更新日: 2013/06/11

IdeaPad YOGA 11sは、液晶を360度開閉する事が可能な11.6型のノートPC。13.3型のIdeaPad YOGA 13のサイズ違いモデルで、海外では既に販売が開始されています。

YOGA 13はとても良い製品なのですが、サイズがやや大きく重量もそれなりにあります。

使い心地は良くとも携帯には少し辛いという印象を持ってしまうのですが、その点IdeaPad YOGA 11sは11.6型とコンパクトであり、さらに重量も約1.35kgと、約1.5kgのYOGA 13に比べると若干軽めです。

海外では13.3型~がモバイルとしては普通ですが、日本ではどちらかというと軽量・コンパクトな製品にニーズがあるため、YOGA 13よりも需要は大きいのではないかと思います。(個人的にも、YOGA 11sの方が好みです)

採用CPUは、前世代の第3世代Core プロセッサとなりますが、その辺りは全く問題ではないでしょう。



【主な特徴】

・液晶を360度回転可能
・11.6型ワイドHD、10点マルチタッチ対応
・バッテリ駆動時間は公称で約7時間
・重量約1.35kg
・シルバーグレー、クレメンタインオレンジの2色がラインアップ
・Core i5-3339Y搭載モデルが160,000円前後、Core i7-3689Y搭載モデルが180,000円前後

カラーはYOGA13と同じです。


【構成の一例】

IdeaPad Yoga 11S (量販店モデル/59373659)

Windows 8 (64bit)
Core i7-3689Y
8GB (8GB×1)
11.6型ワイドHD、光沢、10点マルチタッチパネル
HD グラフィックス4000
128GB SSD
IEEE802.11b/g/n+Bluetooth4.0
駆動時間:約7時間
重量:約1.35kg
Microsoft Office Home and Business 2013
シルバーグレー

¥180,000前後 (税込)~
価格・構成内容は2013年2月8日時点

SSDは上位・下位モデルとも128GB。

価格がやや高めなのは、Office Home and Business 2013が搭載されているせいもありますが、
価格的に考えると、SSDは256GB位であって欲しいです。

直販モデルの内容についてはまだ不明。


以下、IdeaPad Yoga 11Sの参考画像です。
実際の製品とは異なる可能性があります。


テントモード。狭い場所でもPCを設置できる便利なモード。このモードは本当に便利です。

シルバーグレーモデルの天板。

スタンドモード。タッチ操作が行いやすいスタイル。


製品の販売予定日は6月下旬となります。
詳しい情報については、レノボ公式の製品ページをご覧ください。

【掲載製品の情報】
IdeaPad Yoga 11S 製品詳細