前記事(HP ENVY 700-570jp/CT レビュー Windows 7を搭載する東京生産のハイエンドミニタワー)に続き、今回はHP ENVY 700-570jp/CTの構成特徴やベンチマークテストの結果について。

今回掲載しているのはOSにWindows 7、CPUにCore i7-4790、メモリ16GB、GeForce GTX 770(2GB)、ストレージには 512GB SSDと1TB HDDを搭載するという内容のモデル。

本製品で提供されている、最上位構成のモデルのメモリやストレージをカスタマイズした内容のマシンで、グラフィック性能が高い事はもちろん、起動等の動作もサクサクと高速です。

今回は、そんなHP ENVY 700-570jp/CTの構成面での特徴に加え、上記構成を持つモデルの性能について詳しく触れてみたいと思います。

当ページに掲載の製品は販売終了しています。
現在販売中の製品については、以下の記事をご覧ください。

OMEN by HP Desktop 870 実機レビュー

【HP ENVY 700-570jp/CT レビュー記事目次】

・HP ENVY 700-570jp/CT 筐体外観・内部の構造
筐体外観筐体内部の構造キーボードとマウスWindows 8.1のインストールメディアが付属

・HP ENVY 700-570jp/CTの構成特徴とベンチマークテストの結果について
構成と特徴ベンチマークテストの結果消費電力・温度再起動にかかる時間

・標準搭載されているソフトウェアの内容や製品のリカバリ手順など
プリンストール・ソフトウェアHP Recovery Managerによるリカバリ手順

・製品のまとめ
HP ENVY 700-570jp/CT まとめ

※掲載製品は メーカー様よりお貸出しいただいたものとなります。


HP ENVY 700-570jp/CT 構成内容とその特徴について

HP ENVY 700-570jp/CTの構成内容とその特徴について解説します。
以下はCPU-Z、GPU-Zの実行結果と、掲載モデルの構成内容です。

【CPU-Z】





【GPU-Z】

【HP ENVY 700-570jp/CT の主な構成】

OS   Windows 7 Professional 64bit
プロセッサ   Core i7-4790(3.60GHz/TB時最大4.00GHz)
チップセット   Z97 Express
グラフィックス   NVIDIA GeForce GTX 770(2GB)
メモリ   16GB(8GB×2/PC3-12800/4スロット/最大32GB)
ストレージ   512GB SSD(SanDisk製)+ 1TB HDD(7200rpm/Western Digital製)
光学ドライブ   DVDスーパーマルチドライブ
無線機能   なし
拡張ベイ   5.25インチ×2、3.5インチ×3
拡張スロット   PCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI Express Mini Card×1、Mini SATA ×1
BeatsAudio   対応
電源   500W(80PLUS BRONZE)
サイズ   175×415×412(縦置き/幅×奥行き×高さ/mm)
重量   約9.0kg
キーボード・マウス   USB日本語キーボード、USB光学スクロールマウス
保証   1年間 (引き取り修理サービス、パーツ保証)、使い方サポート1年間

※記事に記載の仕様や解説等は、記事を作成した2015年02月12日時点のものです。

OSにWindows 7 Professional、CPUにCore i7-4790、メモリ16GB、NVIDIA GeForce GTX 770(2GB)、ストレージには512GB SSDと1TB HDDを搭載する構成内容のモデルです。

本製品で提供されている、最上位構成モデルのメモリとストレージをカスタマイズした内容の製品で、CPUやグラフィック性能だけでなくストレージも高性能であるなど、非常に快適なパフォーマンスを持ち合わせています。

本製品では上記構成の他に、CPUにはCore i5-4590を、グラフィックスには内蔵グラフィックスをはじめ、GTX760を選択可能。

またメモリは4GB~最大32GB、ストレージは起動ドライブにHDDやSSDを、また2台めのストレージには最大3TBのHDDを選択する事ができます。

光学ドライブは、標準のDVDスーパーマルチドライブをブルーレイディスクドライブに変更可能、また今回のモデルには搭載されていませんが、IEEE802.11ac対応の無線LANの追加なども行えます。

より詳しいカスタマイズ内容については製品ページにてご確認いただくとして、製品の用途は様々だと思いますが、本製品はビジネス用として、またゲーム用途に利用するにしても十分な内容の製品です。

なお、ゲームメインに利用したいという場合は、HP ENVY 700-560jp/CTiconもおすすめです。
HP ENVY 700-560jp/CTはWindows 8.1搭載のモデルとなりますが、最大でGeForce GTX 980を選択可能であるなど、よりハイスペックな構成が選べます。

筺体は掲載製品と同じであるため、デザインや使い勝手などは変わりません。あわせてチェックしてみてください。



搭載されているストレージの内容を詳しくチェックします。


SSDの仕様


HDDの仕様


ディスクの内訳

起動ドライブであるSSDには、SanDisk製の「SD7SB2Q-512G-1006」という型番の512GB SSDが、2ndドライブにはWestern Digital製の「WD10EZEX-60M2NA0」という1TB HDD(7200rpm)が搭載されていました。

512GBという容量の大きいSSDを搭載しており、速度だけでなく容量的にも非常に余裕のあるモデルです。

HDDを搭載しているため、SSDの容量は小さくてもよいと思いますが、沢山ソフトウェアをインストールするような場合は、起動ドライブの容量は大きい方が扱いやすいです。

もちろん、起動ドライブにHDDを選択する事もできます。

なお、カスタマイズで提供されているのは2ドライブ構成のみですが、HDDベイは計3台用意されていますので、市販のディスクを追加すれば3ドライブ構成も可能です。



ベンチマークテストの結果

以下、HP ENVY 700-570jp/CTで実行したベンチマークテストの結果です。


【Win エクスペリエンス・インデックス】

プロセッサ 7.8
メモリ 7.8
グラフィックス 7.9
ゲーム用グラフィックス 7.9
プライマリ ハードディスク 7.9


【CrystalDiskMark】

Seq 443.9393.9
512K 319.0340.7
4K 31.3794.12
4K QD32 358.4296.3

数値は左がRead、右がWrite、テストデータはランダム


【モンスターハンターフロンティア 大討伐】

左:1360×768 / 右:1920×1080

1360×768 ・・・ 31071~31119
1920×1080 ・・・ 18227~18298


【ファンタシースターオンライン2 ver. 2.0】

左:1360×768 / 右:1920×1080

1360×768(描画設定3) ・・・ 116581
1920×1080(描画設定3) ・・・ 70786

~2000 処理負荷によっては動作が重くなる
2001~5000 標準的な動作が見込める
5001~ 快適に動作


【BIOHAZARD 6】

左:1360×768 / 右:1920×1080

1360×768 ・・・ SCORE:17931 / RANK:S
1920×1080 ・・・ SCORE:11986 / RANK:S


【FINAL FANTASY XIV 新生エオルゼア キャラクター編】

左:1360×768 / 中央:1920×1080(高品質) / 右:1920×1080(最高品質)


1360×768(高品質/デスクトップPC) ・・・ SCORE:18476 / 評価:非常に快適
1920×1080(高品質/デスクトップPC) ・・・ SCORE:11950 / 評価:非常に快適
1920×1080(最高品質) ・・・ SCORE:11498 / 評価:非常に快適


【ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族】

左:1280×720 / 中央:1920×1080 / 右:1920×1080(最高品質)

1280×720(標準品質) ・・・ スコア:18415 / 評価:すごく快適
1920×1080(標準品質) ・・・ スコア:18099 / 評価:すごく快適
1920×1080(最高品質) ・・・ スコア:17700 / 評価:すごく快適


【CINEBENCH】

OpenGL ・・・ 120.10fps
CPU ・・・ 763cb


多くのゲームを高画質設定でプレイできる性能を持ち合わせています。
ストレージの速度も十分です。

今回の構成はゲームはもちろんですが、写真や動画編集などをしたいという方にも向いています。



消費電力・温度

HP ENVY 700-570jp/CT の消費電力を測定。
以下はアイドル時とベンチマーク(BIOHAZARD 6)実行時の消費電力値です。

液晶の消費電力は含んでいません。

アイドル時 ・・・ 34W
ベンチマーク実行時 ・・・ 266W

※実際の値は若干上下する為、平均と思われる値を掲載しています

高性能なグラフィックカードを搭載しているため、ベンチマーク実行時の消費電力がかなり大きいです。




筐体内にあるパーツの温度も測定してみました。
以下はアイドル時とベンチマーク実行時(BIOHAZARD 6を20分以上実行)のパーツ温度です。

グラフィックカードの温度がやや高めですが、同じような構成を持つ他の製品でも同じくらいの温度になっており、一般的な温度の範囲内だと思います。

その他のパーツの温度は全体的に普通~低めです。



再起動(起動&シャットダウン)にかかる時間

PassMark Rebooterを利用し、HP ENVY 700-570jp/CT の再起動にかかる時間を測定。
以下は10回の再起動測定時間と、その平均値です。

1回目 0:25
2回目 0:22
3回目 0:25
4回目 0:22
5回目 0:24
6回目 0:21
7回目 0:22
8回目 0:24
9回目 0:22
10回目 0:22

再起動(起動&シャットダウン)の平均時間 ・・・ 22秒

HP ENVY 700-570jp/CT の再起動にかかる時間は約22秒。

これまで行ったテストでは、SSDを搭載したPCの再起動時間はおよそ30~40秒という結果が多く、本製品の再起動にかかる時間はかなり早いと言えます。

今回の構成では、速度面でストレスを感じるような事はまずないでしょう。
ただし、搭載されるパーツの内容によっては、上記とは異なる結果が出る可能性があります。






HP ENVY 700-570jp/CTの性能面については以上となります。

引き続き、次記事では本製品に搭載されているソフトウェアの内容と、HP Recovery Managerを利用したリカバリ手順について簡単に解説します。

次:HP ENVY 700-570jpに搭載のソフトウェアについて HP Recovery Managerを利用したシステムリカバリ手順など

当ページに掲載の製品は販売終了しています。
現在販売中の製品については、以下の記事をご覧ください。

OMEN by HP Desktop 870 実機レビュー