更新日: 2013/03/11

日本では発売されないと言われていたThinkPad Twist(s230u)が、なんと販売開始されました。

この製品は12.5型のコンバーチブルタイプのノートPC。2012年に開催された「ThinkPad大和魂ミーティング」でも展示されていたのですが、レノボの方曰く「日本では販売しない」という事だったので残念に思っていました。

ですが登場したという事は、販売を希望する声が多かったのかもしれません。私も日本で販売されればと考えていたうちの一人です。

ちなみにこの製品、元々は「ThinkPad Edge Twist」という名称で発表されていたと思うのですが、今は「Edge」の名は消えてThinkPad Twistと呼ばれています。ですが、価格はEdgeシリーズのように安価です。



ThinkPad Twistの特徴を大まかにまとめると・・

・ディスプレイが180度回転(コンバーチブルタイプのノート)
・12.5型のタッチパネルを搭載(5点同時認識/ゴリラガラス採用)
・ノートブック、テント、スタンド、タブレットの4つのモードでの利用が可能

4つのモードでの利用が可能だというところは、IdeaPad YOGA 13に似ています。
12.5型で重さが約1.58kgは軽いとはいえませんが、他社の製品でもこのタイプのノートPCは重めのものが多く、それと比べると普通です。

価格は¥84,840~と、このタイプの製品にしてはかなり安価。

【構成の一例】

ThinkPad Twist:エントリーパッケージ

Windows 8 (64bit)
Core i3-3217U
4GB (4GB×1)
12.5型ワイドHD、ゴリラガラス、IPS、5点のマルチタッチ対応、光沢
HD グラフィックス4000
320GB HDD(7200rpm)
24GBマイクロSSD
Centrino Wireless-N 2230 + Bluetooth4.0
幅×奥行き×高さ:313×236×20mm
質量:約1.58kg
駆動時間:約6時間(SSDモデルの場合)

¥84,840 (税込)
価格・構成内容は2013年2月20日時点

2013年3月11日追記:上記構成が¥75,810(税込) ~に値下がりしています。期間限定とあるので、一時的な価格かもしれません。

例えばCore i5-3337U、4GBメモリ、128GB SSDのモデルで¥99,960~
Core i7-3537Uや8GBメモリ、500GB HDDを搭載したモデルでも¥109,830~。かなり安価です。


以下、Twistの参考写真です。
以前、記事(ThinkPad Twistの展示機レビュー)に掲載したものですが、ここでも簡単に掲載しておきます。

なお、掲載のモデルは「ThinkPad大和魂ミーティング」で展示されていたものなので、実際の製品と異なる箇所があるかもしれません。


Twistの天板の様子。他のThinkPadシリーズと良く似ています。

左側面

右側面

右側面拡大

正面から



ディスプレイをクルッと回転させてタブレットモードに。液晶がかなり薄くみえます。

ヒンジの部分を拡大。


写真のキーボードは英語版ですが、実際の製品は標準では日本語キーボードです。英語版も選択できます。

ウルトラナビ(トラックポイント&タッチパッド)。

タッチパッドの使い勝手については良く覚えていないのですが、トラックポイントがあるので特に問題はないと思います。



起動させてみたところ。Windows 8が搭載されています。

画質などは余り良く覚えていないのですが、IPSなので綺麗だと思います。



ThinkPadでコンバーチブルというと、現時点ではThinkPad X230 Tabletが存在しますが、Twistが出た事で存在意義が薄くなったのでは・・と思わざるを得ません。

X230 Tabletは法人向けに需要があるのだとは思いますが、最少で¥150,570(税込/2013年2月20日時点) の価格ですから、Twistの価格(8万円台~)はかなり魅力です。X230 Tabletを買うにはちょっと勇気が要りますが、Twistなら・・ってユーザーは結構多いのではないでしょうか。

【掲載製品の情報】
ThinkPad Twist の製品詳細