更新日: 2014/10/21

当サイトに掲載している、ThinkPad Yogaのレビュー記事目次です。
記事では製品の外観やインターフェースなど基本的な事柄をはじめ、構成特徴や性能、実際の使い勝手などについてくわしく触れています。

製品情報の参考にしていただけますと幸いです。

ThinkPad Yoga レビュー記事目次


ThinkPad Yoga の概要

ThinkPad Yogaは12.5型の液晶を搭載するノートPC。
ラップトップ、スタンド、テント、タブレットの4つのモードへの変形が可能なハイブリッドPCで、モード変形時、キーボードのフレームが上昇してキーを収納・ロックする「Lift’n’ Lock(リフトンロック)キーボード」を採用しています。

キーボードが設置面となる構造に若干の不安を感じている方も少なくないのでは、と思われますが、Lift’n’ Lockキーボードはそういった懸念を解消するキーボードです。キーボード自体の使いやすさは他のThinkPadシリーズと変わらず、快適な打ち心地を実現しています。

液晶に関してはHDやフルHD、ペン対応のフルHDパネルを選択可能。いずれも10点のマルチタッチに対応しており、直感的な操作が可能です。高解像度液晶を好むユーザーがいる一方で、細かい文字が苦手な方も少なくはない為、液晶の選択肢の幅が広いのは便利です。

構成面については、最大ではCore i7-4600Uや8GBメモリを選択可能。ストレージはHDDもしくはSSDを選択でき、HDDを選択した場合はキャッシュ用のSSDが自動で搭載されます。性能は選択する構成によって大幅に変わりますが、比較的高いと言えるでしょう。個人的にはHDDよりもSSDの構成がお勧めです。

多数の良い点がある一方で、欠点としては重さがあげられるのではと思います。

タッチパネルを搭載しているため、やや重めになってしまうのは仕方がありませんが、12.5型で約1.6kg弱の重さですので軽くはありません。また、構造上どうしてもある程度の厚みが出てしまうため、タブレットモードでは使い難いと感じる事が多いです。

ただ、キーボード構造に工夫がある部分など全体的な使い勝手は決して悪くありません。
重量さえ気にならなければお勧めできる製品だと言えるでしょう。