日本HPが販売するデスクトップPC、HP ENVY 700-570jp/CTのレビューです。

HP ENVY 700-570jp/CTは、フルカスタマイズに対応した東京生産のミニタワーデスクトップPC。HPで販売されている個人向けのデスクトップPCでは唯一、Windows 7を搭載するモデルとなります。

構成は最大でCore i7-4790や GeForce GTX 770をはじめ、ストレージには512GBのSSDも選択できるなど、昨年の冬モデルに比べて構成選択の幅が広がりました。

OSのWindows 7は、Windows 8.1 Proからのダウンロード権を利用したものであるため、好みのタイミングでWindows 8.1に切り替える事ができるなど、将来的にも長く利用する事ができると思われる製品です。ビジネス用のPCとしても適していると言えるでしょう。

今回は、そんなHP ENVY 700-570jp/CTの筺体や構成、性能、使用感等について詳しく解説します。Windows 7搭載のデスクトップPCの購入を検討されている方は、是非記事に目を通してみてください。

当ページに掲載の製品は販売終了しています。
現在販売中の製品については、以下の記事をご覧ください。

OMEN by HP Desktop 870 実機レビュー

【HP ENVY 700-570jp/CT レビュー記事目次】

・HP ENVY 700-570jp/CT 筐体外観・内部の構造
筐体外観筐体内部の構造キーボードとマウスWindows 8.1のインストールメディアが付属

・HP ENVY 700-570jp/CTの構成特徴とベンチマークテストの結果について
構成と特徴ベンチマークテストの結果消費電力・温度再起動にかかる時間

・標準搭載されているソフトウェアの内容や製品のリカバリ手順など
プリンストール・ソフトウェアHP Recovery Managerによるリカバリ手順

・製品のまとめ
HP ENVY 700-570jp/CT まとめ

※掲載製品は メーカー様よりお貸出しいただいたものとなります。


HP ENVY 700-570jp/CT 筐体外観の様子をチェック

まず、HP ENVY 700-570jp/CTに使用されている筐体の外観をチェックします。

といっても、筺体は冬モデルから変わっていません。
また現在販売中の、Windows 8.1を搭載する「HP ENVY 700-560jp/CT」にも同じ筐体が使用されています。




フロントパネル全体の様子

筺体サイズは縦置きの状態で、幅約175mm、奥行き415mm、高さ412mmで重量は約9㎏。

ミニタワータイプと、やや小ぶりのPCです。
といっても、環境にもよりますが、机の上に置くには少し大き過ぎる感じのサイズだと思います。





フロント上部には2基の光学ドライブベイを搭載 写真は上のベイにのみドライブが搭載されている





ドライブベイの下には開閉可能なスライドドアが設置されている

スライドドアの中身はメディアカードリーダーに、USB2.0が4基。
前面からアクセスできる端子が多く、使い勝手が良いです。




PCの電源をオンにすると、スライドドア付近のLEDが赤く点灯


フロントパネルの下部付近には「hp」や「ENVY」「Beats Audio」のロゴが入っている



フロントパネルの左右や下部には吸気口が設置されている





筺体左側面の様子

筺体左側のサイドパネルには、2か所にメッシュ仕様の通気口が設置されています。




筺体右側面の様子

右側面のサイドパネルにもメッシュ仕様の通気口を設置。





筺体底面に設置されている足は前後で高さが異なり、底面が傾斜するような構造となっている




筐体背面側のインターフェースの内容をチェックします。
背面の端子の内容は選択する構成によって違ってきますので、一例としてご覧ください。


背面全体図

端子の内容は、上から電源コネクター、DVI×2、DisplayPort、HDMI、オーディオポート×6(ライン入力、ライン出力、マイク入力、センターサブウーファー、リアスピーカー出力、サイドスピーカー出力)、USB3.0×2、USB2.0×2、LAN、デジタル音声出力(光)という内容です。

本製品はマザーボードが逆倒立の配置となっているため、背面端子の配置も一般的なPCに比べると逆。といっても、使い勝手には特に影響しないと思います。




天面の様子

天面には、中央が緩やかに窪むお椀のような形状が採用されています。
周辺機器など、物を置くトレイとして利用できます。



天面の前方には電源ボタンやUSB3.0×2、マイク入力、ヘッドフォン出力が配置されています。
この部分にあるUSBは、スマートフォンやタブレットの充電に便利です。




天面後部にはHEWLETT-PACKARDの文字が印字されている



筐体内部の構造

外観に続き、筐体内部の構造について簡単に解説します。

内部へアクセスするには背面にあるネジを外し、右側面のサイドパネルを開きます。ネジはドライバーなどを使わずに緩める事が可能です。

パーツの追加や換装など、全体的にメンテナンスしやすい構造です。




背面のネジ よほどきつく締めない限りドライバー等を使わず緩める事が可能


筐体内部全体の様子

見ての通りマザーボードが逆の配置となっており、CPUやメモリが下の方にあります。
エアフローは筐体前面から吸気し、内部の熱を含んだ空気が背面へ抜けるという流れです。




グラフィックカードが搭載されている

今回はグラフィックカードを搭載する構成ですが、内蔵グラフィックスの構成を選択する事もできます。

グラフィックカードを入れると容量一杯な感じですが、配線等は綺麗にまとめられており整頓された印象を受けます。カードはステーで固定されているため、配送等の揺れで接続が緩んだりする事もなさそうです。




フロント側上部には5.25インチベイが2基

標準構成では上部のベイにDVDスーパーマルチドライブが搭載されます。
カスタマイズでDVDスーパーマルチドライブをブルーレイドライブに変更する事が可能です。




光学ドライブベイの下部には3.5インチベイが3基

ストレージは最大3台まで搭載する事が可能。
カスタマイズでは2台までの搭載となるようで、1台目にはHDDおよびSSDを選択する事ができます。

ベイは簡単に取り外しができるツールレス構造であるため、メンテナンスも楽です。




サイドパネルの裏に、パーツの分解の仕方を簡単に解説したシールが貼られている


CPUやメモリ付近の様子


メモリの左側にmSATAスロットが見える

mSATAへのパーツ搭載オプションは提供されていませんが、mSATA SSDなどを取り付ける事ができそうです。




電源は500W +12Vは4系統で最大470W

2014年の冬モデルには460Wの電源ユニットが搭載されていたのですが、今回の春モデルより500Wの電源に変更となりました。



付属のキーボード・マウス

HP ENVY 700-570jp/CTに標準付属されているキーボードやマウスをご紹介します。
キーボードやマウス無しの構成も選択可能です。


キーボード全体の様子


キーボード左半分を拡大


キーボード右半分を拡大

Windowsキーが左と右の2か所に搭載されたUSBタイプのキーボードです。

Windows 8.1を搭載するHP ENVY 700-560jp/CTに付属するキーボードとは種類が異なり、HP ENVY 700-560jp/CTのキーボードに搭載されているWindows 8向けのショートカット機能はありません。

ストロークは約4.1mmとかなり深め。

個人的にはストロークの深いキーボードは好みですが、最近は薄型PCの影響でデスクトップ向けでもストロークの浅いキーボードが多く、そちらに慣れてしまっているためか、使い心地は良くも悪くもなくといった感じです。




キートップは中央が緩やかに窪む構造 指を置きやすい


キーボード底面全体


キーボード底面の前方側に配置されているゴム足


底面後方にはチルトスタンドが設置されている



チルトスタンドを立てるとキーボード面が緩やかに傾斜する

付属のUSBマウス。
ボタン2つにホイールと、特に変わったボタンや機能は搭載されていません。



おまけで、今回のモデルに付属していた映像端子の変換アダプター。
グラフィックカード選択時のみ付属するもののようです。



Windows 8.1 Pro Updateのインストールメディアが付属

先にも書きましたが、今回の製品はWindows 8.1 Proからのダウングレード権を利用する事でWindows 7を利用できるようにしたものである為、Windows 8.1 Pro Update(64bit)のインストールメディアが標準で付属します。

メディアを利用してWindows 7からWindows 8.1にアップグレードする事が可能ですが、Windows 7 のリカバリメディアは添付されていませんので、一度Windows 8.1にアップグレードしてしまうとWindows 7へ戻す事ができなくなります。

Windows 8.1へアップグレードするけれど、またWindows 7を利用するかもしれない・・という方は、Windows 7を搭載した状態のマシンのリカバリメディアを作成するか、製品購入時に「DVD リカバリメディアキット(5000円/税抜/2015年2月10日)」を購入される事をお勧めします。

ちなみにリカバリメディアは簡単に作成できますので、面倒でなければ自分で作成した方がコストは抑えられます。




リカバリメディアはリカバリマネージャで作成できる





HP ENVY 700-570jp/CTの筐体外観や内部構造、付属品等については以上となります。

次記事では、掲載製品の構成や性能面、ソフトウェア等について詳しく触れたいと思います。
製品に興味をお持ちの方、購入を検討されている方は次記事にも目を通してみてください。

次: HP ENVY 700-570jp/CTのベンチマーク結果 GTX770を搭載する最上位モデルの性能チェック

当ページに掲載の製品は販売終了しています。
現在販売中の製品については、以下の記事をご覧ください。

OMEN by HP Desktop 870 実機レビュー