ロリポップレンタルサーバーをレンタルして、副業や趣味のサイトを運営したい。

最近そのような方が増えていますが、サイト運営が初めてだとどのプランを選べばよいかで迷ってしまいますよね。

ネットで調べると、できるだけ上位のプランを選んだほうが良い…という声をよく目にしますが、個人的には初めてサイトを運営するのであれば、最初は月額275円~のライトプランでも十分だと考えています。

安価なライトプランで大丈夫?と心配される方もおられるかもしれませんが、一からのサイト運営であればライトプランでも問題ありません。

以下、その理由について解説します。


ライトプランの主なスペックについて

まずはライトプランのスペックをご紹介します。

以下、現時点で公開されているライトプランの価格や主なスペックです。時期によって変わる可能性があるため、正確な内容については公式サイトにてご確認下さい。

月額料金 275~330円
ディスク容量 100GB
転送量/日 100GB/日
独自ドメイン 100
MySQL 1
簡単インストール WordPress、baserCMS、EC-CUBE、Bootstrap
無料SSL
7世代バックアップ 有料で利用可
電話サポート
商用利用

ロリポップレンタルサーバーでは2021年3月現在、エコノミー、ライト、スタンダード、ハイスピード、エンタープライズの5つのプランをラインアップしており、このライトプランは2番目に安いプランにあたります。

1~3か月契約では月330円、6か月契約以上では月額275円と、レンタルサーバーとしては非常に安価です。

安くても人気のCMSであるWordPressは使えますし、ディスク容量も転送量にも物足りなさはありません。


このようにライトプランは、お手頃で多くの方にとって選びやすいプランなのですが、レンタルサーバーの内容は価格相応なところがあるため、本当にこのプランで大丈夫なのかな…と機能面で不安を感じる人もおられると思います。

特にレンタルサーバーを借りるのが初めてだと、どの程度の内容のプランをレンタルすればよいのかの判断がつきませんよね。

ネットで調べると、最初から余裕をもって上位プランをレンタルしたほうが良いという声もあり、いきなり上位プランを借りてしまう人も少なくないのですが、正直言って無駄が多いです。

サイト運営がはじめてなのであれば、最初はライトプランくらいのレンタルサーバーでも十分です。

以降、その理由について解説します。


最初は安価なライトプランでも十分だと考える理由

レンタルサーバーを借りたいけれど、安すぎるプランは不安…。

特に初心者にそう考える方が多いのですが、前項でも述べたようにサイト運営が初めてなのであれば、当分の間はライトプランでも十分です。

以下、そう考える理由をまとめてみました。

安価であってもWordPressは利用可能

レンタルサーバーは、プランによって使える機能に差があります。

あまりに安価なプランだと、人気のCMSであるWordPressが使えなかったり、容量が少なかったりと実用性の面で問題が出てくるため、安いからよいとは言えません。

そもそも安くても使いたい機能が使えなければ、借りる意味がありませんよね。


その点、ライトプランは価格は安くともWordPressの利用は可能です。

独自ドメインをとって、WordPressでブログ運営する…といった、一般的なサイト運営を行うためのひととおりの機能やスペックが備わっています。

初期のサイト運営で不足を感じることはまずないでしょう。


ちなみにライトプランの下には、ライトプランよりもさらに安い「エコノミー」と呼ばれるプランが存在します。

こちらは月額110円と非常に安価なのですが、エコノミープランはWordPressが利用できません。

WordPressを使わなくてもサイト制作ができるのであればともかく、WordPressによるサイト運営を考えている人には向かないでしょう。

またディスク容量も極端に少ないため、実用性の面で問題が出てくる可能性があり、多くの方におすすめできるプランではありません。

できるだけ安く、なおかつ実用性も備えたレンタルサーバーを利用したいのなら、ライトプラン以上を選ぶのが適当だといえます。

サイト運営の初期はアクセスがほとんどない

レンタルサーバーの機能やスペックは、価格に比例することがほとんどです。

なので上位プランをレンタルしておけば、どのようなサイトを運営するにも困らないわけですが、これからサイトを作って育てていこうという初心者にとって、上位プランはオーバースペックすぎます。


中には、サイトの規模が大きくなった時のために、最初から上位プランを借りておいた方が良いと思われる方もおられるかもしれません。

ですがサイトの規模を大きくするのって、思っている以上に大変です。

会社などで組織的にサイトを育てるのであればともかく、個人運営のサイトの場合、特にサイト運営をはじめて数か月は、アクセスがほとんどない状態であることも珍しくはありません。

私自身、これまでに数百ものサイトを作ってきているのでわかりますが、数か月程度の運営ではある程度までアクセスを増やせたとしても、大規模といえるほどの規模にするのは難しいです。

サイトに大したアクセスがない状態で、高機能な上位プランが必要でしょうか?


特に初心者の場合、サイトの立ち上げにも時間がかかりやすいですし、そこから育てていくのにも時間がかかりますので、最初から価格の高いプランを借りるのは無駄が大きいです。

アクセスが少ないうちは、ライトプラン程度のスペックでも十分間に合います。

上位プランを検討するのは、ある程度サイト運営に慣れてアクセスが増えてきてからでも遅くないのではないでしょうか。

プランのアップグレードに対応している

ロリポップのライトプランは、プランのアップグレードに対応しています。

プランのアップグレードとは、ロリポップの下位プランを借りていた場合に、簡単な手続きで上位プランへ変更できる機能のこと。

通常ロリポップでプランを変更する場合、新たなプランを新規契約したうえで、現在のプランのアカウントから新規アカウントへデータを移動させる必要があります。

そのやり方だと、プランを新規契約するときに「初期費用」がかかる上に、データを移動させる手間がかかってしまいます。


しかしプランのアップグレードを利用すれば、プラン変更を申し込むだけで上位プランへの変更が簡単に行えます。

プランの新規契約に必要な初期費用はかかりませんし、自分でサイトのデータを移動させる手間もありません。

最小限の作業で、現在のプランを上位プランへと変更させることができます。


もしライトプランを使っていて物足りなくなってきたとしても、プランのアップグレードを利用すれば、コストをかけすに上位プランへと変更できます。

ライトプランだとスペック的に心配…なんて方も、簡単にプラン変更が行えるのであれば問題ないのではないでしょうか?


とりあえずライトプランからはじめるのが賢いやり方

これからレンタルサーバーを借りようという方は、いきなりオーバースペックな上位プランをレンタルするのではなく、まずはライトプランくらいからはじめるのが賢いやり方だといえるでしょう。

もちろん、予算に余裕があって少々の出費は気にしないというのであれば、上位プランからはじめるのもありです。

ですがコストを抑えたいのなら、はじめは価格の安いライトプランから開始し、サイトのアクセスが増えてきたらプランのアップグレードを検討するというやり方が無駄がありません。

前項でも説明した通り、プランのアップグレードは簡単に行えますから、面倒な作業はできるだけ避けたい…という方でも大丈夫です。


なおロリポップのライトプランは、短期契約よりも長期で契約した方が月額費用が安くなります。

長期…といっても他社でよくあるような36か月契約などではなく、6か月以上の契約であれば最安価格になりますので、ハードルは低いと思います。

具体的には、短期契約だと月330円がかかりますが、6か月以上の契約であれば月額275円になります。

330円と275円はわずかな差に思えますが、長い目で見ると大きな価格差となるため、申し込みの際は最低でも6か月契約以上を選ぶのがお得だといえるでしょう。