

1280×720(標準品質) ・・・ スコア:2772 / 評価:やや重い


【CINEBENCH】

OpenGL ・・・ 14.30fps
CPU ・・・ 91cb


グラフィック性能は低いですが、多くのベンチマークテストを実行できるだけのパワーは持ち合わせているようです。

CPUやグラフィック性能は価格なりと言った所ですが、ディスク性能はシーケンシャルリードが400MB/s超えと、かなり高速。

容量が小さい事もあり、書込み速度となると極端に速度は落ちますが、普通に使っていて遅いと感じるような事はあまりないと思います。


消費電力・温度

HP Stream Mini 200-020jpの消費電力を測定。
以下はアイドル時とベンチマーク(BIOHAZARD 6)実行時の消費電力値です。

アイドル時 ・・・ 5W
ベンチマーク実行時 ・・・ 23W

※実際の値は若干上下する為、平均と思われる値を掲載しています

アイドル時は5Wと、消費電力はとても低いです。




筺体内のパーツ温度を測定してみました。
以下はアイドル時、ベンチマーク実行時(BIOHAZARD 6を20分以上実行)のパーツ温度測定結果です。

全体的に温度は低いです。

なお、上記表のCPUの項目に「Core i5-4350U」の記載がありますが、本製品に搭載されているCeleron 2957UがCore i5-4350Uの廉価版であるという事から、このような表示になっているのだと思われます。


再起動(起動&シャットダウン)にかかる時間

PassMark Rebooterを利用し、HP Stream Mini 200-020jpの再起動にかかる時間を測定。
以下は10回の再起動測定時間と、その平均値です。

1回目 0:38
2回目 0:32
3回目 0:29
4回目 0:29
5回目 0:30
6回目 0:29
7回目 0:29
8回目 0:29
9回目 0:30
10回目 0:30

再起動の平均時間 ・・・ 30秒

HP Stream Mini 200-020jpの再起動にかかる時間はおよそ30秒。
SSDを搭載する多くのPCでは、再起動に30~40秒程度かかるという結果が出ており、本製品の再起動時間はかなり速い方だと言えます。

安価な製品にしては、使い勝手がよいです。



プリインストール・ソフトウェアの内容

HP Stream Mini 200-020jpにプリインストールされている、ソフトウェアの内容を簡単にご紹介します。

以下は初期時のデスクトップやスタート画面、アプリ一覧画面の様子です。
製品購入時のオプション選択の内容などによっては、以下とは異なる可能性がありますので、一例としてご覧ください。




デスクトップ画面


スタート画面(モダンUI)


アプリ一覧画面

本製品にプリインストールされているのはWindows 8.1 標準のソフトウェアに加え、HP製の各種ツール、セキュリティソフトの「マカフィーリブセーフ」、サウンドユーティリティの「Dts Sound+」などで、期間限定のキャンペーンとして、Dropbox 25GBを6か月間無料で利用できるという特典が付属。

ストアアプリに関しては、「HP Connected Photo」や「HP Windows 8入門」、「マカフィーセントラル」、「tripadvisor」、「The Weather Channel」などの標準ではないアプリが搭載されていました。

HP製のツールについては、PCの全般的な管理を行える「HP Support Assistant」やリカバリーツールの「HP Recovery Manager」、ユーザーガイドなどを参照できる「HP Documentation」、プロダクトナンバーやシリアルナンバーなどを表示する「HP support information」を搭載。

ストレージの容量が少ないだけあって、ソフトは最低限必要なもののみの搭載となっているようです。


ちなみに2015年3月16日現在 HP Stream Mini 200-020jpでは、製品価格はそのままで「KINGSOFT Office2013 Standard」が付属するというキャンペーンモデルを提供中です。

KINGSOFT Officeが必要な方は、公式ページのモデル一覧よりキャンペーンモデルをご選択ください。(キャンペーンは既に終了している可能性があります)




HP Support Assistant PCのメンテナンスや更新など、全般的な管理を行える


HP Recovery Manager バックアップやリカバリを行うツール リカバリメディアの作成も行える


Recovery Managerよりリカバリメディアの作成を実行すると、回復ドライブの作成ウィザードが表示された


Dropbox 25GBを6か月間無料で利用できる OneDrive 200GB分が付属しているが Dropboxも結構便利





HP Stream Mini 200-020jpの構成や性能、ソフトウェアについては以上となります。
次記事では、本製品に標準付属しているHDD増設キットを使用し、実際にHDDの増設を行ってみたいと思います。

次: HP Stream Mini 200-020jp へHDDを増設 HDD増設キットが標準付属

当ページに掲載の製品は販売終了しています。
現在販売中の製品は以下のページよりご確認ください。

HP Directplus デスクトップ一覧&キャンペーン情報