HPが販売するオールインワンPC、HP Pavilion 24-a100jpレビューです。

HP Pavilion 24-a100jpは、インテルの第6世代Coreプロセッサを採用するオールインワンPC。
わずか6.4㎜という、ネロベゼルディスプレイを採用することによって画面サイズを抑えると共に、スタイリッシュな外観を実現しています。

2画面出力も可能となっているため、市販のディスプレイに出力して利用できることはもちろんですが、別売りとなっているHP製のベゼルレスフレームディスプレイと組み合わせれば、マルチディスプレイながら1画面で作業を行っているような感覚で作業を行えます。

GeForce 930MXを標準搭載しており、グラフィック性能が高めなところも魅力です。

今回は、HP Pavilion 24-a100jpでラインアップされている上位モデル「HP Pavilion 24-a173jp パフォーマンスモデル」を使用してみましたので、その使い勝手や性能面を詳しくご紹介したいと思います。

インテル第7世代CPUを搭載する「HP Pavilion 24-a200jp」が登場しました。
筐体やCPU以外の構成は、HP Pavilion 24-a100jpと変わらないため、購入を検討されている方は本記事を参考にしていただけると思います。

【HP Pavilion 24-a100jpレビュー記事目次】

・HP Pavilion 24-a100jp 筺体外観や操作性をチェック
外観・インターフェース付属のキーボード&マウス速攻!HPパソコンナビ特別版が同梱

・構成内容と特徴・ベンチマークテストの結果
構成と特徴ベンチマークテストの結果消費電力・温度再起動時間

・製品のまとめ
HP Pavilion 24-a100jp まとめ

※掲載製品は メーカー様よりお貸出しいただいたものとなります。


HP Pavilion 24-a100jp 筺体外観・インターフェース

まず、HP Pavilion 24-a100jpの外観をチェックします。

外観の大きな特徴は、6.4mmの超狭額ベゼルを採用している部分です。
一般的な製品と比較して、ディスプレイのベゼルを75%程度縮小しているのだとか。

本製品は23.8型の液晶を搭載するモデルですが、画面サイズの割にコンパクトですし、ベゼルがないので圧迫感もなく垢抜けた印象を受けます。



ディスプレイ全体の様子です。
23.8型ワイドフルHD(1920×1080)のIPS光沢パネルを採用しています。

光沢パネルであるため、明るい場所ではやや光沢感が目立ちますが、電源オンの状態ではそれ程気になりません、また視野角が広く、どの角度からみても色鮮やかで鮮明な表示です。

外観がスタイリッシュで美しく、製品の見た目にこだわるような方には特に魅力の大きいオールインワンPCですね。未使用時、スタンドの上にキーボードを収納しておけるところも便利です。




ディスプレイ下部にはスピーカー。
B & O Playのサウンドテクノロジーに対応するスピーカーです。

付属のユーティリティを使用してサウンドのカスタマイズを行うことができます。



ベゼルが狭すぎるため、Webカメラはないのかなと思いましたが・・




なんと、HP TrueVision HD Webcam(92万画素)によるポップアップ式のカメラが搭載されていました。
この構造は面白いです。




ディスプレイの下部にあたる部分に、幾つかの端子が搭載されています。
写真左側からUSB3.0 Type-C、USB3.0(充電機能付き)、ヘッドフォンやマイクのコンボポート、メディアカードリーダーという内容です。

見えない場所にある為、慣れるまでは何がどこにあったかな・・と迷ってしまいますが、前面からアクセスしやすい位置によく利用する端子が搭載されているのは便利です。



ディスプレイ下部、右端(正面から見て)の方には電源ボタン。



背面全体の様子です。
やや光沢感のあるブリザードホワイトカラーが洗練された印象のデザインです。

なだらかな流線型の形状も綺麗ですね。



背面中央部分にはUSB2.0×2、USB3.0、電源コネクター、LAN、HDMIが並びます。
光学ドライブは搭載されていないため、光学ドライブを利用される方は注意が必要です。



ディスプレイは100°~115°間でのチルトが可能です。
スイーベル(左右首振り)には対応していません。



付属の電源アダプターとケーブルです。




電源アダプターは19.5V、6.15Aで120W。



ホワイトカラーのワイヤレスキーボードとマウスが付属

本製品には、筐体カラーにあわせたワイヤレスキーボードとマウスが標準で付属しています。

せっかくのスタイリッシュなオールインワンPCですから、ワイヤレスというところが良いですね。キーボード・マウス共に、USBアダプターをPC本体に接続する事で、利用できるようになります。




ホワイトカラーの日本語キーボードです。
特に変わった機能はありません。





チルトスタンドなどは搭載されていませんが、デフォルトでキーボード面がやや傾斜するスタイルを採用しており、タイピングはしやすいです。



ホワイトカラーのマウスです。
こちらも特に変わった機能はありませんが、手のひらにおさまるサイズで持ちやすいです。



速攻!HPパソコンナビ特別版が同梱

本製品には、標準で「速攻!HPパソコンナビ特別版」というWindows 10の解説書が同梱されています。
Windows 10の基礎から応用までを解説した本です。

イラスト入りなので、Windows 10を使い慣れていないという方にも操作方法がわかりやすいと思います。
コンパクトサイズであるため、PCを使用しながら閲覧しやすい所も○。



HP Pavilion 24-a100jp 構成内容とその特徴について

掲載しているHP Pavilion 24-a173jpの構成内容や、その特徴について解説します。

【CPU-Z】




【GPU-Z】

【HP Pavilion 24-a173jp パフォーマンスモデル の主な構成】

OS   Windows 10 Home 64bit
プロセッサ   Core i7-6700T (2.80GHz/TB時最大3.60GHz)
チップセット   H170 Express
ディスプレイ   23.8型ワイドフルHD(1920×1080)、IPS、光沢
グラフィックス   NVIDIA GeForce 930MX(2GB)
メモリ   8GB(8GB×1/PC4-17000/2スロット/最大16GB)
ストレージ   1TB HDD(HGST製/7200rpm/SATA)
光学ドライブ   なし
LAN   10/100/1000 Mbps
無線機能   IEEE802.11a/b/g/n/ac、 Bluetooth 4.2
スピーカー   B&O Play デュアルスピーカー
電源   120W
サイズ   539×404×192(幅×奥行き×高さ/mm/通常使用時)
重量   約7.0kg
保証   1年間 (引き取り修理サービス、パーツ保証)、使い方サポート1年間

※記事に記載の仕様や解説等は、記事を作成した2016年10月27日時点の情報に基付く内容となります。

Windows 10 Home、Core i7-6700T、GeForce 930MX(2GB)、メモリ8GB(DDR4)、1TB HDD、無線LANを搭載する構成のモデルです。

HP Pavilion 24-a100jpで提供されている中では上位構成にあたるモデルで、CPUには省電力版のCore i7-6700Tを搭載、下位モデルには Core i5-6400Tが搭載されています。

上位、下位ともCPU以外の構成は全く同じで、いずれのモデルも主要な構成のカスタマイズはできませんが、標準で GeForce 930MX(2GB)を搭載するなど、比較的高性能な内容です。

GeForce 930MX(2GB)はノート向けのGPUで、GPUの中では性能は高い方ではありませんが、内蔵グラフィックスよりは確実にパワーがありますので、PCの様々な処理が全体的に軽くなる効果は見込めるでしょう。

なお、本製品は光学ドライブを搭載していませんので、必要な方はご注意ください。



以下、掲載モデルに搭載されているストレージの内容です。


HDDの仕様


ディスクの内訳

ストレージにはHGST製の「HTS721010A9E630」という1TB HDDが搭載されていました。
性能はHDDとしてはまあまあ良いという感じですが、SSDの速度に慣れている場合、やや遅く感じられるかもしれません。

容量には余裕があるため、写真や動画などサイズの大きいファイルを扱う方には便利ですね。



ベンチマークテストの結果

以下、掲載しているHP Pavilion 24-a173jpで実施したベンチマークテストの結果です。


【CrystalDiskMark】


Ver.5を使用



【3DMark】




上からSky Diver、Fire Strike、Time Spyの実行結果



【ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族】


標準品質、ウィンドウ  1280×720/1920×1080



【ドラゴンズドグマ オンライン】


1280×720、1980×1080 / 最高品質



【ファンタシースターオンライン2 EP4】


1280×720(設定3)、1920×1080(設定3)



【FINAL FANTASY XIV 蒼天のイシュガルド】



標準品質(デスクトップPC)、DirectX 9  1280×720/1920×1080



【Minecraft】



標準の画質設定~やや画質を高く設定しても快適に動作



【CINEBENCH】


ゲーム向けのPCのような性能は持っていませんが、軽いゲームなら画質を高くしなければ普通にプレイできるくらいの性能は持ち合わせています。

HDDであるため、アプリの起動等に若干時間はかかるという感触はあるものの、全体を通して操作は快適です。

日常のPCとしては悪くないですね。
簡単な写真や動画編集を行われるような方にも良いと思います。



消費電力・温度

HP Pavilion 24-a173jpの消費電力を測定。
以下、アイドル時とベンチマーク実行時(3DMark)の消費電力測定値です。

液晶の明るさは50%に設定しています。(以降、全てのテストでこの設定を適用)

アイドル時 ・・・ 15W
ベンチマーク実行時 ・・・ 54W

※実際の値は若干上下する為、平均と思われる値を掲載しています

液晶を含めての消費電力だということを考えると、低消費電力だと言えます。




ベンチマークテスト(3DMark)を10分以上実行させた後の、筐体内パーツ温度です。

外部グラフィックスの温度は測定できませんでした。
CPUは高温というほどにはなりませんでしたが、負荷をかけるとファンの音はややうるさくなりやすいようです。



再起動(起動&シャットダウン)にかかる時間

HP Pavilion 24-a173jpの再起動にかかる時間を測定。
PassMark Rebooterを利用し、9回の再起動時間を測定してみました。

1回目 1:51
2回目 1:39
3回目 1:39
4回目 1:10
5回目 1:16
6回目 1:27
7回目 1:27
8回目 1:23
9回目 1:21

再起動(起動&シャットダウン)の平均時間 ・・・ 1分28秒

HP Pavilion 24-a173jpの再起動にかかる時間は およそ1分28秒。
HDDを搭載するPCであるため、やや時間はかかる印象です。



HP Pavilion 24-a100jp まとめ

HP Pavilion 24-a100jpのレビューは以上となります。
最後にまとめると・・

・6.4mmの超狭額ベゼルを採用
・23.8型のオールインワンPCながら若干コンパクト
・Core i5、Core i7の構成を選べる
・GeForce 930MXを搭載しており処理が軽い
・スタイリッシュなデザイン

6.4mmという超狭額ベゼルを採用する、23.8型フルHDのオールインワンPCです。

ややコンパクトに設計された筐体は設置しやすく、また見た目にスタイリッシュな印象であり、デザイン重視の方などにも納得のいく製品だと思います。

構成面もインテルの第6世代Core i5やCore i7を搭載しており、さらにGeForce 930MX(2GB)を標準搭載するなど比較的スペックは高く、様々な作業を快適に行うことができます。

画面が大きく見やすいため、簡単な写真や動画編集などにも便利です。

光学ドライブを搭載していないため、必要な方は注意しなくてはなりませんが、これからデスクトップPCや液晶を揃えようという方はもちろん、マルチディスプレイでPCを利用したいという方にもおすすめです。

液晶とPCを含めた製品だと考えると、価格も比較的手ごろだと思います。