更新日: 2015/05/27

HPのスタンダード・ミニタワーPC、「HP Pavilion 550-040jp/CT」が発表&発売開始されました。HP Pavilion 500シリーズの後継となる、2015年夏モデルです。

こちらの製品も、他シリーズの夏モデルと同様に筺体のデザインが一新され、構成内容にいくつかの変更がなされています。

特に大きな変更点は、従来のモデルでは3.5インチベイが1基のみであったのに対し、新モデルでは3.5インチベイが2基搭載されており、SSD&HDDなどのストレージ構成も可能となったという部分。

安いけれど、ストレージが1基のみはちょっと・・と思われていたユーザーも少なくはないのではと思いますので、ポイントを抑えた変更だと言えるのではないでしょうか。

上位モデルのHP ENVY 750シリーズとは異なり、価格が安い分筺体に使われる素材などにコストダウンが見られはしますが、立体成型による立体成型のドットパターンのデザインはなかなか洗練されていてお洒落。

インテリアにも十分映える、スタイリッシュな印象のミニタワーデスクトップPCです。



【HP Pavilion 550シリーズの変更点と主な特徴】

・立体成型のドットパターン&ブリザードホワイトの筺体
・選択できるCPUの内容が若干アップデート(こちらは僅かな変更)
・内蔵GPUの他、AMD R7 240を選択可能
・5.25インチベイは廃止、ウルトラスリムベイに変更
・3.5インチベイが1基から2基に HDD&SSDの構成も可能に
・オーディオには老舗メーカー「Bang & Olufsen」を採用


上位モデルに比べるとややコストダウン・・と書きましたが、具体的には上位モデルのENVY 750の筺体にアルミが使われているのに対し、HP Pavilion 550シリーズにはプラスチック製の素材が採用されています。

プラスチック・・というと、どうも安っぽい感じがしてしまいますが、今回のHP Pavilion 550-040jp/CTには立体成型のドットパターンに加えてメタルコーティングがなされるなど、デザイン上の工夫が施されており、見た目なかなか綺麗な仕上がりです。

例えば、落ち着いたインテリアのリビング等に設置したとしても、浮いてしまうような事はないでしょう。
価格が安い製品であるのにもかかわらず、デザインは凝っていると感じます。


【HP Pavilion 550-040jp/CTの主な構成】

Windows 8.1 64bit
Intel H87
Core i3-4170、i5-4590、i7-4790
最大16GBメモリ
内蔵GPU、AMD R7 240
HDD:500GB~3TB、SSD:512GB、増設HDD:なし~3TB
DVDスーパーマルチ/ブルーレイディスク
ウルトラスリムベイ×1、3.5インチ×4
無線: なし/IEEE802.11a/b/g/n/ac+Bluetooth v4.0
サウンド: Bang & Olufsen
1年間保証(引き取り修理サービス、パーツ保証)、使い方サポート(1年)

¥59,800 (税別/送料別)~
価格・構成内容は2015年05月27日時点



以下、HP ENVY 550シリーズの外観写真です。
実際に販売されている製品とは異なる可能性がありますので、ご注意ください。



立体的なドットパターンのデザインを採用したフロントパネル

カラーはブリザードホワイト。
真っ白ではなく、ややメタルがかったホワイトです。



フロント中央に光学ドライブベイやUSB、カードリーダーなどのインターフェースを配置

鏡面仕上げのhpロゴ

フラットな天面

背面の様子 マザーボードの配置が逆倒立である事がわかります


HP Pavilion 550-040jp/CTについては以上となります。
実際の製品とは異なる可能性がありますので、詳しい製品の仕様や価格等については、HPの製品ページにてご確認ください。