最終更新日:2018/05/17

HP Pavilion 15-n200のAMDモデル(Windows 8搭載)にプリインストールされているソフトウェアの内容について、 簡単に解説したいと思います。といっても、他のHPのノートPCに搭載されている内容と大差はありません。

HP Pavilion 15-n200本体の詳細については、レビュー記事の方をご覧ください。




まず、初期時(購入直後)のデスクトップ画面やアプリ一覧画面の様子について。
以下、クリックで大きな画像が表示されます。


デスクトップ画面

モダンUI

アプリ一覧画面

プリインストールされているアプリケーションを簡単に分類すると、まずWindows 8に搭載されている標準のソフトウェア、 そしてHPのユーティリティ群に、Cyberlink製のメディア機能系ソフトウェア、マカフィーリブセーフというアンチウイルスソフトが搭載されています。

ソフトの搭載を嫌う方もおられるかと思いますが、 搭載されているソフトには比較的利用頻度が高いのではないかと思われるものが多く、あると結構便利です。



というわけで、各ソフトの内容について簡単に見ていきたいと思います。


HP Utility Center HPのユーティリティソフトをまとめた窓口のようなもの。ここから各ソフトを起動可能。

HP Recovery Manager リカバリやバックアップといった機能を提供するツール。リカバリディスクも作成可能。

リカバリディスクの作成画面 Windows 8で作成できる回復ドライブとは異なります。

Windows 8を搭載したPCであれば、Windows 8の機能として提供されている回復ドライブの作成機能の方が、より簡単にリカバリメディアなるものを作成できるのではと思います。

もちろん、このRecovery Managerでもリカバリメディアは作成可能です。
DVD-R等を利用した場合、多分3~4枚くらいに収まるのではないかと思われます。(今回のモデルでは未検証)




HP Support Assistant 名前通り、システムの総合的な情報を得るためのツールです。

HP AC Power Control ピークシフトの設定を行うためのツール。

ピークシフト機能とは、例えば一日のうちのある時間帯を指定しておくと、その時間のみ電源に接続していてもバッテリで駆動するという機能。

節電になりますが、いざという時(PCを持って外出しようとした場合など)にバッテリの電力が残り少なくなっていた・・などという事も起こり得るため、注意が必要。 常に電源に接続して利用されている方などには、便利な機能だと思います。




HP CoolSense ファンコントロールを行うツール。

PCにはプロセッサ等のパーツを冷却するファンが搭載されていますが、そのファンの風量を自動調整するソフトウェアです。
デフォルトではオンになっており、特に設定を触る必要(オフにするなど)はないと思います。




HP Simple Pass 指紋認証のための指紋等を管理するソフトウェア。

HP ドキュメント ユーザーガイドなどのファイルへのリンクです。


・・と、ここまでがHP製のアプリケーションで、以下はCyberLink製のアプリケーションとなります。


PhotoDirector 画像編集ソフト。

PowerDirector 動画編集ソフト。

PowerDVD 12 DVDやBlu-rayを再生するソフト。

Label Print CDやDVDといったメディアのラベルの作成を行うラベルデザインソフト。

Power2Go ライティングソフト。

YouCam Webカメラの拡張ソフト。

このYouCam、私はウェブカメラ自体を使わないため、PCの機能等を検証する場合以外に使用した事は殆どないのですが、監視機能なども備えています。


YouCamの映像監視の設定

映像監視を設定しておくと、例えば家の中で飼っているペットの様子を定期的に録画したり、
様子をメールで自動送信する事も可能。

防犯カメラとまではいかないものの、簡易的な防犯カメラとしてなら利用できると思います。




圧縮解凍ソフトの7-Zip。

Windows 8にもデフォルトで圧縮や解凍機能が搭載されていますが、7-Zipはより細かな設定を行えるフリーの圧縮解凍ソフトです。

デスクトップ画面上で右クリックを行うと表示されるコンテキストメニューには、通常「展開する」という 解凍項目が用意されているのですが、HPのノートではその機能が7-Zipに置き換えられています。

機能が豊富なので慣れている場合は良いですが、そうでない場合、ちょっとわかり難いのではないかなと思います。



その他、サウンド機能としてはDTSサウンドが採用。
リスニングや録音環境など、細かなサウンド設定を行う事ができます。


ボリュームの設定

イコライザーの設定

スピーカーが非力なノートPCですが、こういった機能が搭載されているものと搭載されていないものでは、明らかに音が異なります。

今回のHP Pavilion 15-n200も決して音は良いとは言えませんが、とりあえずノートのスピーカーでも聴けるレベル。
ノートPCはどちらかというとシャカシャカした音になりがちなので、個人的には高温をやや小さく、低音をやや大きめに設定するのが好みです。




アンチウイルスソフトのマカフィーリブセーフ。30日版なので、期限がきれたら再契約する必要があります。

グラフィックスの細かな設定を行うCatalyst Control Center

HP 3D DriveGuard HDDを振動などから保護する為の機能 特に設定項目はなし。

その他、Windows8のスコアアプリなども若干搭載されていますが、きりがないので省きます。

人によっては不要なソフトウェアもあるかと思いますが、例えばDVDを観ようと思ったときに専用のソフトウェアがあれば便利ですし、撮影した写真や動画を編集しようと思った場合にも、別途ソフトウェアを用意せずに済みます。(Cyberlinkの編集ソフトはそれなりに使えます)



なお、ソフトの内容は製品の購入時期や、OSによって変わる可能性がありますので、参考程度にお願いいたします。