更新日: 2013/11/15

IdeaPad S210 Touch は、10点マルチタッチに対応する11.6型HDの液晶を搭載するノートPC。お手頃な価格が特徴のミニノートで、CPUは第3世代Core プロセッサ。ホワイトとブラックの2カラーをラインアップしています。

価格はCore i3-3227Uを搭載した上位モデルが店頭予想価格95,000円前後、下位のCeleron 1017U搭載モデルが店頭予想価格80,000円前後。

お手頃という割に安くはないのでは・・と思いましたが、Office Home and Business 2013を標準で搭載し、タッチ液晶を搭載してこの値段ですから高くはないです。

重量は約1.4kgと、タッチ液晶を搭載しているためか11.6型サイズの割にやや重め。バッテリ駆動時間は下位モデルで約3時間と短いですが、バッテリの取り外しは可能なようです。

2013年11月15日追記:レノボショッピングでの販売が開始されました。下位モデルは¥54,600 (税込) から。



【主な特徴】

・10点マルチタッチ対応の11.6型HD液晶を搭載(仕様によると非光沢液晶を搭載しているよう)
・上位モデルはCore i3-3227U、下位モデルはCeleron 1017Uを搭載
・Office Home and Business 2013を搭載
・ホワイトとブラックの2色をラインアップ
・重量は約1.4kg

参考画像によると、ボタン分離タイプのタッチパッドを搭載しているようです。

実際に触れてみなくてはわかりませんが、キーボードもそれなりに使いやすいのではないかと思います。
(レノボはThinkPadのキーボードに定評がありますが、Ideaシリーズのそれも同じく使いやすいという理由より。)


【構成の一例】

IdeaPad S210 Touch 59404295

Windows 8.1 (64bit)
Celeron 1017U
4GB (4GB×1)
11.6型ワイドHD、光沢なし、10点マルチタッチ
HD グラフィックス
500GB HDD+8GB SSD Rapid Drive
IEEE802.11b/g/n+Bluetooth4.0
駆動時間:約2.6時間

¥54,600(税込)~
価格・構成内容は2013年11月15日時点

2013年11月15日、レノボショッピングでの販売が開始されたため、上記の仕様を直販モデルの内容に書き換えました。

オフィス無しのモデルが選べるため、下位モデルだと¥54,600~と非常に安価です。
タッチ対応、非光沢の液晶採用など内容は魅力がありますが、もう少し、バッテリ駆動時間が長ければより使いやすいのではと思います。


以下、参考画像です。
実際の製品とは異なる可能性があるので、参考までにご覧いただければと思います。


ブラックモデルの筐体。見る限りでは、液晶の縁が殆どないスタイリッシュな液晶を採用しているようです。

ホワイトモデル。


IdeaPad S210 Touchについては以上となります。
製品のより詳しい仕様などについては、公式サイトの製品ページをご確認ください。

【掲載製品の情報】
IdeaPad S210 Touch 製品詳細