日本HPが販売する、HP Pavilion g6-2200(AMDモデル)を解説します。
Windows 8を搭載した2012年の冬モデルです。

今回掲載のg6-2200は15.6型の液晶やAMDのA4-4300Mを搭載するスタンダードノート。
3万円台~のコストパフォーマンスに優れた直販専用のモデルです。

インテルのプロセッサを搭載したモデルもラインアップされますが、そちらは量販店での販売のみ。

なお、本来であればA4-4300MやWindows8を搭載したモデルには「リネンホワイト」筐体が使用されますが、
今回掲載のモデルは参考展示機であるため、「チャコールグレー」の筐体が使用されています。
※チャコールグレーのデザインはWindows 7搭載機に採用

実際のデザインはリネンホワイトとなりますので、そちらの写真は製品ページでご確認いただければと思います。(掲載製品の公式ページはこちら: HP Pavilion g6-2200


以下、簡単な写真と解説です。




HP Pavilion g6-2200。
ディスプレイには15.6型ワイドHD(1366×768)の光沢液晶が使用されています。

筐体サイズは幅378mm、奥行き244mm、高さ31~39mm。
重量は約2.4kg と特に軽くはなく、屋内などでの据え置き利用を想定したモデルです。

側面のインターフェースはVGA、HDMI、、USB3.0×2、USB2.0×1、LAN、マイク入力、
ヘッドフォン出力、2in1メディアスロットと15.6型モデルとしては普通の内容です。




キーボードはHPの個人向け製品ではよくある、アイソレーションタイプのキーボードを使用。
打ち心地は悪くは無いですがよくも無く、価格相応だと感じます。

カーソルキーの上下キーが他のキーよりも小さく出来ている為、
慣れるまでは使い難いと感じる事もあるかもしれません。

右側にテンキーを搭載。




タッチパッドを拡大。
クリックボタンとパッドが分離したタッチパッドを搭載しています。

パッドは指に汗をかいていたりすると(湿っていたりすると)、
ややすべりが悪くなるように思いますが、ボタンは使いやすいです。

一体型のタッチパッドに比べると全然使いやすいと思います。

製品の性質的にマウスを利用される事も多いでしょうから、
その場合はタッチパッドの機能をオフにしておくことをお勧めします。





天板のデザインですが・・

このようにボケた写真しか撮れておらず・・

ただ冒頭にも記載したとおり、今回のモデルのデザインは実物とは異なります。

上記の写真は、Windows7を搭載したHP Pavilion g6-2200に採用されるデザインで、
今回のWindows 8搭載機には「リネンホワイト」デザインが採用されます。

個人的な意見ですが、掲載のカラーよりも「リネンホワイト」デザインの筐体のほうが見栄えがすると思います。





次に実際のパフォーマンスについて。

Windows 8(64bit)を搭載したg6-2200(AMD)の基本仕様は、A4-4300M、2GBメモリ(PC3-12800)、
Radeon HD 7420G(CPU内蔵)、500GB HDD(5400rpm)、IEEE802.11b/g/n。

バッテリー駆動時間は公称値で約6時間半。
その他、HPプロテクトスマートテクノロジー(HDDを衝撃から守る保護機能)に対応。

価格は2012年10月25日現在で、¥35,910 (税込)~となります。



以下、エクスペリエンスインデックスのスコアです。

なお、今回掲載のモデルは上記に記載の基本構成とはやや異なる構成を持ちますが、
以下の表に記載された構成とスコアを元に、大体の性能の想像をつけることはできると思います。

【Win エクスペリエンス・インデックス】

プロセッサ 5.4
メモリ 5.9
グラフィックス 4.8
ゲーム用グラフィックス 6.2
プライマリ ハードディスク 5.9

スコア的にはまずまずといった感じですが、実際に触っていて遅いと感じるような事はありませんでした。
Win 7搭載機よりも、Win 8搭載機の方が同じ構成であっても動作が軽いからかもしれません。



実際の使い勝手については、色々なソフトウェアを動かして使い込んで見なければわかりませんが、
簡単に触った感じでは快適。

正直、筐体(チャコールグレーのカラーの筐体)が他のモデルに比べると
やや安っぽい感じがする事は否めないのですが、そこは個人的な好みもあるでしょうし、
リネンホワイトの筐体ではまた感じ方が違ってくると思います。

とても安価ですので、コストパフォーマンスを重視される方には良いモデルです。
現在(2012年10月25日)予約販売中。