更新日: 2017/02/23

トレンドマイクロのオンラインストレージ「JewelryBox(ジュエリーボックス)」で提供されている「おもいでバックアップサービス」が、2015年4月(4月22日以降)より無償化される事になりました。

ジュエリーボックスは、16GBの内部ストレージを持つ本体と、トレンドマイクロが提供するクラウドサービス「おもいでバックアップサービス」からなる写真管理を行うためのストレージ。

機器の操作に疎い方でも簡単に使えるわかりやすいインターフェースと、PCがなくても利用できる手軽さが特徴の製品で、保存された写真や動画の共有も簡単に行う事ができます。

例えば離れたところに住むおじいちゃん、おばあちゃんに、手軽に孫の写真や動画を見せてあげたいとか、スマートフォンで撮りっぱなしになっている写真のバックアップを手軽に行うといった事も、ジュエリーボックスなら簡単。

インターネットに接続できる環境なら、外出先からでも保存した写真や動画を閲覧できるなど、様々な使い方が可能となっています。



おもいでバックアップサービスが無償化

ジュエリーボックスとセットで利用する、クラウドサービスの「おもいでバックアップサービス」は有料のサービスであり、製品を購入した1年目は無償で利用できますが、2年目からは480円/月の利用費がかかります。

オンラインストレージサービスだと思えば高過ぎる額ではないのですが、それでも1年間で5760円の費用が発生する計算ですので、ジュエリーボックスを頻繁に利用しないという方にはちょっと敷居が高い印象がありました。

もちろん、ジュエリーボックスへのバックアップ自体は「おもいでバックアップサービス」なしでも利用可能ですが、外出先からの写真閲覧やクラウド上へのバックアップ、動画の取り込みといった機能は「おもいでバックアップサービス」に依存しており、「おもいでバックアップサービス」なしだとそれらの機能を利用する事ができなくなります。


しかし今回、「おもいでバックアップサービス」が無償化された事により、2年目以降も継続して「おもいでバックアップサービス」を利用する事が可能となりました。

既にサービスの加入を行ってしまったユーザーにも、返金対応が行われるとの事で(5月下旬以降、順次個別に連絡)、現在ジュエリーボックスを利用中の方、また利用を検討されている方にとっては嬉しいニュースであると思います。



宝石箱のようなデザインのケースに収められている


楕円形の柔らかい印象のデザイン カラーはホワイトとブラック

上部のドア内部にはUSBやSDカードスロットが搭載されている

背面の端子 背面のHDMI端子をテレビや液晶モニタに接続すれば、PCなしで操作ができる


単にバックアップを行うというだけなら、何らかのオンラインストレージサービスを利用したり、外付けHDDやNASを用意してバックアップすればよいだけの事ですが、例えばスマートフォンから自動でバックアップを行ったり、オンラインストレージとローカルへの2重保存などを行うとなると、それなりに面倒な作業となりますし、機器の操作に疎い方にはハードルが高いです。

実際、面倒だからバックアップをせず、スマートフォンなどに写真を溜めっぱなしになっているユーザーも少なくはないという所を考えると、ジュエリーボックスの様なハードウェアと使いやすいソフトウェア、オンラインサービスが一体化した製品は結構ニーズがあるのではないでしょうか。

今回のおもいでバックアップサービスの無償化により、本製品を友人・知人などへのプレゼントとしても利用し易くなったのではないかと思います。(サービスが有料だと、贈った相手の利用費の負担が気になってしまいます)

写真のバックアップを難しい操作なく手軽に行いたい方、またスマートフォンで頻繁に写真を撮影される方や、PCを使わずに(持っていない場合も含め)写真や動画をバックアップしたり共有したい方は、ジュエリーボックスを利用されてみてはいかがでしょうか?

特に、スマートフォンの写真バックアップは自動で行えるため、便利です。
より詳しい機能については、製品ページにてご確認ください。