更新日: 2014/10/21

当サイトに掲載している ThinkPad 8 のレビュー記事をまとめた目次ページです。
レビュー記事ではThinkPad 8の外観から性能面、使い勝手など様々な点について触れています。製品の購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

ThinkPad 8 レビュー記事目次



ThinkPad 8は、8.3型WUXGA(1920×1200)の液晶を搭載するWindows 8.1タブレット。
Atom Z3770 を搭載する、同タイプの製品の中でも特に性能が高いと思われる製品で、メモリは2GB、ストレージは64GBという構成を持ち合わせています(2014年3月25日時点)。

昨年末、私は同社のMiix 2 8を購入したのですが、ThinkPad 8は様々な点でMiix 2 8の上を行く内容となっており、ThinkPad 8が発表された時点で軽くショックを受けたものですが、同じような状況の方は少なくないのではと思われます。

Miix 2 8よりもThinkPad 8が勝っていると思われる点を具体的に上げると、まずMiix 2 8にAtom Z3740が搭載されるのに対し、ThinkPad 8には Atom Z3770が搭載されるなどやや性能は上。(ベンチマークテストではそれ程差が出ませんでしたが)

また、ThinkPad 8では背面カメラの解像度が 800万画素と高く(Miix 2 8は500万画素)、スピーカーもステレオ、液晶に関してもThinkPad 8の方がMiix 2 8よりも解像度が高い事はもとより、パネルの保護に強化ガラスであるドラゴントレイルが使われるなど、強度などにも気を配った内容です。

さらに、Miix 2 8では純正のアクセサリーが殆ど何も提供されていないのに対し(海外ではあるようですが)、ThinkPad 8では専用の保護カバーがオプションとして提供されるなど、製品周りの使いやすさにもこだわられています。

個人的にはMiix 2 8でも使いやすく気に入っている事、また重量はThinkPad 8に比べて若干軽く、価格面でも安くお手頃であるため、購入した事を後悔はしていませんが、同時にThinkPad 8が発表されていたとしたら ThinkPad 8を選択していたでしょう。大まかに考えると、価格面を最も重視するのであればMiix 2 8、若干価格が上がってもスペックの高いものを使いたいという方にはThinKPad 8が良いと思います。

製品比較のようになってしまいましたが、Atom Z3000シリーズを搭載するタブレットとしては質の高い製品です。
購入して後悔するような製品ではないと言えます。

なお、ThinkPad 8でもクーポンが利用可能となっているようですので、購入時は必ずクーポンページ(当ページ右上に記載のリンクから確認可能)をご確認ください。