更新日: 2013/05/20

ThinkPad Edge E430cという、E430のリニューアル版モデルが登場しました。

今さら何だろうと思いましたが、どうも元々のE430が高性能、E430cがエントリーモデルという位置づけのようです。

現在(2013年4月2日)Core i7のモデルはE430で、CeleronやCore i3、Core i5のモデルはE430cで選択する事ができます。

2013年5月20日追記:
どうも、E430cはE430の後継モデルのようです。現在のE430cでは、以前のE430と同じようにCeleron~Core i7のモデルまでを選択する事ができるようになっています。(なので、現在E430は短納期モデルのみの販売となっており、カスタマイズモデルの販売は終了しています)後継といっても、内容は以前とそれ程変わらないと思います。



違いは構成選択の部分だけだと思うのですが、筐体のカラーがクラシック・ブラックと
E430にはないカラー名が仕様に記載されています。(E430はミッドナイト・ブラックとアルミ・ブラック)

といっても今さら変えるわけがないので、多分同じではないかと思います。
E430cのカラーバリエーションは、クラシック・ブラック一色のみです。

その他、E430cではE430で選択可能な外部グラフィックスやSSD、指紋センサーのオプションが選択できません。

【構成の一例】

ThinkPad Edge E430c エントリーパッケージ

Windows 8 (64bit)
Celeron 1000M
2GB (2GB×1)
14.0型ワイドHD(1366×768)、光沢なし
HD グラフィックス4000
320GB HDD(5400rpm)
IEEE802.11b/g/n 1×1
6セルバッテリー(48Whを選択した場合は約5.6時間、62Whの場合は約7.3時間の駆動時間)
約2.15kg

¥42,840 (税込)~
価格・構成内容は2013年4月2日時点

E430、E430c共に、これまでに用意されていた構成と変わりないと思います。
相変わらず安価ですが、価格が全体的に少し上がっているような・・・ E430cだけでなく、他のモデルも値段が上がっているようです。

円安でPCパーツが全体的に値上がりしているせいだと思います。
(パーツの値上がりは結構厳しい、と少し前にレノボの方が仰られていました)

何か他にわかったことがあれば、またこのページに追記します。

【掲載製品の情報】
ThinkPad Edge E430cの製品詳細