更新日: 2013/06/05

HP ENVY TouchSmart 20シリーズは、タッチに対応した20型のディスプレイを搭載する液晶一体型PC。

今回登場した「HP ENVY TouchSmart 20-d280jp」は 「20-d180jp」の後継となるモデルで、従来にはなかった構成やカスタマイズが追加されました。

といっても、具体的に追加された項目はCore i3-3240とOfficeのみで、その他は従来と同じ。

なお、液晶一体型にはノート向けのプラットフォームが採用される事が多いですが、HP ENVY TouchSmart 20はノート向けではなく、デスクトップ向けのプラットフォームが採用されているため、液晶一体型にしては性能高めな構成の選択が可能です。

新モデルは現在(2013年6月5日)、直販にて販売中。



【主な特徴】

・構成やカスタマイズにCore i3-3240、Officeが追加
・10点のマルチタッチに対応した20型ワイド(1600×900)液晶を搭載

20型サイズの液晶で1600×900ドットは、ちょっと解像度が低いかと思います。
最近見かけるようになった、超高解像度液晶(フルHD~)ほどの解像度は必要ないにしても、フルHDは欲しいです。

比較的ハイスペックな構成を選択できる部分や、製品の外観などは、スタイリッシュで良いと思います。


【構成の一例】

HP ENVY TouchSmart 20-d280jp/CT All-in-One PC 東京生産カスタムモデル

Windows 8 (64bit)
Core i3-3240
H61 Express チップセット
4GB (4GB×1)
20型ワイドHD+、10点マルチタッチ対応
GeForce GT630M
1TB HDD(7200rpm)
DVDスーパーマルチドライブ

¥99,960 (税込)~
価格・構成内容は2013年6月5日時点

上記モデルにはTVチューナーは搭載されません。
TVチューナー搭載モデルは、東京生産 3波ダブル地デジ カスタムモデルをご選択ください。

なお、地デジチューナーを搭載した「3波ダブル地デジ カスタムモデル」を選択すると、
付属のキーボードとマウスは自動でワイヤレスタイプになります。

一方で地デジなしモデルの場合、標準付属のキーボードとマウスは有線タイプとなり、
ワイヤレスキーボードやマウスは有料オプションとなります。

配線の少なくて済む液晶一体型を購入されるのであれば、ケーブルの取り回しの煩わしさがない、
ワイヤレスキーボードやマウスがおすすめです。



イメージ画像です。実際の製品とは異なる可能性があります。

製品のより詳しい内容については、公式の製品ページをご覧ください。