HPが販売するノートPC、HP Spectre 13-af000のレビューです。

HP Spectre 13-af000シリーズは、13.3型フルHDのタッチディスプレイを搭載するモバイルノート。

Spectre(スペクトル)シリーズならではの美しいデザインと高い機能性、ハイパフォーマンスを持ちあわせた高級感あふれるノートPCです。とてもセンス良く、ハイブランドと表現しても全く違和感はありません。

外観が美しいだけではなく、筐体は厚み10.4mm(最薄部)、重さ約1.11kgと薄型軽量でありながら、アルミをベースとしたしっかりとした作りを採用しているため、どんな場面でも扱いやすいという魅力があります。

また構成に関しては、CPUにはインテル第8世代のCore i5やi7を、メモリは8GBもしくは16GB、ストレージには256GBもしくは 512GB SSDを搭載するなど、最小構成でも高性能です。

特にストレージは、いずれのモデルにもNVMe規格のSSDが採用されており、サクサクとした使用感にこだわる方にも納得のハイパフォーマンスを実現しています。

とにかくきれいなノートが欲しいという方や、性能の高いモバイルノートが欲しいという方には特におすすめできる製品だといえるでしょう。

今回は、Core i7を搭載する上位のパフォーマンスモデルを使用してみましたので、その特徴や使用感、性能について詳しくご紹介いたします。

HP Spectre 13-af000シリーズ 製品ページ
個人向けPC 割引クーポンはこちら
※当サイト経由で、12万円(税抜)以上の個人向けPCを購入時に「7%Off」となるクーポンを提供中です。

【HP Spectre 13-af000 レビュー記事目次】

HP Spectre 13-af000 筺体外観や操作性をチェック
 ・筺体外観・インターフェースをチェック
 ・キーボードの使用感
 ・専用ケースが付属
 ・PC本体や付属品の重さ

構成と特徴・ベンチマークテストの結果
 ・構成と特徴
 ・ベンチマークテストの結果
 ・消費電力・温度
 ・バッテリ駆動時間

製品のまとめ
 ・HP Spectre 13-af000 まとめ

※掲載製品は Linkshare様よりお貸出しいただいたものとなります。


HP Spectre 13-af000 筺体外観・インターフェース

HP Spectre 13-af000の筐体外観をチェックします。

とにかく、360度どこから眺めても美しい筐体です。
デザインや質感が洗練されていることはもとより、シルエットも驚いてしまうくらいスタイリッシュ。

Spectreシリーズが登場してからしばらくが経ちますが、未だに進化しつづけているところがすごいと思います。

きれいなものや高級感あるものが好きな方なら、間違いなく気に入るはずです。





セラミックホワイトカラーを施したアルミベースの天板です。
中央付近には、鏡面仕上げのhpスラッシュロゴ(プレミアムシリーズに使われるhpロゴ)が配置されています。

背面側のゴールドカラーと、セラミックホワイトの組み合わせがとてもきれいです。

見た目にきれいなだけではなく、手で触れても指紋痕が全く目立たないところも○。特にモバイルノートは手で触れる場面が多いアイテムですから、汚れにくいというのは大きなメリットです。



背面に用いられたゴールドのアクセントが、清潔感あるホワイトカラーに華を添えています。



側面にはエッジ加工。
よくみるとやや内向きに削られています。

この加工の仕方により、本体やディスプレイがシャープに見えるとともに、ディスプレイが開きやすくなるというメリットもあるのだとか。

ディスプレイが開きづらい薄型ノートって結構多いんですよね。
些細なことではあるものの、日常の動作であるだけにストレスを感じやすく、そういった点に配慮されているのは嬉しいです。



背面側から見た筐体全体の様子。
シルエットがすっきりスリムです。



正面側から見た筐体全体の様子。

天板は、アルミニウムをまるごとの板の状態から削っているため、薄くてもたわみが出づらく、ディスプレイの開閉がしやすいです。



ディスプレイには、13.3型フルHD(1920×1080)のIPSタッチ液晶を搭載。

色鮮やかで見やすい液晶です。
光沢タイプであるため、屋外のような明るい場所だと少し見づらい場合がありますが、輝度を上げて画面を明るくすれば、操作には支障はありません。

あと、タッチ操作に対応しているのは便利です。

本製品は2in1タイプのノートではなく、タッチは必ずしも必要な機能ではないのですが、利用するアプリによっては、タッチで操作した方が便利だったりするのですよね。



左右ベゼルを極限までそぎ落としたという、ナローベゼルを採用。
無駄なものがないスタイリッシュな印象です。






IPS方式を採用する液晶であるため、視野角は広いです。
上下左右からの画面表示も、くっきり鮮やかです。




液晶上部には、HP Wide Vision フルHD Webcamと呼ばれるWebカメラ(約92万画素/赤外線)を搭載。Windows 10のWindows Helloを利用した、顔認証によるログオンが可能です。

液晶下部には、hpのスラッシュロゴを配置しています。



ディスプレイの最大開閉角度は、約125~130度。

一般的なノートPCと同程度か、やや可動域が狭いでしょうか。狭いといっても、誤差範囲で利用には支障はありません。




筐体側面のインターフェースの内容をチェックします。


左側面


右側面


正面

左右、正面側には何もありません。





ノートPCでは珍しく、背面のみに端子を備えています。
珍しいとはいっても、本シリーズでは従来モデルからあった配置ですが、一般的なノートPCでこの配置はあまり見ないと思います。

頻繁に外部デバイスを付け外しするような場合だと、背面に手を伸ばさなくてはならないので、ちょっと使いづらいかなという印象です。

端子の内容は、USB3.1 Type-C×3基(うち2つはThunderbolt 3に対応)と、ヘッドフォン出力&マイク入力のコンボポート。

最小限ともいえる内容ですが、USB端子が全てType-C端子であるため、変換アダプターさえあればなんとでもなる感じでしょうか。

一応、本製品には USB Type-CからType-Aへと変換するアダプターが標準付属しているため、従来からのUSBデバイスも利用可能です。

とはいえ、この製品を買うのであれば、USB Type-C対応のトラベルドック(別売り)なども揃えておいた方が、なにかと便利だと思います。




標準付属の、USB Type-C変換アダプター。
USB Type-C端子を、Type-A端子へと変換できます。




筐体底面の様子。
写真は上が筐体背面、下が正面側です。

通気口とゴム足以外は何もない、とてもすっきりとした外観です。
底面カバーにも天板と同じ、セラミックホワイトカラーが施されています。



PC本体と、付属の電源アダプターやケーブルです。




電源アダプターは65W。
どの構成を選んでも同じ電源アダプターが付属します。



電源ケーブルの代用として利用できる、ダックヘッドが付属しています。
このダックヘッドを電源アダプターに接続すれば、アダプターをコンセントに直付けできます。

PCを設置している場所とコンセントの距離が近いのなら、ダックヘッドを使ったほうがPC周りが散らかりません。



キーボードの使用感

HP Spectre 13-af000に採用されているキーボードをチェックします。





アイソレーションタイプの日本語キーボードです。
主なキーのピッチは縦横ともに19㎜、キーストロークは約1.3㎜と、薄型ノートだけあってキーは浅めです。

最上段のファンクションキーは、単独押しでは輝度や音量調整が動作する仕様となっています。

ほぼ一般的なノートPCと変わらないキー配列ですが、右端一列にHomeやPgDnが並んでおり、そのあたりが少し使いづらいでしょうか。この配列のキーボードを見るたび、なぜここに?と疑問に感じてしまうのは、私だけではないと思います。

とはいえ、配列にさえ慣れてしまえば使い心地は悪くないキーボードです。



キートップの様子。
フラットな形状です。



ホワイトカラーのバックライトを内蔵しています。
明るさの段階調整はできません。




キーボードの上部には、Audio by Bang & Olufsenのデュアルスピーカーを内蔵。
プリインストールされているサウンドユーティリティを使用して、サウンドの細かな調整が行えます。




サウンドユーティリティ「Bang & Olufsen AUDIO」



左側のパームレスト上には、SPECTREの文字が小さくプリントされています。
このロゴがあることで、より高級感が増すように感じられますね。



タッチパッドはボタン一体型。
hpのノートではよくみかける、横長のタッチパッドです。

パッドの面積が広く、ジェスチャーなどの操作がしやすいというメリットがある反面、ホームポジションよりも右寄りの配置になるため、場合によってはタイピング時に手のひらが触れてしまいそうになることがあります。

誤動作が気になる場合は、タッチパッドの感度を下げるとよいでしょう。

タッチパッドの感度は、「Windows 10の設定 > デバイス > タッチパッド」内にある「タッチパッドの感度」から変更可能です。





タッチパッドの感度設定



専用ケースが付属

HP Spectre 13-af000には、標準でPCを収納するための専用ケースが付属しています。

ノートPCは、ケースを使わずに持ち歩くという方もおられると思いますが、ケースに入れたほうが筐体に傷が付きづらく耐久性も上がります。

特に最近は、昔のノートPCとは違ってディスプレイのラッチがないものがほとんどであるため、ケースがないとカバンの中で勝手にディスプレイが開いて起動してしまっている、なんてことが起こりやすいのですよね。

もちろんケースがなくても困りませんが、あると間違いなく便利なものですから、それが標準で付属しているというのはお得感が大きいです。



明るいグレーカラーを採用する、ラバー調のケースです。
シンプルであるところがおしゃれですね。



hpの型押しロゴ入り。



端のほうにステッチが入っています。



完全にPCを覆ってしまうタイプのケースではなく、上部は切りっぱなし風()のデザインになっています。

※完全に切りっぱなしの生地というわけではなく、端の処理はちゃんとしてあるようなので、耐久性はそこそこ高いと思います。




ノートPCを収納した状態。
ぴったりおさまります。

カバンに入れて持ち歩く場合にも、この状態なら安心ですし、ファッション性も高いです。


気になるのは、ケースサイズがノートPCに対してぴったり過ぎるため、少々出し入れがしづらいという点。

デザインも悪くありませんし、ノートPCの保護ケースとしても十分なものですが、出し入れがしづらいと、外出先でちょっとだけ作業をしたいと思った場合にも余計な手間がかかってしまいます。

何度も出し入れを繰り返しているうちに、生地が伸びてくれば使いやすくなるでしょうけれど、あとほんの少しでよいので、ケース内にゆとりがあればと思いました。



PC本体や付属品の重さ

HP Spectre 13-af000の重さをはかってみました。



PC本体の重さは1112g。
公称値と全く同じです。

13.3型ノートでこの重さなら、十分軽いといえる部類です。



専用ケースにノートPCを収納した場合の重さは、1252g。
ケースを含めても軽いです。



標準で付属している、USB Type-C変換アダプターの重さは13g。



電源アダプターと電源ケーブルを合わせた重さは、361g。



電源アダプターと、付属のダックヘッドを合わせた重さは258g。



HP Spectre 13-af000 構成内容とその特徴について

掲載しているHP Spectre 13-af000の構成内容と、その特徴について解説します。

【CPU-Z】



【HP Spectre 13-af000 パフォーマンスモデル の主な構成】

OS   Windows 10 Pro 64bit
プロセッサ   Core i7-8550U(1.80GHz/TB時最大4.00GHz)
ディスプレイ   13.3型ワイドフルHD(1,920×1,080)、IPS、タッチ
グラフィックス   インテル HD グラフィックス 620
メモリ   16GB(LPDDR3 2133MHz/オンボード)
ストレージ   512GB M.2 SSD(PCIe NVMe/TOSHIBA製)
無線機能   IEEE 802.11 ac/a/b/g/n、Bluetooth 4.2
バッテリ   リチウムイオンバッテリ(4セル)
サイズ   308×225×10.4~12.5(幅×奥行き×高さ/mm)
重量   約1.11kg
カラー   セラミックホワイト
ソフトウェア   マカフィー リブセーフ (1年版)
主な付属品 専用ケース、速効!HPパソコンナビ特別版ほか
標準保証 1年間 (引き取り修理サービス、パーツ保証、使い方サポート)

※記事に記載の仕様や解説等は、記事を作成した2018年02月05日時点の情報に基付く内容となります。

Windows 10 Pro、Core i7-8550U、16GBメモリ、512GB SSDという構成内容のモデルです。

HP Spectre 13-af000シリーズには、Core i5-8250Uや8GBメモリ、256GB SSDを搭載するスタンダードモデル、そしてCore i7-8550Uや16GBメモリ、512GB SSDを搭載するパフォーマンスモデルの2種の構成が提供されており、今回掲載しているのは後者のパフォーマンスモデルにあたります。

いずれのモデルも、提供OSはWindows 10 Proのみ。

またストレージにはNVMe規格のSSDが採用されるなど、Spectreというブランド名を冠する製品にふさわしい構成内容を持ちあわせています。

下位モデルであっても十分に性能は高いはずですが、ストレージ容量が必要な方や、写真や動画編集など重めの作業を行うことがあるのなら上位モデルを選びましょう。



以下、掲載モデルに搭載されているストレージの詳細です。


ストレージの仕様(販売製品に同じモデルが搭載されるとは限りません)


ストレージの内訳

ストレージには、東芝製の「THNSN5512GPUK」という512GB M.2 SSDが搭載されていました。先にも述べたとおり、NVMe規格の高速なモデルです。

全てのモデルに今回と同じSSDが搭載されるとは限りませんが、HP Spectre 13-af000シリーズでは、全モデルにNVMe規格のSSDが搭載されており、使用感はとても良いです。



ベンチマークテストの結果

以下、掲載している HP Spectre 13-af000 パフォーマンスモデルで実施したベンチマークテストの結果です。


【CrystalDiskMark】


Ver.5を使用


【3DMark】




上からSky Diver、Fire Strike、Time Spyの実行結果


【ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族】


左から1280×720(標準品質)、1920×1080(標準品質)/ウィンドウモードで実行


【FINAL FANTASY XIV 紅蓮のリベレーター】


上から1280×720(DirectX 11/標準品質(ノートPC))


【CINEBENCH R15】


本シリーズはネットやストリーミング、オフィスのようなビジネスアプリを使用した文書作成など、どちらかというと日常使い向けのモデルですが、ドラクエXのような軽いゲームタイトルであればプレイできるくらいの性能は持ちあわせています。

複雑な処理を行うのでないのなら、写真や動画編集などにも十分に利用可能です。
ストレージも速く常にサクサクとした使い心地であるため、せっかちな方にもストレスなく使えると思います。



消費電力・温度

HP Spectre 13-af000を使用し、アイドル時、およびベンチマーク実行時(3DMark)の消費電力を測定してみました。

画面の輝度は50%に設定、バックライトキーボードはオフに設定した状態で測定しています。(以降、全てこの設定を適用)

アイドル時 ・・・ 8W
ベンチマーク実行時 ・・・ 47W

※実際の値は若干上下します

アイドル時、ベンチマーク実行時ともに、低めの消費電力です。




以下、アイドル時、高負荷時(3DMarkのFire Strikeを20分以上実行)のパーツ温度と、高負荷時のキーボード表面温度です。


パーツ温度


キーボードの表面温度

高負荷な状態が続くとCPUの温度がやや高くなりやすいようですが、ものすごく高いというわけではなく、許容できる範囲内の温度です。

キーボード上やパームレスト付近は低温であるため、タイピングのようなキーボード操作も快適に行えます。



バッテリ駆動時間

バッテリーベンチマークソフト「bbench」を利用し、HP Spectre 13-af000のバッテリ駆動時間を測定。

ソフトの設定はストロークの実行が10秒毎、ワイヤレスLANによるネットへのアクセス(ブラウザで新規ページを開く)が60秒毎に実行されるという内容です。




バッテリの電力が100%から8%に減少するまでの時間は44892秒。
約12.4(12.47)時間ものバッテリ駆動が可能という結果です。

今回のテストのようにスローペースでのネット閲覧や、文字入力程度のライトな作業なら、バッテリはかなり長く持ちます。

実際にはもう少し負荷をかけた使い方をすると思われ、上記よりもバッテリ駆動時間は短くなることがほとんどですが、それでもバッテリがなくなるまでの1サイクルでまとまった量の作業が行えるはずです。

モバイルノートとして活用しやすいPCだと思います。



HP Spectre 13-af000 まとめ

HP Spectre 13-af000のレビューは以上となります。
13.3型フルHDのタッチディスプレイを搭載する、Spectreシリーズのモバイルノートです。

デザインが美しいだけではなく、筐体の作りが堅牢な感じで扱いやすいこと、またパフォーマンスやバッテリの持ちにもこだわるなど、さまざまな点で優れています。

厚み10.4mm、重さ約1.11 kgと薄型軽量であるところも、モバイル用のノートとしては魅力が大きいです。専用ケースが付属しており、別途ケースを買う必要がないのもよいですね。

構成にはインテル第8世代のCoreプロセッサに加え、下位構成でも8GBメモリやNVMe規格のSSDを採用しているため、日常用途にはどのモデルを選んでも使い勝手がよいはずです。

PCのデザインにこだわりたいけれど、それだけでは物足りないという方、またとにかく使い勝手の良いモバイルノートが欲しいという方には、間違いなく満足できるノートPCだといえるでしょう。



参考情報として、現時点(2018年2月5日時点)で実施されているお買得キャンペーンでは、HP Spectre 13-af000を割引価格で購入することができます。

割引があるのとないのとではお値段に結構な差がでてしまうことと、いつまで実施されるキャンペーンなのかが不明であるため、購入を検討されている方は早めのチェックがおすすめです。