更新日: 2018/05/08

当サイトに掲載している ThinkPad X260のレビュー記事をまとめています。
製品の外観や操作性、機能、構成、実際の性能などについて詳しく掲載していますので、製品購入時の参考にしていただけますと幸いです。

ThinkPad X260レビュー記事目次



ThinkPad X260は、12.5型の非光沢液晶を搭載するビジネス向けのモバイルノートPC。
堅牢性や操作性に優れた筐体でありながらも、厚み19.9-20.3mm、重量は構成により約1.2kg台~1.4kg台となるなど、薄型軽量な筐体を実現しています。

頻繁にノートPCを持ち歩くという方や、いつでもどこでも使いやすいノートPCが欲しいという方には、X260はうってつけのモデルだと言えるでしょう。

液晶はHD解像度のTNやIPSパネルの他、フルHDのIPSパネルを選択可能となっています。
今回HDのIPSパネルを利用し、個人的にはフルHDのパネルの方が作業がしやすそうだと感じましたが、小さな文字の閲覧が苦手な方にはHD解像度の液晶は使いやすいと思います。

構成や性能面に関しては、第6世代の各種Core i(Uのつく低電圧版)プロセッサに加え、最大で16GBのDDR4メモリや、ストレージにはHDD、SSHD、SSDを選択可能となるなど、ビジネス利用には申し分ないと思われる構成がラインアップされています。

またバッテリを2基搭載可能となっており、基本構成では着脱型のリアバッテリ1基のみの搭載となりますが、オプションで内蔵型のフロントバッテリを選択する事が可能です。

リアバッテリは容量を選択できるため、長時間のバッテリ利用が考えられる場合には容量の大きいバッテリを選択するなど、用途にあわせたバッテリの構成選択ができるようになっています。

最小容量のバッテリであっても2基搭載していればかなり持ちますが、かなりの時間PCをバッテリで利用するという方や、頻回な充電が煩わしいという方には非常に便利なマシンだと言えるでしょう。

バッテリを2基搭載すると重量が増す点は欠点ともとれますが、長時間PCを利用しない場合にはバッテリ1基を取り外し、軽量化した状態でも利用可能です。
フロントバッテリ (内蔵バッテリ)は後からの追加が難しい為、後々の使い勝手を考えるのなら、製品購入時の追加をお勧めいたします。


当ページに掲載の製品には後継モデルが出ています。
あわせてご確認ください。

ThinkPad Xシリーズ 詳細をみる
レノボの限定割引クーポンはこちら