ブログ記事などの作成でフォームに文章を入力している際、
うっかりブラウザの戻るボタンや閉じるボタンを押してしまい、入力した文章が消えてしまった・・

そんな悲惨な経験はありませんか?

私は結構あります。

一応これでも慎重派ですので、いきなり文章をフォームに入力するなどという事はせず、
まずはエディタなどで下書きをした後、その文章をフォームへコピーするなどの対策をとってはいますが、
たまにはいいかと気を緩め、フォームへ直接文章を入力した時に限って悲惨な事故が高い確率で起こるのです。 実例

経験のある方にはわかっていただけるかと思いますが、
正直ものすごくやり切れなくていっその事ブログを消してやろうかと思うくらい腹が立つのですが、
しかしどう考えても自分が悪いので、誰にも怒りようが無く・・

ブログ消したら後悔するのは自分ですし

しかし今後は、そのようなやり切れなさを味わう事ももうないでしょう。

前置きが長くなりましたが、今回ご紹介するのは「Textarea Cache」というFirefoxのアドオン。

フォームに入力した内容を自動でバックアップしてくれるという優れもので、
この「Textarea Cache」をFirefoxへインストールしておけば、もうフォームの文章消失も怖くありません。

使い方は簡単。


まずはTextarea Cacheをダウンロード&インストール

アドオンダウンロードページ

インストール後、Firefoxを再起動。
特に設定等は必要ありません。

試しにフォームに文字を入力してみると・・

フォームへ文字を入力

ブラウザの右下にTextarea Cacheのマークが表れます。
このマークをクリックすると・・・

Textarea Cacheダイアログ

このようにフォームに入力した内容のバックアップが自動で行われています。
入力した内容はどんどん保存されていくので、過去のものにまで遮って参照する事ができます。

最新の内容を表示させる場合は「Reload」、
内容をコピーする場合には「Copy and close」(コピーと共にTextarea Cacheダイアログが閉じます)、
表示されている内容だけを消去する場合は「Remove this item」。

入力内容を全て消去したい場合は「Empty the cache」をクリックしてください。


これ、本当に便利です。
フォームへの入力作業を頻繁にするという方は一度試されてみてはいかがでしょう。